キャンペーン情報やWeb新小説の裏話も!公式Twitterはこちら  今すぐチェックする

  • ホーム
  • コンテンツ
  • 假屋崎省吾の絶品紀行~日々を華麗に彩る~ 第4回 春爛漫! お花見

『 假屋崎省吾の絶品紀行~日々を華麗に彩る~ 』

假屋崎省吾

会員の方はフルバージョンの動画がご覧いただけます。

假屋崎省吾の絶品紀行

~日々を華麗カーリィーに彩る~


假屋崎省吾


第4回

春爛漫! お花見


つぼみが膨らみ、早春を彩る


三月は芽吹きの季節。旧暦の三月は、「木草弥きくさいやしげる」から「弥生やよい」と呼ばれるようになったとも言われています。晩秋に葉を落とし、茶色の枝だけになって冬を越えた裸木に、つぼみが一つ一つ現れ、ゆっくりと膨らみ続け、明るい陽気の中でいっせいに花開いてゆく……。自然の素晴らしさへの感動は、厳しい冬に耐えてきた心を和ませ、新しい季節の喜びをもたらします。

先駆けとなる黄色のロウバイや、白・ピンク・紅の梅の花、淡紅色の沈丁花、ゴールデンイエローの小花をたわわにつけたミモザ(ギンヨウアカシア)は、開花とともに甘い香りを味わうことも。やがて、枝いっぱいに散らばせた線香花火みたいな黄色い花をつけるサンシュユ、低木のレンギョウも鮮やかな黄色い花を咲かせます。どうやら、早春の彩りは、まず黄色の花たちから始まっていくようです。

そして、三月三日は桃の節句の雛祭り。童謡にも「お花をあげましょ」(サトウハチロー作詞「うれしいひなまつり」より)と歌われているけれど、実は、桃の花が見頃になるのは旧暦の三月上旬(新暦では三月下旬~四月頃)のこと。もう少し先の桃のお花見を心待ちにしながら、お花屋さんで買ってきた桃の花を飾って、季節の行事に彩りを添えましょう。

雛人形に桃の節句のアレンジを添えて(撮影 増田伸也)


庭や公園の花木を愛でる

ここから先をお読みいただくには
会員登録が必要です。

最新号のコンテンツ

連載 エッセイ (2021年8月号)

俳句で味わう、日本の暮らし

菊の節句と親しまれる重陽。暮らしと共にある名句を味わう連載最終回

連載 連載詩 (2021年8月号)

最少の言葉で詩作する試み

波立つ海、青空。よじらずにほぐさずに私は、目を閉じて何を見るのか

谷川俊太郎

連載 連載詩 (2021年8月号)

週末のアルペジオ

乱立した木々のなかを走り続ける、たどりついた先には何が見えるのか

三角みづ紀

連載 書き下ろし連作小説 (2021年8月号)

藤沢周・連作小説館② 無宿

鎌倉の山を彷徨い辿り着いた寺。佐渡・無宿人の墓の記憶が鮮烈に蘇る

連載 イラスト評伝 (2021年8月号)

エピソードで知る種田山頭火

破天荒であるがゆえに、人間的な魅力と才能で山頭火は人々に愛された

春陽堂書店編集部

連載 対談型インタビュー (2021年8月号)

比呂美の庭

詩人が被る仮面、創作とは? 刺激に満ちた対話型インタビュー最終回

伊藤比呂美

連載 動画 (2021年8月号)

待ってました! 黙阿弥歌舞伎への招待

坂東彦三郎の朗読とGIFアニメで楽しむ電脳紙芝居第5弾「加賀鳶」

春陽堂書店Web新小説編集部

連載 エッセイ (2021年8月号)

兼好のつれづれ絵草紙

ま、ぴえん、ぱねっす。若者言葉の稽古中にすごい御仁が現れた?

三遊亭兼好

連載 ウェブ絵巻 (2021年8月号)

漱石クロニクル ―絵で読む夏目漱石の生涯―

漱石34歳。ロンドンでの不便な生活に戸惑いながら日本の将来を想う

連載 俳句鑑賞 (2021年8月号)

楸邨山脈の巨人たち

先立った妻への哀惜、生死を超えた相思相愛。凄みが滲む森澄雄の世界

連載 医学ミステリー (2021年8月号)

Dr.よねやまの芸脳生活 芸術家の生き様を医学で考える

潔癖症で喫煙家だった泉鏡花。病を引き寄せたのはその生活習慣だった

連載 動画&エッセイ (2021年8月号)

假屋崎省吾の絶品紀行~日々を華麗に彩る~

夏と言えば煌めく花火。いけばなにインスピレーションを与えてくれる

假屋崎省吾

連載 紀行エッセイ (2021年8月号)

銭湯放浪記

ぶらり訪ねた学生街の銭湯。そこで知った銭湯経営者の意外な共通点は

連載 動画 (2021年8月号)

Dr.よねやまの芸脳生活

免疫の話~泉鏡花の生き方にみる~Dr.米山の必見YouTube第14弾

連載 動画 (2021年8月号)

町田康のパンク山頭火ラヂオ

徒然なるままに山頭火を語る町田版自由律YouTube。注目の第4回配信

Web新小説会員登録はこちら