岡本行夫「スーパーフィッシュと老ダイバー」希望と感動の最終回  今すぐチェックする

  • ホーム
  • コンテンツ
  • Dr.よねやまの芸脳生活 芸術家の生き様を医学で考える 第一回 島村抱月とスペイン風邪 ①

『 Dr.よねやまの芸脳生活 芸術家の生き様を医学で考える 』

米山公啓

Dr.よねやまの芸脳生活

芸術家の生き様を医学で考える

米山公啓

第一回 島村抱月とスペイン風邪 ①

挿画 米山公啓

遭遇に向かって

人は死ぬ。そして、死には原因がある。医学はその原因を突き止め、それを予防に使ってきた。それは科学的視点で見つけ出され、発症のリスクと定義され、いかにリスクを抑えるかが、病気の予防ということになる。

喫煙者には肺がんが多く、塩分の取り過ぎは胃がんのリスクとなる。しかし、医学はそれ以上、踏み込むことはない。

なぜその人が喫煙をしなければいけなかったのか、その人の生き方と病気のつながりまでは考えない。なぜ塩辛いものを好んだのか、生まれた地域の問題なのか、親の食事の影響なのか、そこまで調べることはない。

なぜならそういった因子は、科学というより、文学的あるいは情緒的な問題となって、曖昧な部分が多くなってしまうからだ。

しかし、著名人の死となると、私たちは医学や科学的な見方だけでなく、その人の生き方に興味を持つのではないだろうか。なぜ、そんなに若い年齢で死んでしまったのか、とか。つまり、著名人や芸術家の生き方に興味を持てば、死に至った本当の理由を知りたくなる。それがその人の人生全体を知り、作品の理解に役立つからであろう。

冷酷な言い方をすれば、死の原因としての病気は、その人の生き方の結果である。アメリカの人気テレビドラマ、「ER」の原作者で知られるマイケル・クライトンは医学部を卒業して、すぐに作家に転じた。彼は『トラヴェルズ』というエッセイで「我々が病気を引き起こす。我々は自分の身に起きるあらゆる病気に対して直接責任があるのだ」と書いている。

別な見方をすれば、我々は常に選択して生きている。右へ行く、左へ行く、それを食べる、食べない、ある人に会う、会わない、そういった偶然あるいは必然が、その人の生き方に影響して、最終的には病気の発症につながっていくのではないだろうか。

病跡学という精神医学の視点で、著名人の解析はずっと行われてきた。

ここではそういった精神的な要因より、

ここから先をお読みいただくには
会員登録が必要です。

最新号のコンテンツ

連載 連載詩 (2021年1月号)

最少の言葉で詩作する試み

自然は語らない、ヒトは混沌にいる。最少の言葉で詩人は今を紡ぎ出す

谷川俊太郎

連載 フォト小説 (2021年1月号)

スーパーフィッシュと老ダイバー

ジョージとハンスはそれぞれの新世界へ。希望と願いに満ちた最終回

連載 連載詩 (2021年1月号)

週末のアルペジオ

温もりが胸に落ち、隅々まで染みていく。目覚めた朝へ踏み出すために

三角みづ紀

連載 エッセイ (2021年1月号)

寺子屋山頭火

近親者の死と銭の苦しみ、不安定な精神を抱える山頭火を大震災が襲う

連載 イラスト評伝 (2021年1月号)

エピソードで知る種田山頭火

母親と弟の自殺、実家破産。山頭火を見舞う悲劇の連鎖が句作の源泉に

春陽堂書店編集部

連載 エッセイ (2021年1月号)

俳句で味わう、日本の暮らし

節分は旧暦新年・立春の前日。豆撒で邪鬼を祓う情感豊かな名句を鑑賞

連載 回想記 (2021年1月号)

旅する少年

キャロル、ほんやら洞、わいせつ裁判、思春期とSLラストラン撮影行

連載 医学ミステリー (2021年1月号)

Dr.よねやまの芸脳生活 芸術家の生き様を医学で考える

19歳で医学部を卒業した早熟の天才・森鷗外のエリートならではの苦悩

連載 動画&エッセイ (2021年1月号)

假屋崎省吾の絶品紀行~日々を華麗に彩る~

素材により表情が異なる花器。自由な発想で向き合うのがカーリィ―流

假屋崎省吾

連載 スポーツ随想録 (2021年1月号)

スポーツは文芸をどのように彩ってきたか

国の理想が揺らぐ時代の破天荒小説・ロス『素晴らしいアメリカ野球』

連載 妖異譚 (2021年1月号)

鬼ものがたり

燭台の灯りに浮かんだ小中将君。それは亡くなる直前の美しいまぼろし

連載 アート&エッセイ (2021年1月号)

伝統と破壊の哲学

トンボが水面に卵を産むように、僕は世界に自分の作品を産みつける

連載 新人デビュー小説 (2021年1月号)

愛のレシピ:23歳

たくさんの出会いと別れ、愛が育んだ味。私をつくった23年分のレシピ

連載 動画 (2021年1月号)

Dr.よねやまの芸脳生活

「森鷗外の生き方にみる医学界の学閥」Dr.の必見YouTube好評配信中

連載 動画 (2021年1月号)

町田康のパンク山頭火ラヂオ

徒然なるままに山頭火を語る町田版自由律YouTube。注目の第2回配信

Web新小説会員登録はこちら