岡本行夫「スーパーフィッシュと老ダイバー」希望と感動の最終回  今すぐチェックする

『 旅する少年 』

黒川創

旅する少年

黒川創

9 思春期を持て余す

父が、ひとの訃報に接したときに示した反応を、いくつか覚えている。

三島由紀夫らの自決は一九七〇年一一月、私が九歳のときだった。その死が報じられた当夜だったか。父が、函入りの〈豊穣の海〉(そのとき既刊の『春の海』『奔馬』『暁の寺』)など、三島の著作をどさっと買ってきて、食卓に積み上げた。面ざしが、心なしか紅潮して見えたのを覚えている。

作家で中国文学研究者の高橋和己が三九歳で早世したのは、その翌年、七一年五月である。父は、帰宅するなり、茫然と、

「高橋和己が死んだ」

と言った。京都ベ平連(ベトナムに平和を! 市民連合)などの関係で、高橋と父はいくらか面識があったはずである。

小学校四年生の私は、これを聞き、

「え、タカハシカズミが死んだ!?

と、ひどく驚いた。プロ野球の熱心なファンだった私は、ジャイアンツの左腕のエース高橋一三かずみが死んでしまったのかと、ショックを受けたのだった。

つまり、タカハシカズミという有名人は、高橋和己と高橋一三、当時二人いたのである。私は、このとき、初めて、それを知った。そういえば、たいして野球に興味があるわけでもない父と母が、ときどき「タカハシカズミが……」と真顔で口にするので、どうもおかしいなと思っていた。あれは「高橋和己」のほうだったのだな。

身近な町での死についても、父は書いている。

ここから先をお読みいただくには
会員登録が必要です。

最新号のコンテンツ

連載 連載詩 (2021年1月号)

最少の言葉で詩作する試み

自然は語らない、ヒトは混沌にいる。最少の言葉で詩人は今を紡ぎ出す

谷川俊太郎

連載 フォト小説 (2021年1月号)

スーパーフィッシュと老ダイバー

ジョージとハンスはそれぞれの新世界へ。希望と願いに満ちた最終回

連載 連載詩 (2021年1月号)

週末のアルペジオ

温もりが胸に落ち、隅々まで染みていく。目覚めた朝へ踏み出すために

三角みづ紀

連載 エッセイ (2021年1月号)

寺子屋山頭火

近親者の死と銭の苦しみ、不安定な精神を抱える山頭火を大震災が襲う

連載 イラスト評伝 (2021年1月号)

エピソードで知る種田山頭火

母親と弟の自殺、実家破産。山頭火を見舞う悲劇の連鎖が句作の源泉に

春陽堂書店編集部

連載 エッセイ (2021年1月号)

俳句で味わう、日本の暮らし

節分は旧暦新年・立春の前日。豆撒で邪鬼を祓う情感豊かな名句を鑑賞

連載 回想記 (2021年1月号)

旅する少年

キャロル、ほんやら洞、わいせつ裁判、思春期とSLラストラン撮影行

連載 医学ミステリー (2021年1月号)

Dr.よねやまの芸脳生活 芸術家の生き様を医学で考える

19歳で医学部を卒業した早熟の天才・森鷗外のエリートならではの苦悩

連載 動画&エッセイ (2021年1月号)

假屋崎省吾の絶品紀行~日々を華麗に彩る~

素材により表情が異なる花器。自由な発想で向き合うのがカーリィ―流

假屋崎省吾

連載 スポーツ随想録 (2021年1月号)

スポーツは文芸をどのように彩ってきたか

国の理想が揺らぐ時代の破天荒小説・ロス『素晴らしいアメリカ野球』

連載 妖異譚 (2021年1月号)

鬼ものがたり

燭台の灯りに浮かんだ小中将君。それは亡くなる直前の美しいまぼろし

連載 アート&エッセイ (2021年1月号)

伝統と破壊の哲学

トンボが水面に卵を産むように、僕は世界に自分の作品を産みつける

連載 新人デビュー小説 (2021年1月号)

愛のレシピ:23歳

たくさんの出会いと別れ、愛が育んだ味。私をつくった23年分のレシピ

連載 動画 (2021年1月号)

Dr.よねやまの芸脳生活

「森鷗外の生き方にみる医学界の学閥」Dr.の必見YouTube好評配信中

連載 動画 (2021年1月号)

町田康のパンク山頭火ラヂオ

徒然なるままに山頭火を語る町田版自由律YouTube。注目の第2回配信

Web新小説会員登録はこちら