登録初月は無料、バックナンバー【作家55人、連載回数400回】も読み放題! 会員登録はこちら  今すぐチェックする

気まぐれ編集後記

春陽堂書店Web新小説編集部

気まぐれ編集後記

一昨年(二〇二〇年)五月末、東京で緊急事態宣言が解除された頃、印刷所に勤める四〇代女性の友人からやるせない話を聞いた。通勤のために電車に乗っていた朝の出来事である。

「つり革につかまっていました。すると突然、足の甲にひどい痛みを覚えたのです」
 ガツンガツンと棒状のような物でたたかれたような痛みだ。

「前に座っていた若い女性がかかとで私の足の甲をたたいていました」
 ありえない。
 友人は頭に血が上った。
 だが、その若い女性の隣に座っていた老紳士が「何をなさっているのですか」とたしなめたその一言で冷静に戻った友人、さてはマスクをし忘れて電車に乗ったせいだと気付いた。

「やれやれ」とため息をついて、その電車を降りて、バッグからなけなしのマスクを取り出し着けて、次の電車に乗った。コロナ禍人心殺伐事件簿である。
 だがしかし、ちょうど同じ時期に私はこんな車内風景も目にしていた。
 午後の三時頃だったか、小学生の女の子が一人でランドセルを背負って乗っていたが、歯に物がはさまったようでマスクを外して爪で歯をいじり始めたのである。
 すると、近くにいた品のよい白髪のおばあさんが、小さなやさしい声でさとしたのだ。
 「だめよ、ばい菌がお口の中に入ってしまうわ」
 とてもすてきなお節介ではないか。小学生は素直にお辞儀をしてマスクをした。おばあさんはお洒落な草色のスカーフをまとっていたことを覚えている。
 人は追い詰められたときに本当の姿が現れるという。
 かかとで蹴った若い女性の獣性。
 そして高齢の自分にあるCOVID-19のストレスを省みず小学生に話しかけたおばあさんのやさしさ。強い。
 新型コロナウイルスが猛威を振るってから二年。私たちが学んだことはこまめに手を消毒することだけではないはずだ。
 人として何を考え、どのように振る舞うか。
 経験を生かして再出発するこの春。四月一日号特集「新・日常考─きのうまでと違うこと」ではご活躍中の作家の方々にそれぞれの思いをお書きいただいた。ぜひご感想をお寄せください。

(万年editor)

 

四月一日号Web新小説の感想はこちらに御願いします。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/a2745329721220

最新号のコンテンツ

特集「見送りの時──介護の日々から」 (2022年5月1日号)

テル、の一生。

死に臨む認知症患者を小説に描いた永井みみ。介護に身を投じた理由は

特集「見送りの時──介護の日々から」 (2022年5月1日号)

「ケアの外注」の危うさの中で

コロナ時代のケア。「外注」頼りの私たちが直面する危うさと課題とは

(2022年5月1日号)

特集とりとめな記

特集で編集者が気付いたあれこれ

特集編集班

連載 連載小説 (2022年5月1日号)

猛獣ども

ままならない休日。心にわだかまるのは過去の恋愛か、同僚への屈託か

連載 エッセイ (2022年5月1日号)

町田康の読み解き山頭火

行乞から逃れるように友を訪ね、酒を飲む。そんな山頭火の羞恥と憂鬱

連載 ショートショート漫画 (2022年5月1日号)

しおり物語

思いがけない手紙は特別にうれしい。ふんわり温かな余韻が残る最終回

連載 俳句エッセイ (2022年5月1日号)

アマネク ハイク

瀬戸内の春の浜辺で拾った硝子のかけらには、遠い過去の記憶があった

連載 エッセイ (2022年5月1日号)

兼好のつれづれ絵草紙

へべれけの語源から始まる酔いどれ討論会、家飲みはこれだから楽しい

三遊亭兼好

連載 ウェブ絵巻 (2022年5月1日号)

漱石クロニクル ―絵で読む夏目漱石の生涯―

47歳で『心』を刊行、学習院では『私の個人主義』について大いに語る

連載 俳句鑑賞 (2022年5月1日号)

楸邨山脈の巨人たち

塩田夫や海女など「日本の原郷」を鮮烈に描いた沢木欣一の世界を鑑賞

連載 医学ミステリー (2022年5月1日号)

Dr.よねやまの芸脳生活 芸術家の生き様を医学で考える

経済的基盤と自己肯定感を武器に、実篤は多様な分野で理想を追求した

連載 エッセイ (2022年5月1日号)

江戸の愛猫

江戸期の旅の象徴、東海道五十三次。その宿場名を猫で表す傑作を紹介

連載 動画 (2022年5月1日号)

Dr.よねやまの芸脳生活

「まとめ! 明治の芸術家たちの生き様」~Dr.米山のYouTubeレクチャー第24弾

連載 動画 (2022年5月1日号)

町田康のパンク山頭火ラヂオ

徒然なるままに山頭火を語る町田版自由律YouTube。注目の第4回配信

(2022年5月1日号)

歌舞伎役者.坂東彦三郎朗読動画バックナンバーの部屋

坂東彦三郎が朗読。河竹黙阿弥の歌舞伎狂言12選 絵は辻和子

春陽堂書店Web新小説編集部

編集後記 (2022年5月1日号)

気まぐれ編集後記

ネットに溢れる誤解と悪意。たまには言葉なんか邪魔だと言ってみよう

春陽堂書店Web新小説編集部

登録初月は無料

Web新小説会員登録はこちら