AmazonPayでのお支払いが可能になりました!新規会員募集中!  今すぐチェックする

『 俳句で味わう、日本の暮らし 』

黛まどか

俳句で味わう、日本の暮らし

黛まどか

第九回 亥の子

旧暦十月(亥の月)の亥の日に行われる行事で、古代中国の無病息災を願う宮廷儀式「亥子祝いのこいわい」に基づく。日本では平安朝以降、宮中の年中行事として行われていたが、ちょうど米の収穫期とかさなるため、収穫を祝う意味合いが強くなり、江戸時代になり玄猪の祝いとして庶民にも広まった。田の神と同様に、亥の子神も春に来て秋に帰ると考えられていた。

西日本では、子供たちが荒縄で丸石を縛った〝亥の子石〟を作り、家々を回って唱え事をしながらこれらで地面を叩く〝亥の子突き〟を行う。邪霊を鎮め、土地の力を強くし五穀豊穣を祈るまじないとされている。

この日に搗く餅を〝亥の子餅〟と言う。亥の月の亥の日、亥の刻(夜十時頃)に食すと、無病息災でいられるという。猪の多産にあやかって、子孫繁栄や五穀豊穣を祈る。猪またはうりぼうを模った餅は、その年に収穫した大豆・小豆・ささげ・ごま・栗・柿・糖の七種の粉を新米に混ぜて作る。

『源氏物語』では「葵」の巻に亥の子餅が登場するが、京都では今でも十一月になると亥の子餅が売り出される。

臼音は麓の里の亥の子かな

内藤鳴雪

鳴雪は幕末に生まれた伊予の藩士。当時の伊予では亥の子の行事も盛んに行われていたのだろう。

ここから先をお読みいただくには
会員登録が必要です。

最新号のコンテンツ

連載 エッセイ (2020年10月号)

寺子屋山頭火

山頭火が図書館の職を辞した理由は、人間関係、それとも離婚の影響か

連載 連載詩 (2020年10月号)

最少の言葉で詩作する試み

訥々と紡ぎ出されるソネット。秋、詩人はどんな言葉を世界に放つのか

谷川俊太郎

連載 連載詩 (2020年10月号)

週末のアルペジオ

立ち止まって受け止めるメッセージ。めいめいが自分自身のものとして

三角みづ紀

連載 フォト小説 (2020年10月号)

スーパーフィッシュと老ダイバー

再び旅に出るジョージ。シーラカンスの長老に会い人間の愚かさを知る

連載 エッセイ (2020年10月号)

俳句で味わう、日本の暮らし

猪の多産にあやかり子孫繁栄や五穀豊穣を祈る亥の子。名句を鑑賞する

連載 回想記 (2020年10月号)

旅する少年

山陰、奈良、続く旅への衝動と学級新聞で向けられる地元への眼差し

連載 医学ミステリー (2020年10月号)

Dr.よねやまの芸脳生活 芸術家の生き様を医学で考える

胃潰瘍で亡くなった漱石。神経衰弱の要因はその気質と英国留学にあり

連載 スポーツ随想録 (2020年10月号)

スポーツは文芸をどのように彩ってきたか

スポーツに愛と死を見出し言葉に換えた二人・虫明亜呂無と倉橋由美子

連載 妖異譚 (2020年10月号)

鬼ものがたり

道に迷った山中で助けてくれた老僧。ところがムチを持ち出すと……

連載 アート&エッセイ (2020年10月号)

伝統と破壊の哲学

クラスの厄介者・野田ちんに渡しそびれた、カジカの木箱の思い出とは

連載 新人デビュー小説 (2020年10月号)

愛のレシピ:23歳

きっと誕生日が来るたび思い出す。母と祖母から渡されたほろ苦い幸せ

連載 動画 (2020年10月号)

Dr.よねやまの芸脳生活

「漱石に学ぶ人脈の作り方」Dr.の必見レクチャー好評配信中

連載 動画 (2020年10月号)

町田康のパンク山頭火ラヂオ

徒然なるままに山頭火を語る町田版自由律YouTube。必見連載スタート

Web新小説会員登録はこちら