登録初月は無料、バックナンバー【作家62人、連載回数445回】も読み放題! 会員登録はこちら  今すぐチェックする

高橋源一郎

(たかはし・げんいちろう)
作家。1951年広島県生まれ。横浜国立大に在学時、学生運動に参加。72年以降、約10年間、肉体労働に従事する。81年、「さよなら、ギャングたち」でデビュー。88年、『優雅で感傷的な日本野球』で第1回三島由紀夫賞、2002年、『日本文学盛衰史』で伊藤整文学賞を受賞。他の小説に『虹の彼方に』『さよならクリストファー・ロビン』(谷崎潤一郎賞)、評論・エッセイに『ぼくらの民主主義なんだぜ』『一億三千万人のための「論語」教室』など。 近作に『失われたTOKIOを求めて』

特集「この作家を読もう ──新刊を撃て!」

『これは、アレだな』 高橋源一郎ロングインタビュー

登録初月は無料

Web新小説会員登録はこちら