YouTube「Dr.よねやまの芸脳生活」好評配信中! 米山さんへの質問を受付中!  今すぐチェックする

『 もしもの日本史・創作シリーズ 光秀と藤孝 』

菊池道人

もしもの日本史・創作シリーズ

菊池道人

本能寺の変で織田信長を打倒した明智光秀が最も頼りにしていたのは細川藤孝(後の幽斎)。史実では藤孝は隠居して、光秀を見限った。しかし、藤孝の兄は信長のために自害に追い込まれていた。 もしもその時の怨念が蘇り、光秀に味方していたら、その後の展開はどうなっていたのか? 人間心理は複雑なものであり、ちょっとしたことで心の持ちようが変わり、それに伴う行動も異なるものとなっていく。そしてそれが歴史の流れを変えることも。

光秀と藤孝 第一回

「敵は四条本能寺、二条妙覚寺にあり」

光秀は全軍に告げた。六月二日未明、京都の西側を南北に流れる桂川を越えたところでのしばしの休息の後である。

すでにその意は従兄弟でもある明智秀満や斎藤利三ら数名の重臣には知らせてあったが、その他の兵卒には備中(岡山県)高松城を攻略中の羽柴秀吉への援軍に向かうと触れて、丹波(京都府)亀山城を出撃していた。

備中へ向かうためには老ノ坂峠を越えた後で沓掛(京都市西京区)から山崎(京都府乙訓郡)へ南下して、そこから西へ進行するはずである。しかし、光秀はその道と分かれたもう一つの道から洛中に馬首を向けた。

その理由は、本能寺に宿泊している光秀の主君である織田信長に謁見するためとしていた。が、果断なるを好む信長に対して、遠回りをしてまでの謁見など不自然である、と少なからぬ者たちは感じていた。

もはや本心を隠し通すことは不可能に近いと覚悟を決めて、光秀は冒頭の言葉を吐露したのである。

が、それを聞いた兵卒たちは驚きの色を隠せず、思わずそれを声にしている。

幾千人ものどよめきが光秀の胸を押しつぶすかのようだ。

このままでは士気は上がるはずもないと思った光秀は、もうひと押しと言葉を続ける。

「信長、信忠父子の悪逆はまさに天下の妨げである。これを討ち果たしてこそもののふの道にかなうものである」

光秀が特に力を込めて声にした「悪逆」という二文字の言葉に凝縮される所業。

例えば、信長の比叡山焼き討ちでは、かつて白河法皇が賀茂川の水の流れに賽の目と並んで我が意のままにならぬものとした僧兵たちのみならず、非武装の高僧、貴僧さらには女、子供までもことごとく殺戮した。

善良な者たちの命乞いさえ認めなかった。

ここから先をお読みいただくには
会員登録が必要です。

最新号のコンテンツ

連載 エッセイ (2020年8月号)

俳句で味わう、日本の暮らし

農家の三大厄日とされた二百十日。禍を祓い豊作を願う名句を読み解く

連載 連載詩 (2020年8月号)

週末のアルペジオ

思いがあふれ、色彩が響く。寄る辺なき時代を支えてくれる言葉がある

三角みづ紀

連載 エッセイ (2020年8月号)

寺子屋山頭火

生活と芸術の乖離に苦しむ山頭火。自らのskillで稼ごうと試みるが…

連載 フォト小説 (2020年8月号)

スーパーフィッシュと老ダイバー

好奇心に駆られ旅に出るジョージ。恐ろしい体験が彼を待っていた

連載 回想記 (2020年8月号)

旅する少年

父に乞われ北海道へ。同行した父の友人は兵隊の出立ちをしていた

連載 医学ミステリー (2020年8月号)

Dr.よねやまの芸脳生活 芸術家の生き様を医学で考える

スペイン風邪で亡くなった島村抱月。その体験的な生き方が病を招く

連載 スポーツ随想録 (2020年8月号)

スポーツは文芸をどのように彩ってきたか

ボクシングに全く異なる向き合い方をした、石原慎太郎と三島由紀夫

連載 妖異譚 (2020年8月号)

鬼ものがたり

わたしをじっと見つめる女の真っ青な目。謎の小箱を預かったが……

連載 (2020年8月号)

伝統と破壊の哲学

母再婚。新しい友達ババヤンのブレーキがない自転車でスリルを味わう

連載 新人デビュー小説 (2020年8月号)

愛のレシピ:23歳

まるで高級な霜降り肉みたいに、いつまでも消化できないヘヴィな記憶

連載 英国レポート (2020年8月号)

アーツ&クラフツ、娘の仕事 メイ・モリスという才能

父の死を受け入れ、メイは新たな分野ジュエリーに創造性を見出す

連載 動画 (2020年8月号)

玉木正之のWeeklyスポーツ萬歳

スポーツの魅力を超絶説法で解説。ご存知タマキ先生絶好調動画連載中

連載 動画 (2020年8月号)

Dr.よねやまの芸脳生活

「新型コロナ第二波は?」生き様から芸術家の死を探るDr.の必見講座

Web新小説会員登録はこちら