岡本行夫「スーパーフィッシュと老ダイバー」希望と感動の最終回  今すぐチェックする

『 文芸放談 オカタケ走る! 』

岡崎武志

文芸放談 オカタケ走る!
第2回ゲスト 作家 奥泉光さん

岡崎武志

奥泉光に聞く 漱石探求の果てしない愉しみ ~その2~

芥川賞作家の奥泉光さんに岡崎武志が迫る第2回。今回は『こころ』を俎上に、奥泉さんが独特のアプローチで切り込みます。読み方次第で名作も万華鏡のように姿を変える? かつて見たことのない夏目漱石に翻弄されること間違いなし!

撮影:隈部周作 取材協力:つばめさぼう

奥泉光(おくいずみ・ひかる)

作家、近畿大学文芸学部教授。1956年山形県生まれ。1986年『地の鳥天の魚群』でデビュー。1993年『ノヴァーリスの引用』で野間文芸新人賞・瞠目反文学賞、1994年『石の来歴』で芥川賞を受賞。その他、2014年『東京自叙伝』で谷崎潤一郎賞など受賞歴多数。2012年より芥川賞選考委員。主な著作に『神器 軍艦「橿原」殺人事件』『シューマンの指』『雪の階』『桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活』など

『「吾輩は猫である」殺人事件』『夏目漱石、読んじゃえば?』『坊ちゃん忍者幕末見聞録』など、夏目漱石をテーマに据えた作品を数多く発表している。いとうせいこうとの共著『漱石漫談』をはじめとする『文芸漫談』も充実

岡崎武志(おかざき・たけし)

文筆家、書評家。1957年大阪府枚方市生まれ。高校の国語講師、出版社勤務を経て文筆家に。「神保町系ライター」「文庫王」「均一小僧」などの異名でも知られる。『読書の腕前』『女子の古本屋』『上京する文學』『ここが私の東京』『古本道入門』『人生散歩術』など著書多数。近著に『これからはソファーに寝ころんで』『明日咲く言葉の種をまこう』ほか

国語教科書の定番『こころ』をどう読む?

教科書から漱石が消える。漱石、鷗外が消える、と随分前から言われていまして、特に2022年に国語指導要領が変わり、高校2年生からの国語が文学と実用国語の選択になる。実用国語は駐車場の契約書の書き方とか、ウェブのメールの書き方とかを教えるようです。そうなれば当然、大学受験のために実用国語を選ぶ人もいるだろうと。と、どうなるか? 一生涯、漱石、鷗外、芥川に触れずにいる人が出てくるんじゃないか。漱石を「そうせき」と読めない子供たちが大量に生まれるんじゃないか。これ、いかがですか?

うーん、ただ僕は、日本のこれまでの国語教育は文学をちょっと偏重し過ぎていたと思うんですよね。近代にはそのことに必然性はあったと思います。なんていうか、国民が持つべき共通感覚みたいなものですね。その育成ツールとして文学が強い力を持っていた。だから教科書なり、教育の場で、文学作品をとりあげることには必然性があった。例えば秋の紅葉を見て、美しいなっていう感覚って、日本人ならたいがいあるじゃないですか。これ、何気ないようですけどね、昔、大学の時にアフリカから来た留学生と山に行ってね、そしたら彼が紅葉を見て「大変なことになってる」と。「木が病気になってる」って言うんですよ(笑)。たしかに落葉樹をそんなに知らない人にとっては、黄色や赤になって枯れてるわけですから。美的感覚は生得的でない文化的感覚なんですね。そういう感覚の共有性っていうのは自然のようだけど、じつは言語的なものだったりする。それは文学を通じて培うのが、有効だったんだと思います。

小林秀雄が『月』っていう随筆の中で、京都の東山かなんかの料亭で外国人と一緒に宴会していて、パッと障子を開けると東山に月がかかっていて、日本人だけがね「おおっ」と歓声を上げたと。すると外国人が「何を言ってるんだろう、ただ月がのぼってるだけじゃないか」と。これと似てますよねえ。月に対する情緒性に、国民性が表れる。

そうなんですよ。そういう感覚は、やはり文学的なもので培われてきている。ただ、『こころ』とかはね、教科書に載せるのはいかがなものかと(笑)。漱石自身が言ってますから。「あれは子供が読むようなものではありません」って。たとえばKの自殺のシーンなんか、血がドバドバ出るスプラッターでしょ。「君に僕の血を浴びせかけよう」なんて烈しい言い方を先生がしたりとかね。

ここから先をお読みいただくには
会員登録が必要です。

最新号のコンテンツ

連載 連載詩 (2021年1月号)

最少の言葉で詩作する試み

自然は語らない、ヒトは混沌にいる。最少の言葉で詩人は今を紡ぎ出す

谷川俊太郎

連載 フォト小説 (2021年1月号)

スーパーフィッシュと老ダイバー

ジョージとハンスはそれぞれの新世界へ。希望と願いに満ちた最終回

連載 連載詩 (2021年1月号)

週末のアルペジオ

温もりが胸に落ち、隅々まで染みていく。目覚めた朝へ踏み出すために

三角みづ紀

連載 エッセイ (2021年1月号)

寺子屋山頭火

近親者の死と銭の苦しみ、不安定な精神を抱える山頭火を大震災が襲う

連載 イラスト評伝 (2021年1月号)

エピソードで知る種田山頭火

母親と弟の自殺、実家破産。山頭火を見舞う悲劇の連鎖が句作の源泉に

春陽堂書店編集部

連載 エッセイ (2021年1月号)

俳句で味わう、日本の暮らし

節分は旧暦新年・立春の前日。豆撒で邪鬼を祓う情感豊かな名句を鑑賞

連載 回想記 (2021年1月号)

旅する少年

キャロル、ほんやら洞、わいせつ裁判、思春期とSLラストラン撮影行

連載 医学ミステリー (2021年1月号)

Dr.よねやまの芸脳生活 芸術家の生き様を医学で考える

19歳で医学部を卒業した早熟の天才・森鷗外のエリートならではの苦悩

連載 動画&エッセイ (2021年1月号)

假屋崎省吾の絶品紀行~日々を華麗に彩る~

素材により表情が異なる花器。自由な発想で向き合うのがカーリィ―流

假屋崎省吾

連載 スポーツ随想録 (2021年1月号)

スポーツは文芸をどのように彩ってきたか

国の理想が揺らぐ時代の破天荒小説・ロス『素晴らしいアメリカ野球』

連載 妖異譚 (2021年1月号)

鬼ものがたり

燭台の灯りに浮かんだ小中将君。それは亡くなる直前の美しいまぼろし

連載 アート&エッセイ (2021年1月号)

伝統と破壊の哲学

トンボが水面に卵を産むように、僕は世界に自分の作品を産みつける

連載 新人デビュー小説 (2021年1月号)

愛のレシピ:23歳

たくさんの出会いと別れ、愛が育んだ味。私をつくった23年分のレシピ

連載 動画 (2021年1月号)

Dr.よねやまの芸脳生活

「森鷗外の生き方にみる医学界の学閥」Dr.の必見YouTube好評配信中

連載 動画 (2021年1月号)

町田康のパンク山頭火ラヂオ

徒然なるままに山頭火を語る町田版自由律YouTube。注目の第2回配信

Web新小説会員登録はこちら