【無料公開3/15(月)まで】震災から10年―いま、ここに、詩の言葉を  今すぐチェックする

『 俳句で味わう、日本の暮らし 』

黛まどか

俳句で味わう、日本の暮らし

黛まどか

第十三回 上巳

五節句の一つで、もともと古代中国では、陰暦三月最初の巳の日を節日とし、水辺で禊を行った。後に「三日」と定め、「上巳じょうしの節句」となった。(「上巳じょうみ」「元巳げんし」「重三ちょうさん」)。

水辺での禊は、宮中で「曲水の宴」に発展。日本に伝播したのは五世紀末で、顕宗天皇一(四八五)年三月三日。後苑で曲水の宴が行われたことが『日本書紀』に記されている。

天平勝宝二(七五〇)年三月三日、大伴家持は、赴任先の越中の館で曲水の宴を催した。『万葉集』には次の歌を残している。

漢人も筏浮べて遊ぶとふ今日そわが背子花蘰せよ

『万葉集』(巻十九 四一五三)

また、上巳の禊の風習はその後、人形ひとがたで自分の身体を撫でて穢れを移し、これを川や海に流して厄を祓う行事になった。後にこの人形が雛人形へと変わり、室町時代から雛祭となった。さらに女児の成長と幸福を祈り、雛段を設けて、人形や調度品、菱餅、白酒、桃の花などを供える行事へと変化した。

上巳の頃は桃の花の季節なので、「桃の節句」とも呼ばれる。桃は古来邪気を祓う仙木とされていたため、桃の花を飾ったり、桃の花を浮かべた酒を飲んだりして邪気を払う。現在は新暦の三月三日に行うところが多いが、その頃はまだ桃が咲いていないため、旧暦で行うところも少なくない。七十二候の「桃始笑ももはじめてさく」は三月十一日~十五日頃。

飾られて眠らぬ雛となり給ふ

五所平之助

ここから先をお読みいただくには
会員登録が必要です。

最新号のコンテンツ

詩と朗読動画 (2021年3月号)

いま、ここに、詩の言葉を ――東日本大震災から10年

東日本大震災から10年。10の詩と朗読が言葉と記憶を未来へとつなぐ

春陽堂書店Web新小説編集部

連載 連載詩 (2021年3月号)

最少の言葉で詩作する試み

朝に夕暮れに言葉が現れる。天と地の隙間で言葉は枝先に留まっている

谷川俊太郎

連載 連載詩 (2021年3月号)

週末のアルペジオ

愛おしく、ひたむきに、整え重ねられた日々。そしてまた、春がめぐる

三角みづ紀

連載 エッセイ (2021年3月号)

寺子屋山頭火

自分に耐えられず大酒を飲む山頭火。酔った挙句、電車の前に仁王立ち

連載 イラスト評伝 (2021年3月号)

エピソードで知る種田山頭火

酒に溺れる壮絶な生涯。禁酒を誓う一方で、大酒を止められない山頭火

春陽堂書店編集部

連載 エッセイ (2021年3月号)

俳句で味わう、日本の暮らし

灌仏会は釈尊誕生を祝して行う法会のこと。寺々に喜びの景色が広がる

連載 ウェブ絵巻 (2021年3月号)

漱石クロニクル ―絵で読む夏目漱石の生涯―

漢籍や文学に夢中で、英語は大嫌いだった。迷い多き十代の夏目漱石

連載 回想記 (2021年3月号)

旅する少年

本土復帰した沖縄へ。那覇、八重山諸島、基地と海と3枚のTシャツ

連載 エッセイ (2021年3月号)

兼好のつれづれ絵草紙

落語でもおなじみの「はばかり=厠」をめぐって、噺家たちが喧々囂々

三遊亭兼好

連載 俳句鑑賞 (2021年3月号)

楸邨山脈の巨人たち

金子兜太から始動。孫弟子が俳人加藤楸邨の系譜を辿る愛ある俳句鑑賞

連載 医学ミステリー (2021年3月号)

Dr.よねやまの芸脳生活 芸術家の生き様を医学で考える

文学者の業績と軍医としての後悔。森鷗外の死は最後の自己表現なのか

連載 動画&エッセイ (2021年3月号)

假屋崎省吾の絶品紀行~日々を華麗に彩る~

梅、桃、そして桜を待ち望む春。カーリィー先生のお花見の穴場も紹介

假屋崎省吾

連載 スポーツ随想録 (2021年3月号)

スポーツは文芸をどのように彩ってきたか

なぜ野球はスポーツ文学の王者たりえたのか? 数々の名作が語る魅力

連載 妖異譚 (2021年3月号)

鬼ものがたり

おもいびとと一夜を過ごしたお堂に長い髪と白い衣裳の女が現れて……

連載 紀行エッセイ (2021年3月号)

銭湯放浪記

弘前の繁華街で見つけた、その名も娯楽湯。人情味溢れる接客に感激

連載 動画 (2021年3月号)

Dr.よねやまの芸脳生活

「安楽死とは~森鷗外の生き方にみる」Dr.の必見YouTube好評配信中

連載 動画 (2021年3月号)

町田康のパンク山頭火ラヂオ

徒然なるままに山頭火を語る町田版自由律YouTube。注目の第2回配信

Web新小説会員登録はこちら