乱歩文庫13巻セットが当たる!「お家で読書!緊急入会キャンペーン」4月12日(日)まで 今すぐチェックする

4月の巻頭小説

『 スーパーフィッシュと老ダイバー 』

岡本行夫

スーパーフィッシュと老ダイバー

岡本行夫

第3章 老ダイバーの涙―追憶

ある日、ジョージは、ラスモハメッド岬の南方のシャーク・リーフにいた。このリーフは、200メートルの海底からそそりたち、南から流れてきた潮がぶつかり、多くの魚の群れがあつまる場所だ。

この舞台の雄大さといったら! 海面のちかくにはバラフエダイ、深いところにロウニンアジ、もっと深いところにはバラクーダが、それぞれ大きな群れをつくって、旋回しながら泳いでいる。それぞれが、何百ぴきという群れだ。ツバメウオは、潮に流されやすい体型だから、群れは壁にそって泳いでいる。

海中の切りたった崖には、ソフトコーラルと呼ばれる色とりどりの珊瑚がしげり、大きなウチワサンゴが、小さな魚たちのかくれ場所になっている。

そのシャーク・リーフの水深20メートルのところで、二人の若いダイバーが、水中銃で狩りをしていた。高圧で発射されたもりは、大きなツバメウオの体を貫通し、魚は、激しく体をふるわせて、苦しんでいた。

その様子を見たジョージのなかに、初めて「怒り」の感情が燃えあがった。気がついたときには、銛を撃ちこんだダイバーにむかって、突進していた。

2メートル近くに成長した巨体が、若者が空気を吸っていたレギュレーターをはね飛ばし、はずれた管からは、猛烈な勢いで空気が噴出して、泡のカーテンが海中にたちのぼった。

ジョージの行為は、かれの知らないところで、悲劇をおこしていた。若者はパニックにおちいり、急スピードで浮上してしまったのだ。

それによって、空気のなかの窒素が、水圧の急激な変化とともに血液中で気化してしまい、若者の関節を一生痛めつけることになったのである。

しかし人間たちは、自分たちの殺戮行為を、止めようとはしなかった。逆に、ジョージのことを、人を襲う危険な魚として、狙うようになった。

*****

ここから先をお読みいただくには
会員登録が必要です。

最新号のコンテンツ

連載 フォト小説 (2020年4月号)

スーパーフィッシュと老ダイバー

怒りに震えるジョージと悲しみに沈むハンス。静かな海で両者が接近する

連載 エッセイ (2020年4月号)

寺子屋山頭火

実家は破産、父親は失踪。山頭火の前半生を句と記録から読み解く

連載 エッセイ (2020年4月号)

俳句で味わう、日本の暮らし

八十八夜は農事の基準となる重要な日。季節感漂う七句を鑑賞する

連載 アート&エッセイ (2020年4月号)

伝統と破壊の哲学

仁丹を使った即興作品。クラスの一人が「10円で買う!」と叫んだ

連載 歴史小説 (2020年4月号)

もしもの日本史・創作シリーズ 光秀と藤孝

光秀はなぜ信長を討ったのか。藤孝は15年前の出会いを回想する

連載 対談 (2020年4月号)

文芸放談 オカタケ走る!

小田光雄さんを迎えての対談も最終回。二人はどんな結論に辿り着く?

連載 新人デビュー小説 (2020年4月号)

愛のレシピ:23歳

栄養重視のお弁当、凍える冬に食べた蕎麦。ふとした瞬間に甦る母の愛

連載 英国レポート (2020年4月号)

アーツ&クラフツ、娘の仕事 メイ・モリスという才能

刺繍作家としても手腕を発揮したメイ。近年再発見された作品とは?

イベント動画 (2020年4月号)

パンク山頭火スペシャルトーク

山頭火を巡る丁々発止のやりとりに会場が沸いたスペシャルトーク動画

伊藤比呂美×町田康

『Web新小説』へようこそ

『Web新小説』は、1889(明治22)年に春陽堂から創刊された文芸誌『新小説』をウェブマガジンスタイルで発行する文芸マガジンです。尾崎紅葉、泉鏡花、夏目漱石、田山花袋、森鷗外など多くの名作を世に送り出した『新小説』のコンセプトを引き継ぎ、現在活躍中の詩人、作家、俳人、写真家から最新の文芸コンテンツを配信します。

月額1000円(税別)で最新コンテンツ読み放題

たくさんの情報が速いスピードで押し寄せる現代。『Web新小説』は、読者が流されない自己を発見する手立てとなるような文学作品の確立を目指して、さまざまなカルチャーコンテンツを配信していきます。月額1000円(税別)で会員登録をすると、毎月更新される最新号のコンテンツやバックナンバーが読み放題。また、作家と交流できる会員優待のイベントに参加できます。さらに、タテ書きで読める、操作性よく、読みやすいデザインを追求していきます。

どうぞ、『Web新小説』で新しい読書体験をお楽しみください。

会員は特別価格でイベントに参加可能

『Web新小説』では作家と交流できる会員優待のイベントを多数企画し、発信していきます。作家を交えたトークイベント、サイン会はもちろんのこと、作家と楽しむ文学ウオーク、食事付き朗読会、ツアーなど、多岐にわたる企画を用意。イベントに参加し、作家とダイレクトに交流することで生まれる、新しい文芸体験を提案していきます。

イベントチケットはPeatix、春陽堂書店オンラインストアで随時販売。会員はお得な会員特別価格で参加が可能です。ぜひ、『Web新小説』ならではのイベントをご体験ください。

新着イベント

2020年5月21日 (木)

大手町サンケイプラザ会議室

岡本行夫×中村征夫 写真が語る海の真実

2020年4月11日 (土)

早稲田界隈〜目白台

【延期】岡崎武志さんと行く 春爛漫の早稲田界隈~漱石&春樹散歩

Web新小説会員登録はこちら