2022年8月1日 (月)

特集テーマは「戦争が言葉を奪う―作家は何ができるのか」。2022年8月1日号のコンテンツを配信しました

本日2022年8月1日(月)、『Web新小説』では8月1日号のコンテンツを配信しました。

今号の特集は「戦争が言葉を奪う―作家は何ができるのか」です。戦争が始まると、くり広げられるプロパガンダ。ウクライナの例をあげるまでもなく、情報戦争の側面が大きい現代では、言葉がのみ込まれて、真実は藪の中に葬られます。編集部では戦争状態における言葉の意味を考えるために、この特集を組むことにしました。上田岳弘さん、一ノ瀬俊也さん、新鮮な感性を持つ書き手にこれまでにない視点でご寄稿をいただきました。宗教学者・山折哲雄さんロングインタビュー(後編)もお楽しみに。

8月号は隔月で連載の「藤沢周・連作小説館」の8回目「帰途」も掲載。今号も過去と現在が交差する不思議な小説世界が展開されます。どうぞ、ゆっくりとご堪能ください。

伊藤比呂美さん、井上荒野さん、神野紗希さん、加藤由子さん、北大路翼さん、ユニークな執筆陣の連載は今月も暑さ知らずで飛ばしていきます。毎月充実の『Web新小説』。バックナンバーはもちろん読み放題ですので、スマホでじっくり読書三昧をお楽しみください。

▶最新号のコンテンツはこちら

▶「猫の俳句のコンテスト―大丈夫、猫がいる」の特設サイトはこちらから

登録初月は無料

Web新小説会員登録はこちら