乱歩30巻に続き太宰、織田作、名作童話が読み放題!「会員限定閲覧ルーム」拡大中  今すぐチェックする

『 もしもの日本史・創作シリーズ 光秀と藤孝 』

菊池道人

もしもの日本史・創作シリーズ

菊池道人

本能寺の変で織田信長を打倒した明智光秀が最も頼りにしていたのは細川藤孝(後の幽斎)。史実では藤孝は隠居して、光秀を見限った。しかし、藤孝の兄は信長のために自害に追い込まれていた。 もしもその時の怨念が蘇り、光秀に味方していたら、その後の展開はどうなっていたのか? 人間心理は複雑なものであり、ちょっとしたことで心の持ちようが変わり、それに伴う行動も異なるものとなっていく。そしてそれが歴史の流れを変えることも。

光秀と藤孝 第一回

「敵は四条本能寺、二条妙覚寺にあり」

光秀は全軍に告げた。六月二日未明、京都の西側を南北に流れる桂川を越えたところでのしばしの休息の後である。

すでにその意は従兄弟でもある明智秀満や斎藤利三ら数名の重臣には知らせてあったが、その他の兵卒には備中(岡山県)高松城を攻略中の羽柴秀吉への援軍に向かうと触れて、丹波(京都府)亀山城を出撃していた。

備中へ向かうためには老ノ坂峠を越えた後で沓掛(京都市西京区)から山崎(京都府乙訓郡)へ南下して、そこから西へ進行するはずである。しかし、光秀はその道と分かれたもう一つの道から洛中に馬首を向けた。

その理由は、本能寺に宿泊している光秀の主君である織田信長に謁見するためとしていた。が、果断なるを好む信長に対して、遠回りをしてまでの謁見など不自然である、と少なからぬ者たちは感じていた。

もはや本心を隠し通すことは不可能に近いと覚悟を決めて、光秀は冒頭の言葉を吐露したのである。

が、それを聞いた兵卒たちは驚きの色を隠せず、思わずそれを声にしている。

幾千人ものどよめきが光秀の胸を押しつぶすかのようだ。

このままでは士気は上がるはずもないと思った光秀は、もうひと押しと言葉を続ける。

「信長、信忠父子の悪逆はまさに天下の妨げである。これを討ち果たしてこそもののふの道にかなうものである」

光秀が特に力を込めて声にした「悪逆」という二文字の言葉に凝縮される所業。

例えば、信長の比叡山焼き討ちでは、かつて白河法皇が賀茂川の水の流れに賽の目と並んで我が意のままにならぬものとした僧兵たちのみならず、非武装の高僧、貴僧さらには女、子供までもことごとく殺戮した。

善良な者たちの命乞いさえ認めなかった。

ここから先をお読みいただくには
会員登録が必要です。

最新号のコンテンツ

連載 エッセイ (2020年10月号)

寺子屋山頭火

山頭火が図書館の職を辞した理由は、人間関係、それとも離婚の影響か

連載 連載詩 (2020年10月号)

最少の言葉で詩作する試み

訥々と紡ぎ出されるソネット。秋、詩人はどんな言葉を世界に放つのか

谷川俊太郎

連載 連載詩 (2020年10月号)

週末のアルペジオ

立ち止まって受け止めるメッセージ。めいめいが自分自身のものとして

三角みづ紀

連載 フォト小説 (2020年10月号)

スーパーフィッシュと老ダイバー

再び旅に出るジョージ。シーラカンスの長老に会い人間の愚かさを知る

連載 エッセイ (2020年10月号)

俳句で味わう、日本の暮らし

猪の多産にあやかり子孫繁栄や五穀豊穣を祈る亥の子。名句を鑑賞する

連載 回想記 (2020年10月号)

旅する少年

山陰、奈良、続く旅への衝動と学級新聞で向けられる地元への眼差し

連載 医学ミステリー (2020年10月号)

Dr.よねやまの芸脳生活 芸術家の生き様を医学で考える

胃潰瘍で亡くなった漱石。神経衰弱の要因はその気質と英国留学にあり

連載 スポーツ随想録 (2020年10月号)

スポーツは文芸をどのように彩ってきたか

スポーツに愛と死を見出し言葉に換えた二人・虫明亜呂無と倉橋由美子

連載 妖異譚 (2020年10月号)

鬼ものがたり

道に迷った山中で助けてくれた老僧。ところがムチを持ち出すと……

連載 アート&エッセイ (2020年10月号)

伝統と破壊の哲学

クラスの厄介者・野田ちんに渡しそびれた、カジカの木箱の思い出とは

連載 新人デビュー小説 (2020年10月号)

愛のレシピ:23歳

きっと誕生日が来るたび思い出す。母と祖母から渡されたほろ苦い幸せ

連載 動画 (2020年10月号)

Dr.よねやまの芸脳生活

「漱石に学ぶ人脈の作り方」Dr.の必見レクチャー好評配信中

連載 動画 (2020年10月号)

町田康のパンク山頭火ラヂオ

徒然なるままに山頭火を語る町田版自由律YouTube。必見連載スタート

Web新小説会員登録はこちら