登録初月は無料、バックナンバー【作家58人、連載回数416回】も読み放題! 会員登録はこちら  今すぐチェックする

文芸放談 オカタケ走る!

岡崎武志

文芸放談 オカタケ走る!
第1回ゲスト 評論家 小田光雄さん

岡崎武志

枯れゆく古書の森を僕らはいかに再生していくべきか?

文学界を根城に奔走するオカタケこと岡崎武志が、第一線の識者と大いに語らう対談企画。第1回のお相手は『古本屋散策』で第29回Bunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞した小田光雄さん。様変わりする出版・古本業界の裏表を3回連載でたっぷり聞かせていただきます!

撮影:目黒秀綺

小田光雄(おだ・みつお)

評論家、翻訳家。1951年静岡県生まれ。『<郊外>の誕生と死』『郊外の果てへの旅/混住社会論』『図書館逍遥』『書店の近代』『出版状況クロニクルI~V』『古本探究I~III』など出版に関する著書多数。エミール・ゾラ『ルーゴン・マッカール叢書』など、訳書も多い。『古本屋散策』で第29回Bunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞

岡崎武志(おかざき・たけし)

文筆家、書評家。1957年大阪府枚方市生まれ。高校の国語講師、出版社勤務を経て文筆家に。「神保町系ライター」「文庫王」「均一小僧」などの異名でも知られる。『読書の腕前』『女子の古本屋』『上京する文學』『ここが私の東京』『古本道入門』『人生散歩術』など著書多数。近著に『これからはソファーに寝ころんで』

新進気鋭のつもりが最年長に!?

僕と小田さんは、「日本古書通信」という1000号以上続く古書情報誌で連載を持っておりまして、古本に関する著作も多いのに、これまで面識がなかった。同じ農場で働きながら顔を合わせたことがない、みたいな(笑)。小田さんには前々からお目に掛かりたいと思ってたんで、今回はいい機会を頂いたなと。

微妙に関係者がずれてるみたいなところがあるんじゃないですか。つき合っている編集者や出版人も違うから。それと、要するに、僕が基本的に出ないようにしてきた。静岡にひっこんじゃってるでしょう。

それもあるんですよね。古本屋でばったり、ってありそうだけどない。

そうでしょう。だから僕らのことを、古い編集者でも40代だともう知らないと思う。50代以上でないと。だから、ほとんど僕らは旧の出版業界の人間なんですよね。

ええ。そう思います。この10年15年で入れ替えがあって、出版業界も様変わりした気がします。若い人たちに、昔のことをしゃべっていると森繁久彌みたいな気分になってくる(笑)。

だから、エディターっていっても、30代、40代の人は、恐らく岡崎さんが思っておられるのと違うと思いますよ。

なるほどね。僕も、いつまでも新進気鋭(笑)だと思っていたら、いつのまにか集まりで一番歳上になってる。

今回出した『古本屋散策』でも、ずっと近現代の出版史を古本を通して洗い直しながら、そういう新世代の編集人たちに対する批判も込めていろいろ書いてるので、それも敬遠される理由でしょう。

小田さんが1951年生まれで、僕が57年。6年違うと、つまり僕が小学校の6年のとき、もう既に小田さんは大学生だったわけで、その差は大きいと感じます。
1990年以降は、災害以外は時間が停まってしまっている印象がありますが、小田さんが青春期を送った60年代、私の70年代は激動の時代で、やっぱり随分見えてた風景も違うと。

それは実感としてそう思いますね。よく言うんだけど、今、友人たちと会い、気がつくと話してることがみんな半世紀前の話になってるんだよね、よく考えると。

ついこの間のようにしゃべるけども。

登録初月は無料

ここから先をお読みいただくには
会員登録をお願いいたします

登録をすると、創刊号(2020年2月1日号)からのバックナンバーをすべてお読みいただけます。

最新号のコンテンツ

特集「この作家を読もう ──新刊を撃て!」 (2022年6月1日号)

逢坂冬馬氏インタビュー

侵略戦争の過去と現在などを『同志少女よ、敵を撃て』の著者は語る

連載 (2022年6月1日号)

Looking for 鷗外

紆余曲折の末ベルリンへ。未知なる鷗外との邂逅を綴る新連載スタート

伊藤比呂美

連載 書き下ろし連作小説 (2022年6月1日号)

藤沢周・連作小説館⑦ 言問

樹々からのいきれに蘇る父との記憶。これは過去なのか、現在なのか

連載 連載小説 (2022年6月1日号)

猛獣ども

山の中で醸成される噓と絶望。助けを求めて繰り返される、空しい賭け

連載 エッセイ (2022年6月1日号)

町田康の読み解き山頭火

行乞の矛盾と生存の問題に苦しむ山頭火は、草庵に定住することを願う

連載 俳句エッセイ (2022年6月1日号)

アマネク ハイク

鈴木真砂女ゆかりの小料理屋の思い出から「切れ」の魅力を解き明かす

連載 エッセイ (2022年6月1日号)

兼好のつれづれ絵草紙

雨の中会いに来た友を目で追う隠居。「碁敵は憎さも憎し懐かしし」

三遊亭兼好

連載 ウェブ絵巻 (2022年6月1日号)

漱石クロニクル ―絵で読む夏目漱石の生涯―

京都旅行を楽しむも体調は悪化。漱石山房にて、若い門下生らと過ごす

連載 俳句鑑賞 (2022年6月1日号)

楸邨山脈の巨人たち

旅情あふれる沖縄の景色から妻との思い出まで、静かで深い欣一の世界

連載 医学ミステリー (2022年6月1日号)

Dr.よねやまの芸脳生活 芸術家の生き様を医学で考える

最終回は生涯現役の武者小路実篤。大往生は肯定的な生き方の賜物か

連載 エッセイ (2022年6月1日号)

江戸の愛猫

江戸の夏の風物詩、隅田川の夕涼み。猫が舟に乗った団扇絵の秘密とは

連載 猫エッセイ (2022年6月1日号)

Q&A今月の猫じゃらし

突然、飼い猫が手にがぶっと噛みついた! こりゃ一大事と思ったが

連載 動画 (2022年6月1日号)

Dr.よねやまの芸脳生活

「まとめ!明治の芸術家たちの生き様」~Dr.米山のYouTube最終回

連載 動画 (2022年6月1日号)

町田康のパンク山頭火ラヂオ

徒然なるままに山頭火を語る町田版自由律YouTube。注目の第4回配信

バックナンバー (2022年6月1日号)

歌舞伎役者.坂東彦三郎朗読動画バックナンバーの部屋

坂東彦三郎が朗読。河竹黙阿弥の歌舞伎狂言12選 絵は辻和子

春陽堂書店Web新小説編集部

バックナンバー (2022年6月1日号)

岡もみじショートショート漫画バックナンバーの部屋

妄想膨らむ楽しい「しおり物語」の世界へようこそ! 全6回一気読み

編集後記 (2022年6月1日号)

気まぐれ編集後記

筆のさえが際立つ「寺子屋山頭火」。会員登録で繰り返し味わえる喜び

春陽堂書店Web新小説編集部

登録初月は無料

Web新小説会員登録はこちら