谷川俊太郎×三角みづ紀スペシャルオンライン対談と朗読公開中!  今すぐチェックする

『 旅する少年 』

黒川創

旅する少年

黒川創

7 吹雪がやむとき

私は、一九六一年六月に京都市内で生まれ、地元に育った。一方、母の実家は東京・荻窪で、ここにも幼時から母に連れられ滞在したり、私一人で長期間預けられたりもしたので、中央線沿線の風景などには親しみがあった。だが、一人旅を重ねるにつれ、夜行列車などの起点として上野駅を利用するようになると、この駅の佇まいが、自分の馴染んできた「京都駅」や「東京駅」の雰囲気とは大きく違うことに、驚いた。

「終着駅」という言葉がある。英語だと terminal あるいは terminal stationで、主に都市の主要駅をさしている。機能的には、これらの駅は「始発」駅でもあるのだが、なぜだか、もっぱら「終着ターミナル」と呼ぶ。なぜなのか? それは、ヨーロッパなどのこうした駅では、多くが「櫛形プラットホーム」と呼ばれる構造を持つからではないか。つまり、線路は、文字通り、このホームで「行き止まり」なのである。だから、降り立つときには、 「終着」の心象が強くなる。

上野駅は、日本の都市圏の駅には珍しく、広い櫛形プラットホーム(東北方面に向かう長距離列車の乗り場、一四番線から二〇番線)を持つ駅だった。正面の改札口前に、ドーム状の大きなコンコースを備えているのも、本格的な「終着駅」にふさわしい。東京駅も京都駅も、こうした構造を備えていない。

ふるさとのなまりなつかし

  停車場の人ごみの中に

  そを聞きにゆく

明治末、啄木が上野駅をうたった時代から、ここは、同じ旅愁を漂わせる駅として続いてきた。その面影は、いまもいくばくか残るのではないか。

上野駅近くの薄暗い大衆的な食堂のショーケースに、当時、「餃子定食 四五〇円」などと書かれた蝋細工の

ここから先をお読みいただくには
会員登録が必要です。

最新号のコンテンツ

連載 エッセイ (2020年11月号)

寺子屋山頭火

生涯を通じて山頭火の人格に影響を及ぼした、幼い頃の衝撃的な出来事

連載 動画 (2020年11月号)

オンライン対談「詩人が語る今」

60分スペシャル番組谷川×三角オンライン対談と朗読「詩人が語る今」

谷川俊太郎×三角みづ紀

連載 連載詩 (2020年11月号)

最少の言葉で詩作する試み

言葉の氾濫へのアンチテーゼか。詩人が語りかけるミニマムの言葉

谷川俊太郎

連載 連載詩 (2020年11月号)

週末のアルペジオ

私たちはみな待っている。ひそかに紡がれた変化が、静かに芽吹く日を

三角みづ紀

連載 フォト小説 (2020年11月号)

スーパーフィッシュと老ダイバー

クララにもういちど会いたい。ハンスが叫ぶと海に鮮やかな色が蘇った

連載 エッセイ (2020年11月号)

俳句で味わう、日本の暮らし

煤払、松迎え、餅つき、年木樵。着々と進む正月準備を歌う句を鑑賞

連載 回想記 (2020年11月号)

旅する少年

極寒の大地の洗礼を受けながらも「傷だらけの天使」最終回を見る

連載 医学ミステリー (2020年11月号)

Dr.よねやまの芸脳生活 芸術家の生き様を医学で考える

人間関係が人生を変える。幸運を運ぶ一方、命取りとなった漱石の人脈

連載 スポーツ随想録 (2020年11月号)

スポーツは文芸をどのように彩ってきたか

沢木耕太郎の活躍がスポーツ・ノンフィクションに新たな時代を拓いた

連載 妖異譚 (2020年11月号)

鬼ものがたり

誘われるまま入った庵で交わった女。彼女が一人語る恐ろしい告白……

連載 アート&エッセイ (2020年11月号)

伝統と破壊の哲学

出口さんが黒い紙に描いた赤い雪だるま。すごいぞ! 僕は歓喜した

連載 新人デビュー小説 (2020年11月号)

愛のレシピ:23歳

どん底から救い上げてくれる魔法のスープ、玉子雑炊に込められた想い

連載 動画 (2020年11月号)

Dr.よねやまの芸脳生活

「漱石に学ぶ病気と運」Dr.の必見役立ちレクチャー好評配信中

連載 動画 (2020年11月号)

町田康のパンク山頭火ラヂオ

徒然なるままに山頭火を語る町田版自由律YouTube。必見の第2弾

Web新小説会員登録はこちら