【登録初月無料】8/31まで新規登録でAmazonギフト券が当たる!  今すぐチェックする

『 旅する少年 』

黒川創

旅する少年

黒川創

7 吹雪がやむとき

私は、一九六一年六月に京都市内で生まれ、地元に育った。一方、母の実家は東京・荻窪で、ここにも幼時から母に連れられ滞在したり、私一人で長期間預けられたりもしたので、中央線沿線の風景などには親しみがあった。だが、一人旅を重ねるにつれ、夜行列車などの起点として上野駅を利用するようになると、この駅の佇まいが、自分の馴染んできた「京都駅」や「東京駅」の雰囲気とは大きく違うことに、驚いた。

「終着駅」という言葉がある。英語だと terminal あるいは terminal stationで、主に都市の主要駅をさしている。機能的には、これらの駅は「始発」駅でもあるのだが、なぜだか、もっぱら「終着ターミナル」と呼ぶ。なぜなのか? それは、ヨーロッパなどのこうした駅では、多くが「櫛形プラットホーム」と呼ばれる構造を持つからではないか。つまり、線路は、文字通り、このホームで「行き止まり」なのである。だから、降り立つときには、 「終着」の心象が強くなる。

上野駅は、日本の都市圏の駅には珍しく、広い櫛形プラットホーム(東北方面に向かう長距離列車の乗り場、一四番線から二〇番線)を持つ駅だった。正面の改札口前に、ドーム状の大きなコンコースを備えているのも、本格的な「終着駅」にふさわしい。東京駅も京都駅も、こうした構造を備えていない。

ふるさとのなまりなつかし

  停車場の人ごみの中に

  そを聞きにゆく

明治末、啄木が上野駅をうたった時代から、ここは、同じ旅愁を漂わせる駅として続いてきた。その面影は、いまもいくばくか残るのではないか。

上野駅近くの薄暗い大衆的な食堂のショーケースに、当時、「餃子定食 四五〇円」などと書かれた蝋細工の

ここから先をお読みいただくには
会員登録が必要です。

最新号のコンテンツ

連載 書き下ろし連作小説 (2021年6月号)

眼帯の下

本誌初の本格的小説。物語の炎は揺らめき、記憶の本質を解き明かす

連載 対話型インタビュー (2021年6月号)

比呂美の庭

注目の対話型インタビュー連載開始。詩人は如何に〆切を突破するのか

伊藤比呂美

連載 連載詩 (2021年6月号)

最少の言葉で詩作する試み

雨が降っている。紫陽花が生きているように、言葉も私も生きている

谷川俊太郎

連載 連載詩 (2021年6月号)

週末のアルペジオ

くちなしの香りにいざなわれて、よみがえる儚く甘い記憶、音、名前

三角みづ紀

連載 動画 (2021年6月号)

オンライン対談 谷川俊太郎×俵万智

最終回は俵さんへ伝説の「33の質問」登場。絶対見逃せない充実の60分

谷川俊太郎×俵万智

連載 エッセイ (2021年6月号)

寺子屋山頭火

祈りと救いをめぐる葛藤。堂守になったが、依然くすぶる山頭火の惑い

連載 イラスト評伝 (2021年6月号)

エピソードで知る種田山頭火

山頭火の人生の一大転換点となった出家。耕畝と改名し修行に励むが

春陽堂書店編集部

連載 動画 (2021年6月号)

待ってました! 黙阿弥歌舞伎への招待

名セリフを彦三郎の朗読とアニメで楽しむ電脳紙芝居「河内山宗俊」

春陽堂書店Web新小説編集部

連載 エッセイ (2021年6月号)

兼好のつれづれ絵草紙

一念発起して覚えたちあきなおみの「喝采」。しかし、楽屋での評判は…

三遊亭兼好

連載 エッセイ (2021年6月号)

俳句で味わう、日本の暮らし

中国の行事と古来習俗が融合した七夕。数多の俳人が詠んだ名句を鑑賞

連載 ウェブ絵巻 (2021年6月号)

漱石クロニクル ―絵で読む夏目漱石の生涯―

28歳の漱石。子規と過ごした松山・愚陀仏庵で大いに句作に熱中する

連載 俳句鑑賞 (2021年6月号)

楸邨山脈の巨人たち

独特な格式が存在感を示す楸邨山脈の代表・森澄雄を鑑賞する第一回

連載 医学ミステリー (2021年6月号)

Dr.よねやまの芸脳生活 芸術家の生き様を医学で考える

自制的な生き方によって独自の芸術を開花させた日本画家・川合玉堂

連載 動画&エッセイ (2021年6月号)

假屋崎省吾の絶品紀行~日々を華麗に彩る~

アジサイ、ハナショウブ、愛犬との散歩、「雨に唄えば」で爽快に!

假屋崎省吾

連載 紀行エッセイ (2021年6月号)

銭湯放浪記

子どもの頃に通った板橋・遠藤湯。淡い恋と少年時代の思い出が蘇る

連載 動画 (2021年6月号)

Dr.よねやまの芸脳生活

泉鏡花の生き方にみる季節と病気の関係~Dr.米山の必見YouTube好評配信中

連載 動画 (2021年6月号)

町田康のパンク山頭火ラヂオ

徒然なるままに山頭火を語る町田版自由律YouTube。注目の第4回配信

Web新小説会員登録はこちら