ココでしか読めないコンテンツが盛りだくさん! Web新小説会員募集中!  今すぐチェックする

菊池道人

(きくち・みちと)

作家。1961年愛知県豊橋市生まれ。早稲田大学第一文学部卒。在学時に「歴史文学ロマンの会」に参加。塾講師を経て1988年、『早稲田野球部初代主将』でデビュー。伝奇時代小説を主に執筆後、本格歴史小説を手掛ける。 著書に『丹羽長秀』『蒙古襲来』『榊原康政』『北条氏康』『斎藤一』『関羽』『周瑜』(以上、PHP研究所)、『アジア主義の行方・宮崎龍介小伝』『畠山重忠』(以上、一人社)ほか

Web新小説会員登録はこちら