【無料公開3/15(月)まで】震災から10年―いま、ここに、詩の言葉を  今すぐチェックする

3月の巻頭特集

『 いま、ここに、詩の言葉を ――東日本大震災から10年 』

春陽堂書店Web新小説編集部

いま、ここに、詩の言葉を

――東日本大震災から10

私たちはこの10年をどのように生きてきたのか

私たちはこの10年をどのように生きてきたのか。

震災から10年後の今、私たちは抜け出せないコロナ禍にいる。
この10年で、言葉はますます切れ切れになり、対立を深める道具のようになった。
記憶から切り離された言葉が、人と人との対立を煽った。
言葉は本来、記憶とともに幾層にもなって紡がれていくもののはずだ。言葉に瞬間的に反応するのではなく、言葉の層に入り込み、考え、咀嚼し、深めること。

震災から10年、あの時からの記憶とともに紡がれた詩の言葉をここに置きたい。それを発するその声とともに。私たちから失われた言葉を、私たちの未来につなぐために。

Web新小説編集部

この10年、震災を、東北を、それぞれの場所から問い続けてきた9人と1ユニットの、詩の競演です。自作の朗読動画とともにお届けします。

あなたは「テキスト」から読みますか? それとも「朗読動画」から味わいますか?
「詩のタイトル」をクリックすると各作品のテキストに、「動画はこちら」をクリックすると朗読動画が再生されます。「詩人の名前」からプロフィールを参照できます。

Web新小説ならではの詩の特集をどうぞお楽しみください。

いま、ここに、詩の言葉を

――東日本大震災から10

目次

暁方ミセイ 動画はこちら
花園 新井高子 動画はこちら
石塚時枝 カニエ・ナハ 動画はこちら
求める心 白井明大 動画はこちら
オープン・グラウンド(ひらけた土地) 管啓次郎 動画はこちら
Japan Quake Map, No.33(2021) TOLTA 動画はこちら
明日の言葉 宮尾節子 動画はこちら
北上紀行 ――雲、かも。 四元康祐 動画はこちら
知らないうちに 和合亮一 動画はこちら
昨日まで地球の夢を見ていた 渡辺玄英 動画はこちら

最新号のコンテンツ

詩と朗読動画 (2021年3月号)

いま、ここに、詩の言葉を ――東日本大震災から10年

東日本大震災から10年。10の詩と朗読が言葉と記憶を未来へとつなぐ

春陽堂書店Web新小説編集部

連載 連載詩 (2021年3月号)

最少の言葉で詩作する試み

朝に夕暮れに言葉が現れる。天と地の隙間で言葉は枝先に留まっている

谷川俊太郎

連載 連載詩 (2021年3月号)

週末のアルペジオ

愛おしく、ひたむきに、整え重ねられた日々。そしてまた、春がめぐる

三角みづ紀

連載 エッセイ (2021年3月号)

寺子屋山頭火

自分に耐えられず大酒を飲む山頭火。酔った挙句、電車の前に仁王立ち

連載 イラスト評伝 (2021年3月号)

エピソードで知る種田山頭火

酒に溺れる壮絶な生涯。禁酒を誓う一方で、大酒を止められない山頭火

春陽堂書店編集部

連載 エッセイ (2021年3月号)

俳句で味わう、日本の暮らし

灌仏会は釈尊誕生を祝して行う法会のこと。寺々に喜びの景色が広がる

連載 ウェブ絵巻 (2021年3月号)

漱石クロニクル ―絵で読む夏目漱石の生涯―

漢籍や文学に夢中で、英語は大嫌いだった。迷い多き十代の夏目漱石

連載 回想記 (2021年3月号)

旅する少年

本土復帰した沖縄へ。那覇、八重山諸島、基地と海と3枚のTシャツ

連載 エッセイ (2021年3月号)

兼好のつれづれ絵草紙

落語でもおなじみの「はばかり=厠」をめぐって、噺家たちが喧々囂々

三遊亭兼好

連載 俳句鑑賞 (2021年3月号)

楸邨山脈の巨人たち

金子兜太から始動。孫弟子が俳人加藤楸邨の系譜を辿る愛ある俳句鑑賞

連載 医学ミステリー (2021年3月号)

Dr.よねやまの芸脳生活 芸術家の生き様を医学で考える

文学者の業績と軍医としての後悔。森鷗外の死は最後の自己表現なのか

連載 動画&エッセイ (2021年3月号)

假屋崎省吾の絶品紀行~日々を華麗に彩る~

梅、桃、そして桜を待ち望む春。カーリィー先生のお花見の穴場も紹介

假屋崎省吾

連載 スポーツ随想録 (2021年3月号)

スポーツは文芸をどのように彩ってきたか

なぜ野球はスポーツ文学の王者たりえたのか? 数々の名作が語る魅力

連載 妖異譚 (2021年3月号)

鬼ものがたり

おもいびとと一夜を過ごしたお堂に長い髪と白い衣裳の女が現れて……

連載 紀行エッセイ (2021年3月号)

銭湯放浪記

弘前の繁華街で見つけた、その名も娯楽湯。人情味溢れる接客に感激

連載 動画 (2021年3月号)

Dr.よねやまの芸脳生活

「安楽死とは~森鷗外の生き方にみる」Dr.の必見YouTube好評配信中

連載 動画 (2021年3月号)

町田康のパンク山頭火ラヂオ

徒然なるままに山頭火を語る町田版自由律YouTube。注目の第2回配信

会員限定閲覧ルーム

会員登録すると、江戸川乱歩や坂口安吾など、当社刊行書籍の電子版が無料で閲覧できる「会員限定閲覧ルーム」は、今後も当社ならではのコンテンツを配信してまいります。

『Web新小説』へようこそ

『Web新小説』は、1889(明治22)年に春陽堂から創刊された文芸誌『新小説』をウェブマガジンスタイルで発行する文芸マガジンです。尾崎紅葉、泉鏡花、夏目漱石、田山花袋、森鷗外など多くの名作を世に送り出した『新小説』のコンセプトを引き継ぎ、現在活躍中の詩人、作家、俳人、写真家から最新の文芸コンテンツを配信します。

「知的ワンダーランド」を目指して

たくさんの情報が速いスピードで押し寄せる現代。『Web新小説』は、読者が流されない自己を発見する手立てとなるような文学作品の確立を目指して、さまざまなカルチャーコンテンツを配信していきます。詩、小説、エッセイ、対談、レクチャーetc. イラストや写真を使ったり、朗読やトーク動画があったり、表現方法は文字にとどまりません。「知的ワンダーランド」を目指して、まさにさまざまな手法で、ユニークな文芸コンテンツを展開していきます。

月額1000円(税別)で最新コンテンツ読み放題

月額1000円(税別)で会員登録をすると、毎月更新される最新号のコンテンツやバックナンバーが読み放題。また、作家と交流できる会員優待のイベントに参加できます。さらに、タテ書きで読める、操作性よく、読みやすいデザインを追求していきます。

どうぞ、『Web新小説』で新しい読書体験をお楽しみください。

会員は特別価格で新スタイルイベントに参加可能

『Web新小説』では作家と交流できる会員優待のイベントを多数企画し、発信しています。イベント開催そのものが大変困難な時代、まさに新しいスタイル、新しい感覚での文芸体験が求められていると『Web新小説』は考えます。参加作家によるYouTubeレクチャーや朗読動画、イベントレポートなど、ウェブマガジンならではの動画コンテンツを充実させながら、新しい感覚のオンラインイベントを、ただいま発信準備中です。作家と楽しむオンラインサロン、映像とオーディオで楽しむ番組など、今をときめく詩人や作家、アーティストと交流することで生まれる、新しい文芸体験を提案していきます。ご期待ください。

各種イベントチケットはPeatix、春陽堂書店オンラインストアで随時販売。会員はお得な会員特別価格で参加が可能です。ぜひ、『Web新小説』ならではのイベントにご注目ください。

新着イベント

2020年10月21日 (水)

早稲田界隈〜目白台

【中止】岡崎武志さんと行く 春爛漫の早稲田界隈~漱石&春樹散歩

2020年10月21日 (水)

大手町サンケイプラザ会議室

【中止】岡本行夫×中村征夫 写真が語る海の真実

Web新小説会員登録はこちら