登録初月は無料、バックナンバー【作家69人、連載回数462回】も読み放題! 会員登録はこちら  今すぐチェックする

綿矢りさ

(わたや・りさ)
小説家。京都府京都市出身。1984年生まれ。2001年『インストール』で文藝賞受賞。早稲田大学在学中の2004年に『蹴りたい背中』で芥川賞受賞。2012年『かわいそうだね?』で大江健三郎賞、2020年には『生のみ生のままで』で島清恋愛文学賞受賞。『勝手にふるえてろ』『ひらいて』『私をくいとめて』など映像化作品も多い。ほかの著書に『憤死』『手のひらの京』『オーラの発表会』『あのころなにしてた?』『嫌いなら呼ぶなよ』など

特集インタビュー

京都を外から眺めてみると 綿矢りさインタビュー

登録初月は無料

Web新小説会員登録はこちら