【登録初月無料】8/31まで新規登録でAmazonギフト券が当たる!  今すぐチェックする

  • ホーム
  • コンテンツ
  • 漱石クロニクル ―絵で読む夏目漱石の生涯― 第一回 金之助誕生―我楽多と一所に笊の中

『 漱石クロニクル ―絵で読む夏目漱石の生涯― 』

大高郁子

漱石クロニクル

  ―絵で読む夏目漱石の生涯―

大高郁子

第一回 金之助誕生―我楽多と一所に笊の中

慶応三年(一八六七年)0歳

二月八日(陰暦一月四日)、塩原昌之助、夏目家に来て、小兵衛(直克)に向い、こんど生まれる子供を養子に欲しいと申し出る。

二月九日(陰暦一月五日)、父、夏目小兵衛(直克、五十歳)、母、ちゑ(千枝/知恵、後妻、四十一歳)の末子として、江戸牛込馬場下横町(現・新宿区喜久井町一番地)に生まれる。

兄姉は、長女・さわ(佐和、二十一歳)、次女・ふさ(房、十六歳)(以上、先妻こと〈琴〉の子)、長男・大一(後に大助、十一歳)、次男・栄之助(後に直則、九歳)、三男・和三郎(後に直矩、八歳)、 四男・久吉(元治二年(一八六五年)三歳で死去)、三女・ちか(慶応一年(一八六五年)一歳で死去(以上、ちゑの子)の七人だった。

二月十五日(陰暦一月十一日)、命名日(推定)。庚申の日の申の刻に生まれた者は、出世すれば大いに出世するが、一つ間違うと大泥棒になる。但し、名前に金の字か金偏の字を入れると、この難を免れるとの云い伝えから、「金之助」と名づけられた。

母乳不足により、まず、夏目家の女中、お松の妹夫婦で四谷の古道具屋の元に里子に出される。源兵衛村(現・新宿区戸塚)の八百屋という説もある。

『硝子戸の中』二十九より

《私は両親の晩年になつて出来た所謂末ツ子である。私を生んだ時、母はこんな年歯(とし)をして懐妊するのは面目ないと云つたとかいふ話が、今でも折々は繰り返されてゐる。》

《単に其為(そのため)ばかりでもあるまいが、私の両親は私が生れ落ちると間もなく、私を里に()つてしまつた。其里といふのは、無論私の記憶に残つてゐる筈がないけれども、成人の(のち)聞いて見ると、何でも古道具の売買を渡世にしてゐた貧しい夫婦ものであつたらしい。》

《私は其道具屋の我楽多(がらくた)と一所に、小さい(ざる)の中に入れられて、毎晩四谷の大通りの夜店に(さら)されてゐたのである。》

《それを或晩私の姉が何かの(ついで)其所(そこ)を通り掛つた時見付けて、可哀想とでも思つたのだらう、(ふところ)へ入れて(うち)へ連れて来たが、》

《私は其()どうしても寝付かずに、とう〳一晩中泣き続けに泣いたとかいふので、姉は大いに父から叱られたさうである。》

明治元年(一八六八年)一歳

十一月、内藤新宿北裏町十六番地(太宗寺裏、現・新宿区新宿二丁目)の門前名主、塩原昌之助(二十九歳)と、妻やす(二十九歳)の養子となり、同家に引き取られる。里親先から養子になったのではなく、実家からと推定される。だが、里親先から実家に戻った年月日は全くわからない。

塩原昌之助は十一歳の時、四谷の新参名主だった父、半助(または平助)が亡くなったため、夏目家に引き取られ、十五歳の時、金之助の実父夏目小兵衛直克が後見人となり、亡き父の跡目を継ぎ、名主となる。一方、やすは武州多摩郡榎戸新田(現・国分寺市北町)の三多摩一の豪農、榎戸覚左衛門の次男、榎本現二の長女で、夏目家に奉公していた。二人が結婚する時、仲人をつとめたのは直克だった。

明治二年(一八六九年)二歳

四月二十七日(陰暦三月十六日)、名主制度の廃止により、養父塩原昌之助は四十一番組の添年寄となる。一家は浅草三間町(現・台東区寿町四丁目の一部)に転居する。

六月、養父塩原昌之助は、年額三百二十両の俸給を受ける。(同じく、二十六番組の中年寄で世話係となった実父夏目小兵衛直克の俸給は三百六十両だった)

明治三年(一八七〇年)三歳

春の終りから夏の終りにかけて種痘を受け、それが元で疱瘡(ほうそう)(天然痘)にかかり、鼻の頭と頬っぺたに痘痕(あばた)が残る。

明治四年(一八七一年)四歳

三月末~四月初めにかけて(不確実な推定)、朝、廊下から庭に小便をして落下、意識を失い足を骨折する。

名倉整骨院(小菅県南足立郡千住村、現・東京都足立区千住五丁目)に行き、その後、しばらくの間、寝床に臥したまま過ごす。

七月二十九日(陰暦六月十二日)、養父塩原昌之助は、四十一番組添年寄を罷免される。翌年、行われた東京大小区制の実施に先んじ、一年ほど失業する。

六月十三日(陰暦四月二十六日)以降(日不詳)、養父塩原昌之助・養母やすと共に、妓楼「伊豆橋」(太宗寺の真向い)に移る。

「伊豆橋」は、実母ちゑの姉、久が経営した遊女屋で、かつて新宿で一、二を争う女郎屋だった。

維新後、店を閉じ、抱えの遊女達を全部自由な身にしてやり、建物の始末がつくまで、塩原夫婦が留守番に住み込むことになったらしい。

『道草』三十八より

《彼は自分の生命を両断しやうと試みた。すると綺麗に切り棄てられべき筈の過去が、却つて自分を追掛けて来た。彼の眼は行手を望んだ。(しか)し彼の足は後へ歩きがちであつた。さうして其()き詰まりには、大きな四角な家が建つてゐた。》

《不思議な事に、其広い(うち)には人が誰も住んでゐなかつた。それを淋しいとも思はずにゐられる程の幼ない彼には、まだ家といふものゝ経験と理解が欠けてゐた。》

《彼は幾つとなく続いてゐる部屋だの、遠く迄真直(まっすぐ)に見える廊下だのを、(あたか)も天井の付いた町のやうに考へた。さうして人の通らない往来を一人で歩く気でそこいら中馳け廻つた。》

《彼は時々表二階へ(あが)つて、細い格子の間から下を見下(みおろ)した。鈴を鳴らしたり、腹掛けを掛けたりした馬が何匹も続いて彼の眼の前を過ぎた。》

(みち)を隔てた真ん向ふには大きな唐金(からかね)仏様(ほとけさま)があつた。其仏様は胡座(あぐら)をかいて蓮台(れんだい)の上に坐つていた。太い錫杖(しゃくじょう)(かつ)いでゐた。それから頭に笠を被つてゐた。》

《健三は時々薄暗い土間へ下りて、其所からすぐ向側の石段を下りるために、馬の通る往来を横切つた。》

《彼は斯うしてよく仏様へ()ぢ上つた。着物の(ひだ)へ足を掛けたり、錫杖の柄に(つら)まつたりして、》

(うしろ)から肩に手が届くか、又は笠に自分の頭が触れると、其先はもう()うする事も出来ずにまた下りて来た。》

九月二十三日(陰暦八月九日)、太政官布告で廃刀と散髪許可。

十二月二十六日(陰暦十一月十五日)、「七五三」で五歳の袴着のお祝いに鎧や兜をこしらえ、それを着て、付近の神社へ参拝し、帰りに写真を写す。

明治五年(一八七二年)五歳

三月九日(陰暦二月一日)以降、新制度による戸籍編製(壬申戸籍)にあたり、養父塩原昌之助は金之助を実子の長男、戸主として届出る。

十二月九日(陰暦十一月九日)、陰暦を廃止。太陽暦採用の詔書下る。陰暦明治五年十二月三日を、明治六年一月一日とする。

明治六年(一八七三年)六歳

三月、養父塩原昌之助、第五大区(浅草、外神田から北一円)、第五小区(二十二か町)の戸長に任ぜられ、一家は浅草諏訪町四番地(現・台東区駒形二丁目、隅田川べり)に転居する。

『道草』三十九より

《其時夫婦は変な(うち)にゐた。門口から右へ折れると、他の塀際伝ひに石段を三つ程(あが)らなければならなかつた。そこからは幅三尺ばかりの露路で、抜けると広くて賑やかな通りへ出た。》

《左は廊下を曲がつて、今度は反対に二三段下りる順になつてゐた。すると其所に長方形の広間があつた。広間に沿ふた土間も長方形であつた。土間から表へ出ると、大きな河が見えた。其上を白帆を懸けた船が何艘となく往つたり来たりした。》

《河岸には柵を()つた中へ薪が一杯積んであつた。柵と柵の間にある空地は、だらだら下がりに水際迄続いた。石垣の隙間からは弁慶蟹がよく鋏を出した。》

春から秋にかけて、養父塩原昌之助に連れられて、舟で東京湾に出て、いなだ、ぼら、かいず、ふぐなどを網で捕える。高い波に舟酔いし、頭重くなり、舟中で寝てしまう。(『道草』十四による推定)

また、この年(月日不詳/推定)養父塩原昌之助に浅草へ連れられて行き、大きな船の模型を買ってもらう。定価は二十両である。

明治七年(一八七四年)七歳

この年の始め、養父塩原昌之助が、旧旗本の未亡人、日根野かつ(二十八歳)と通じ、養母やすとの間、不和となる。

三月、養父塩原昌之助の身分取扱いは官吏に準じ、手当二十五円が支給される。羽振り良い。

四月頃、養母塩原やすは仲人の夏目直克に、夫の裏切りを訴え、同情を得る。直克は、やすと金之助を自分の家に一時引き取る。

まもなく、塩原やすと金之助は、やすの実家、榎本現二(小石川指ケ谷町七十一番地)のもとに、移り住む。

十二月頃、養母塩原やすは離婚を決意し、塩原家の長男である金之助を、養父塩原昌之助の元に返すことにする。

養父塩原昌之助は、やすが家を出たあと、日根野かつと、かつの連れ子のれん(慶応二年四月二十八日生まれ、八歳)と共に、浅草寿町十番地(現・台東区寿町一、二、三丁目の内)に住んでいた。

養父塩原昌之助の元で、日根野かつ、かつの連れ子、れんと共に暮らす。

同じ年の十二月七日、戸田学校(浅草寿町七番地、現・台東区蔵前四丁目)創立される。

創立されたばかりの第八番公立小学戸田学校下等小学第八級に一年遅れて入学する。寿町の家から通った。

明治八年(一八七五年)八歳

四月、養母やす、養父塩原昌之助と離縁の手続きを取り、離婚が成立。やすは実父榎本現二の戸籍に復籍し、慰謝料二百円をもらう。

五月三十日、戸田学校下等小学第八級・第七級を同時に修了(飛び級)する。褒賞として箕作麟祥『勧善訓蒙』をもらう。

十月三十日、戸田学校下等小学第六級・第五級を同時に修了(飛び級)する。

明治九年(一八七六年)九歳

二月二十九日、養父塩原昌之助、戸長を罷免され、しばらくの間、無職となる。(後に東京警視庁に、月俸二十五円で勤める)

五月、戸田学校下等小学第四級を修了する。

六月頃(推定)、塩原家に在籍のまま、夏目家に戻る。

実家に戻った理由は、養父塩原昌之助が、金之助を給仕にすると言ったからである。(『道草』九十一による推定)

当時、夏目家には、実父直克(五十九歳)と実母ちゑ(五十歳)のほか、長兄大助(二十歳)、次兄直則(十八歳)がいた。異母姉の佐和と房は既に嫁ぎ、三兄直矩は佐和と佐和の夫、福田庄兵衛の養子となっていたため不在だった。

これまで、養父母の手前、いつもにこにこしていた実父直克が、掌を返したように冷たい態度になったことに激しい憤りを覚える。

直克は、何でこんな厄介者を背負い込んだのかと思う。

市谷学校(牛込区市谷山伏町二番地、現・新宿区市谷山伏町)下等小学第三級に転校。

十月二十一日、実父直克、区長を辞め、しばらくして内務省八等警視属になる。月給二十円。区長時代の半額以下となり、この頃から家計は苦しくなる。

十月三十日、市谷学校下等小学第三級を修了する。

この年、春から夏にかけて、東京開成学校に通っていた長兄大助から勉強を習う。

長い間、修業して立派な人間になり、世間に出なければならぬという希望をはっきりと抱いたのはこの頃のことだった。(『道草』九十一による推定)

(次回へ続く)

※引用部分のルビは必要と思われる箇所に適宜付記しています

ここから先をお読みいただくには
会員登録が必要です。

最新号のコンテンツ

連載 書き下ろし連作小説 (2021年6月号)

眼帯の下

本誌初の本格的小説。物語の炎は揺らめき、記憶の本質を解き明かす

連載 対話型インタビュー (2021年6月号)

比呂美の庭

注目の対話型インタビュー連載開始。詩人は如何に〆切を突破するのか

伊藤比呂美

連載 連載詩 (2021年6月号)

最少の言葉で詩作する試み

雨が降っている。紫陽花が生きているように、言葉も私も生きている

谷川俊太郎

連載 連載詩 (2021年6月号)

週末のアルペジオ

くちなしの香りにいざなわれて、よみがえる儚く甘い記憶、音、名前

三角みづ紀

連載 動画 (2021年6月号)

オンライン対談 谷川俊太郎×俵万智

最終回は俵さんへ伝説の「33の質問」登場。絶対見逃せない充実の60分

谷川俊太郎×俵万智

連載 エッセイ (2021年6月号)

寺子屋山頭火

祈りと救いをめぐる葛藤。堂守になったが、依然くすぶる山頭火の惑い

連載 イラスト評伝 (2021年6月号)

エピソードで知る種田山頭火

山頭火の人生の一大転換点となった出家。耕畝と改名し修行に励むが

春陽堂書店編集部

連載 動画 (2021年6月号)

待ってました! 黙阿弥歌舞伎への招待

名セリフを彦三郎の朗読とアニメで楽しむ電脳紙芝居「河内山宗俊」

春陽堂書店Web新小説編集部

連載 エッセイ (2021年6月号)

兼好のつれづれ絵草紙

一念発起して覚えたちあきなおみの「喝采」。しかし、楽屋での評判は…

三遊亭兼好

連載 エッセイ (2021年6月号)

俳句で味わう、日本の暮らし

中国の行事と古来習俗が融合した七夕。数多の俳人が詠んだ名句を鑑賞

連載 ウェブ絵巻 (2021年6月号)

漱石クロニクル ―絵で読む夏目漱石の生涯―

28歳の漱石。子規と過ごした松山・愚陀仏庵で大いに句作に熱中する

連載 俳句鑑賞 (2021年6月号)

楸邨山脈の巨人たち

独特な格式が存在感を示す楸邨山脈の代表・森澄雄を鑑賞する第一回

連載 医学ミステリー (2021年6月号)

Dr.よねやまの芸脳生活 芸術家の生き様を医学で考える

自制的な生き方によって独自の芸術を開花させた日本画家・川合玉堂

連載 動画&エッセイ (2021年6月号)

假屋崎省吾の絶品紀行~日々を華麗に彩る~

アジサイ、ハナショウブ、愛犬との散歩、「雨に唄えば」で爽快に!

假屋崎省吾

連載 紀行エッセイ (2021年6月号)

銭湯放浪記

子どもの頃に通った板橋・遠藤湯。淡い恋と少年時代の思い出が蘇る

連載 動画 (2021年6月号)

Dr.よねやまの芸脳生活

泉鏡花の生き方にみる季節と病気の関係~Dr.米山の必見YouTube好評配信中

連載 動画 (2021年6月号)

町田康のパンク山頭火ラヂオ

徒然なるままに山頭火を語る町田版自由律YouTube。注目の第4回配信

Web新小説会員登録はこちら