キャンペーン情報やWeb新小説の裏話も!公式Twitterはこちら  今すぐチェックする

『 町田康のパンク山頭火ラヂオ 』

町田康

『Web新小説』で、創刊号よりエッセイ「寺子屋山頭火」を好評連載中の町田康さんがいよいよYouTubeを始動させます。題して、「町田康のパンク山頭火ラヂオ」。徒然なるままに放浪の俳人・種田山頭火について語るスペシャルプログラムです。

第1回配信のテーマは「山頭火とはどんな人物だったのか?」。折しも今年は山頭火の没後80年に当たります。今まで歴史の転換期に際して、山頭火ブームという現象がたびたび起こったと言われています。

こんな時代だからこそ、山頭火の生き方は憧れをもって受け入れられるのかもしれません。今まさに毎月山頭火と対峙している町田さん。“自由律YouTube”というにふさわしい独特のトークで、山頭火の人物像やその魅力を語ってくれます。


町田康エッセイ「寺子屋山頭火」最新号はこちら 
https://shinshosetsu.com/novels/51b937427354c3e1

会員登録はこちら 
https://shinshosetsu.com/sign_up

【YouTube】Web新小説チャンネルはこちら チャンネル登録をお願いします!  

  
  

町田康

作家、ミュージシャン。1962年大阪府生まれ。1981年「INU」のボーカリストとして歌手デビュー。97年に初小説『くっすん大黒』でドゥマゴ文学賞、野間文芸新人賞を受賞。2000年に『きれぎれ』で芥川賞、01年に詩集『土間の四十八滝』で萩原朔太郎賞、05年『告白』で谷崎潤一郎賞を受賞するなど、著作、受賞歴ともに多数。近著に『記憶の盆をどり』『しらふで生きる 大酒飲みの決断』

公式ウェブサイト  https://www.machidakou.com/

最新号のコンテンツ

連載 エッセイ (2021年10月1日号)

町田康の読み解き山頭火

山頭火は「層雲」に参加することで、俳句を通しての求道に邁進した

連載 イラスト評伝 (2021年10月1日号)

エピソードで知る種田山頭火

放浪と孤独、そして苦悩によって、山頭火の句は深く究められていった

春陽堂書店編集部

連載 連載詩 (2021年10月1日号)

週末のアルペジオ

つめたい夜気のなかをあてなく歩く。わたしの分別はすり減っていくが

三角みづ紀

連載 連載小説 (2021年10月1日号)

猛獣ども

撃ち殺されたのは「あの熊」なのか。幸せ夫婦が抱く密やかな闇と妄想

連載 書き下ろし連作小説 (2021年10月1日号)

藤沢周・連作小説館③ 影踏み

子供たちの影踏みが蘇らせた古い記憶。消えたマサシが現れたあの日

連載 動画 (2021年10月1日号)

待ってました! 黙阿弥歌舞伎への招待

坂東彦三郎の朗読とアニメで楽しむ電脳紙芝居第7弾「丸橋忠弥」登場

春陽堂書店Web新小説編集部

連載 エッセイ (2021年10月1日号)

兼好のつれづれ絵草紙

入門して間もない頃、知ったかぶりで大失敗。その癖は今も治らず……

三遊亭兼好

連載 ウェブ絵巻 (2021年10月1日号)

漱石クロニクル ―絵で読む夏目漱石の生涯―

神経衰弱に苦しむ日々、家に一匹の黒猫が迷い込む。漱石36歳の出来事

連載 俳句鑑賞 (2021年10月1日号)

楸邨山脈の巨人たち

病気、貧困に向けた怒り。その背景に愛はあったのか。寺田京子最終回

連載 医学ミステリー (2021年10月1日号)

Dr.よねやまの芸脳生活 芸術家の生き様を医学で考える

十代で作家として活動を開始。短くも濃密な人生を駆け抜けた尾崎紅葉

連載 動画&エッセイ (2021年10月1日号)

假屋崎省吾の絶品紀行~日々を華麗に彩る~

日本の紅葉の美しさは世界一。文化や背景を知り、暮らしの中で楽しむ

假屋崎省吾

連載 紀行エッセイ (2021年10月1日号)

銭湯放浪記

銀座と浅草。江戸や明治の街並みを想像しながら歴史ある銭湯を堪能

連載 動画 (2021年10月1日号)

Dr.よねやまの芸脳生活

「パクることで脳が活性化!~Dr.米山の必見レクチャー」第17回

連載 動画 (2021年10月1日号)

町田康のパンク山頭火ラヂオ

徒然なるままに山頭火を語る町田版自由律YouTube。注目の第4回配信

Web新小説会員登録はこちら