登録初月は無料、バックナンバー【作家62人、連載回数445回】も読み放題! 会員登録はこちら  今すぐチェックする

撮影:大杉隼平

伊藤比呂美

(いとう・ひろみ)
詩人、小説家。1955年東京都生まれ。1978年、詩集『草木の空』でデビュー、同年に現代詩手帖賞を受賞。『青梅』などで80年代の女性詩ブームをリードする。1999年『ラニーニャ』で野間文芸新人賞、2006年『河原荒草』で高見順賞、2007年『とげ抜き 新巣鴨地蔵縁起』で萩原朔太郎賞、2019年種田山頭火賞、2020年チカダ賞、2021年『道行きや』で熊日文学賞など受賞歴多数。1997年に渡米、2018年に帰国して3年間早稲田大学教授を務める。2017年『切腹考』で鷗外作品に入り込み生死を見つめ論じた。ほか著書多数

対話型インタビュー

比呂美の庭

Looking for 鷗外

登録初月は無料

Web新小説会員登録はこちら