登録初月は無料、バックナンバー【作家60人、連載回数427回】も読み放題! 会員登録はこちら  今すぐチェックする

  • ホーム
  • バックナンバー
  • 漱石クロニクル ―絵で読む夏目漱石の生涯― 第三回 傑物・変物 金之助―文学者になることを一決

漱石クロニクル ―絵で読む夏目漱石の生涯―

大高郁子

漱石クロニクル

  ―絵で読む夏目漱石の生涯―

大高郁子

第三回 傑物・変物 金之助―文学者になることを一決

明治十六年(一八八三年)十六歳

 五月、正岡常規(子規)、愛媛県立松山中学校を退学し、六月十日、初めて上京する。

 秋頃、金之助は成立学舎(神田区駿河台鈴木町十三番地、現・千代田区神田駿河台二丁目か三崎町一丁目の一部)に入学する。

 金之助の同級には、橋本左五郎(さごろう)、太田達人(たつと)、中川小十郎、佐藤友熊(ともくま)小城斎(こじょうひとし)、先輩には隈本有尚(くまもとありたか)新渡戸稲造(にとべいなぞう)、井上準之助らがいた。

 八月、次兄直則(二十五歳)、東京の電信中央局から岡山電信局へ転勤になる。岡山市内山下(うちさんげ)百三十八番邸(水の手)の片岡(はずみ)の長女小勝(こかつ)(文久三年一八六三年生れ)と結婚し、小勝の実家の隣に新居を構える。当時、直則は夏目家の祖先である臼井(うすい)家(小石川大塚町)の跡を継ぎ、臼井直則と名乗っていた。

 九月頃、金之助は小石川極楽水の際の新福寺(真宗大谷派。小石川区白山御殿町、現・文京区白山三丁目一番二十三号)の二階の二間に、橋本左五郎、石川謙三らと共に下宿。下宿代は二円で、自炊をしながら、大学予備門入学のための準備をした。

 下宿代や成立学舎の費用の多くは養父塩原昌之助が出していたらしい。(関荘一郎「『道草』のモデルと語る記」による推定)

 十月、正岡常規は共立学舎へ入学。高橋是清(これきよ)からパーレーの『萬國史』を習う。また『荘子』の講義に大いに影響を受ける。

明治十七年(一八八四年)十七歳

 一月七日、長兄大助(二十八歳)、家督相続し、夏目家の戸主となる。
 六月~十月二日までの間に、大助は陸軍省文官十等出仕(月給四十五円)に任命される。

 七月、養父塩原昌之助は、塩原金之助名義の家屋(下谷区西町四番地、現・台東区東上野一丁目)を無断売却し、その家屋を買手に明け渡さなかったため、立退き請求の告訴をされる。

登録初月は無料

ここから先をお読みいただくには
会員登録をお願いいたします

登録をすると、創刊号(2020年2月1日号)からのバックナンバーをすべてお読みいただけます。

最新号のコンテンツ

バックナンバー (2022年7月1日号)

オンライン対談 谷川俊太郎×俵万智 バックナンバーの部屋

言葉の達人二人がオンラインでとことん語り合う奇跡の対談動画155分

春陽堂書店Web新小説編集部

特集「今、死生観を問う」 (2022年7月1日号)

山折哲雄ロングインタビュー(前編)

人は今、死をどう迎えるべきか。宗教学者の山折哲雄さん(91)に聞く

特集「今、死生観を問う」 (2022年7月1日号)

それについて書けない

「書ける」のは肉体を持つ生者のみ。「死」を書くとはどういうことか

古川日出男

特集「今、死生観を問う」 (2022年7月1日号)

精神的な成熟そして進化と深化の融合

東欧の軍事侵攻の悲惨さ。精神の「進化」と「深化」の問題を考える時

(2022年7月1日号)

特集とりとめな記

特集で編集者が気付いたあれこれ

特集編集班

連載 エッセイ (2022年7月1日号)

町田康の読み解き山頭火

山頭火の旅と生。こころに響く最終回。ボリュームアップでお届け

連載 (2022年7月1日号)

Looking for 鷗外

森のようなベルリンの生活。パリ、ロダン美術館での「花子」との邂逅

伊藤比呂美

連載 連載小説 (2022年7月1日号)

猛獣ども

夢のようにあかるい池の滸で、不穏な闖入者がかき乱す男女の胸の裡

連載 俳句エッセイ (2022年7月1日号)

アマネク ハイク

幼い息子の素直な問いかけに導かれて、俳句のアイロニーの本質に迫る

連載 猫エッセイ (2022年7月1日号)

Q&A今月の猫じゃらし

猫に薬を飲ませる時、手を傷だらけにした人、いるでしょう?

連載 エッセイ (2022年7月1日号)

兼好のつれづれ絵草紙

一番涼しくしたのは誰だ? 夏の楽屋のひと時でつれづれ絵草紙大団円

三遊亭兼好

連載 ウェブ絵巻 (2022年7月1日号)

漱石クロニクル ―絵で読む夏目漱石の生涯―

文学、そして人生の理想は“則天去私”。漱石49歳、遂に帰らぬ人に…

連載 俳句鑑賞 (2022年7月1日号)

楸邨山脈の巨人たち

「非常口に緑の男いつも逃げ」。人生を象徴的に描く飛旅子、理系の魅力

連載 動画 (2022年7月1日号)

町田康のパンク山頭火ラヂオ

徒然なるままに山頭火を語る町田版自由律YouTube。注目の第4回配信

バックナンバー (2022年7月1日号)

歌舞伎役者.坂東彦三郎朗読動画バックナンバーの部屋

坂東彦三郎が朗読。河竹黙阿弥の歌舞伎狂言12選 絵は辻和子

春陽堂書店Web新小説編集部

バックナンバー (2022年7月1日号)

岡もみじショートショート漫画バックナンバーの部屋

妄想膨らむ楽しい「しおり物語」の世界へようこそ! 全6回一気読み

春陽堂書店Web新小説編集部

バックナンバー (2022年7月1日号)

「芸術家の生き様を医学で考える」米山公啓の部屋

文豪の生き様を知れば今の自分が見えてくる! エッセイと動画で学ぶ

春陽堂書店Web新小説編集部

編集後記 (2022年7月1日号)

気まぐれ編集後記

ゆっくり本を開いて活字は時間をかけて追う。言葉をかみしめて読む

春陽堂書店Web新小説編集部

登録初月は無料

Web新小説会員登録はこちら