登録初月は無料!バックナンバーも読み放題!会員登録はこちら  今すぐチェックする

『 俳句で味わう、日本の暮らし 』

黛まどか

俳句で味わう、日本の暮らし

黛まどか

第十三回 上巳

五節句の一つで、もともと古代中国では、陰暦三月最初の巳の日を節日とし、水辺で禊を行った。後に「三日」と定め、「上巳じょうしの節句」となった。(「上巳じょうみ」「元巳げんし」「重三ちょうさん」)。

水辺での禊は、宮中で「曲水の宴」に発展。日本に伝播したのは五世紀末で、顕宗天皇一(四八五)年三月三日。後苑で曲水の宴が行われたことが『日本書紀』に記されている。

天平勝宝二(七五〇)年三月三日、大伴家持は、赴任先の越中の館で曲水の宴を催した。『万葉集』には次の歌を残している。

漢人も筏浮べて遊ぶとふ今日そわが背子花蘰せよ

『万葉集』(巻十九 四一五三)

また、上巳の禊の風習はその後、人形ひとがたで自分の身体を撫でて穢れを移し、これを川や海に流して厄を祓う行事になった。後にこの人形が雛人形へと変わり、室町時代から雛祭となった。さらに女児の成長と幸福を祈り、雛段を設けて、人形や調度品、菱餅、白酒、桃の花などを供える行事へと変化した。

上巳の頃は桃の花の季節なので、「桃の節句」とも呼ばれる。桃は古来邪気を祓う仙木とされていたため、桃の花を飾ったり、桃の花を浮かべた酒を飲んだりして邪気を払う。現在は新暦の三月三日に行うところが多いが、その頃はまだ桃が咲いていないため、旧暦で行うところも少なくない。七十二候の「桃始笑ももはじめてさく」は三月十一日~十五日頃。

飾られて眠らぬ雛となり給ふ

五所平之助

登録初月は無料

ここから先をお読みいただくには
会員登録をお願いいたします

登録をすると、創刊号(2020年2月1日号)からのバックナンバーをすべてお読みいただけます。

最新号のコンテンツ

巻頭特別寄稿 ≪今、感じねばならぬ時≫ (2022年1月1日号)

肉の森

幼年期、番台から眺めた裸の人間。欠損した骨と肉の切断面に視たもの

特集「コロナ禍、真実が見えますか」 (2022年1月1日号)

コロナ禍、路上の「野戦病院」

貧困の現場を目撃してきた活動家が伝える、コロナ禍の切実な生の声

連載 連載詩 (2022年1月1日号)

週末のアルペジオ

昨日ではなく、明日でもない、ただこの瞬間をたくましく生きるために

三角みづ紀

連載 連載小説 (2022年1月1日号)

猛獣ども

手作り弁当から手繰られる男女。かけひきか、運命か、そして事件は?

連載 エッセイ (2022年1月1日号)

町田康の読み解き山頭火

どうしようもなさから逃れ切れない山頭火を絶句に至らしめたものは?

連載 ショートショート漫画 (2022年1月1日号)

しおり物語

いちごジャム8個? 一枚の買い物メモに妄想膨らむほっこりなお正月

連載 動画 (2022年1月1日号)

待ってました! 黙阿弥歌舞伎への招待

悪党二人が仕掛ける江戸城御金蔵破りの実録物・電脳紙芝居「四千両」

春陽堂書店Web新小説編集部

連載 エッセイ (2022年1月1日号)

兼好のつれづれ絵草紙

お目出たくてワクワクする初席。お約束の、師匠元日の一言で笑い初め

三遊亭兼好

連載 ウェブ絵巻 (2022年1月1日号)

漱石クロニクル ―絵で読む夏目漱石の生涯―

是公の勧めで満州に渡った漱石。旧友たちが次々と訪れ満韓を巡遊する

連載 俳句鑑賞 (2022年1月1日号)

楸邨山脈の巨人たち

虚子に傾倒した川崎展宏の第一回。「寒雷」では異端だった視点を鑑賞

連載 医学ミステリー (2022年1月1日号)

Dr.よねやまの芸脳生活 芸術家の生き様を医学で考える

生来の能力の高さから若くして活躍。やがて目的を見失った芥川龍之介

連載 紀行エッセイ (2022年1月1日号)

銭湯放浪記

最終回は佃島の銭湯。震災と空襲を逃れ、江戸情緒と心意気を今に残す

連載 動画 (2022年1月1日号)

Dr.よねやまの芸脳生活

気遣い手紙で仕事がうまくいく~Dr.米山の必見レクチャー第19弾

連載 動画 (2022年1月1日号)

町田康のパンク山頭火ラヂオ

徒然なるままに山頭火を語る町田版自由律YouTube。注目の第4回配信

登録初月は無料

Web新小説会員登録はこちら