登録初月は無料、バックナンバー【作家61人、連載回数437回】も読み放題! 会員登録はこちら  今すぐチェックする

一ノ瀬俊也

(いちのせ・としや)
1971(昭和46)年、福岡県生れ。埼玉大学教養学部教授。専門は日本近現代史。九州大学大学院博士後期課程中途退学。著書に『特攻隊員の現実』『皇軍兵士の日常生活』(ともに講談社現代新書)、『近代日本の徴兵制と社会』(吉川弘文館)、『旅順と南京』(文春新書)、『故郷はなぜ兵士を殺したか』(角川選書)、『米軍が恐れた「卑怯な日本軍」』(文春文庫)、『戦艦武蔵』(中公新書)など

特集「戦争が言葉を奪う―作家は何ができるのか」

作家の自己プロパガンダ

登録初月は無料

Web新小説会員登録はこちら