登録初月は無料!バックナンバーも読み放題!会員登録はこちら  今すぐチェックする

『 オンライン対談「詩人が語る今」 』

谷川俊太郎×三角みづ紀

会員の方はフルバージョンの動画がご覧いただけます。

『Web新小説』創刊号参加メンバーであり、現在、連載詩「最少の言葉で詩作する試み」を好評連載中の谷川俊太郎さん。同じく5月号から連載詩「週末のアルペジオ」を掲載している三角みづ紀さんのオンライン対談「詩人が語る今」が実現しました。コロナ禍の今、東京と北海道、二人の詩人がつながり、詩について、言葉について、自由に伸びやかに語り合う60分のスペシャルプログラムです。

谷川さんは今年7月に『ベージュ』を、三角さんは8月に『どこにでもあるケーキ』を、ともに新詩集を刊行したばかり。13歳という設定で書かれた三角さんの書き下ろし詩集『どこにでもあるケーキ』に端を発し、話題は子供の頃の思い出から、Webで詩を掲載することの可能性まで、多岐にわたりました。しかも、新しい詩集や『Web新小説』掲載詩から10編もの詩を朗読していただきました。なんと、谷川さんの詩を三角さんが朗読をするというサプライズも。まさに、二人の詩人が紡ぎだす言葉の宇宙が十二分に体感できる番組になりました。

会員登録をするとフルバージョン60分がお楽しみいただけます。どうぞ、『Web新小説』ならではのスペシャルコンテンツをお見逃しなく。連載中のお二人の連載詩と併せてお楽しみください。


会員登録はこちら 
https://shinshosetsu.com/sign_up

谷川俊太郎連載詩「最少の言葉で詩作する試み」11月号はこちら
https://shinshosetsu.com/novels/de319a61ba54f8c1

三角みづ紀連載詩「週末のアルペジオ」11月号はこちら
https://shinshosetsu.com/novels/5feaa436e225eed0

谷川俊太郎

詩人。1931年東京生まれ。1952年第一詩集『二十億光年の孤独』を刊行。1982年『日々の地図』で第34回読売文学賞、1993年『世間知ラズ』で第1回萩原朔太郎賞、 2010年『トロムソコラージュ』で第1回鮎川信夫賞、2019年国際交流基金賞など、受賞・著書多数。 詩作のほか、絵本、エッセイ、翻訳、脚本、作詞など幅広く作品を発表している

三角みづ紀

詩人。1981年生まれ、鹿児島出身。北海道在住。12歳より詩作を始め、病気療養中の22歳で第42回現代詩手帖賞を受賞。第1詩集『オウバアキル』で第10回中原中也賞、『カナシヤル』で2006年度南日本文学賞と第18回歴程新鋭賞、『隣人のいない部屋』で第22回萩原朔太郎賞を受賞。2017年より南日本文学賞選考委員、「中也研究」編集委員をつとめる。詩のみならず、小説『骨、家へかえる』、エッセイ『とりとめなく庭が』ほか、音楽、映像など、ジャンルを超えて表現活動を行う

登録初月は無料

ここから先をお読みいただくには
会員登録をお願いいたします

登録をすると、創刊号(2020年2月1日号)からのバックナンバーをすべてお読みいただけます。

最新号のコンテンツ

巻頭特別寄稿 ≪今、感じねばならぬ時≫ (2022年1月1日号)

肉の森

幼年期、番台から眺めた裸の人間。欠損した骨と肉の切断面に視たもの

特集「コロナ禍、真実が見えますか」 (2022年1月1日号)

コロナ禍、路上の「野戦病院」

貧困の現場を目撃してきた活動家が伝える、コロナ禍の切実な生の声

連載 連載詩 (2022年1月1日号)

週末のアルペジオ

昨日ではなく、明日でもない、ただこの瞬間をたくましく生きるために

三角みづ紀

連載 連載小説 (2022年1月1日号)

猛獣ども

手作り弁当から手繰られる男女。かけひきか、運命か、そして事件は?

連載 エッセイ (2022年1月1日号)

町田康の読み解き山頭火

どうしようもなさから逃れ切れない山頭火を絶句に至らしめたものは?

連載 ショートショート漫画 (2022年1月1日号)

しおり物語

いちごジャム8個? 一枚の買い物メモに妄想膨らむほっこりなお正月

連載 動画 (2022年1月1日号)

待ってました! 黙阿弥歌舞伎への招待

悪党二人が仕掛ける江戸城御金蔵破りの実録物・電脳紙芝居「四千両」

春陽堂書店Web新小説編集部

連載 エッセイ (2022年1月1日号)

兼好のつれづれ絵草紙

お目出たくてワクワクする初席。お約束の、師匠元日の一言で笑い初め

三遊亭兼好

連載 ウェブ絵巻 (2022年1月1日号)

漱石クロニクル ―絵で読む夏目漱石の生涯―

是公の勧めで満州に渡った漱石。旧友たちが次々と訪れ満韓を巡遊する

連載 俳句鑑賞 (2022年1月1日号)

楸邨山脈の巨人たち

虚子に傾倒した川崎展宏の第一回。「寒雷」では異端だった視点を鑑賞

連載 医学ミステリー (2022年1月1日号)

Dr.よねやまの芸脳生活 芸術家の生き様を医学で考える

生来の能力の高さから若くして活躍。やがて目的を見失った芥川龍之介

連載 紀行エッセイ (2022年1月1日号)

銭湯放浪記

最終回は佃島の銭湯。震災と空襲を逃れ、江戸情緒と心意気を今に残す

連載 動画 (2022年1月1日号)

Dr.よねやまの芸脳生活

旅と作家~Dr.米山の必見YouTubeレクチャー第20弾

連載 動画 (2022年1月1日号)

町田康のパンク山頭火ラヂオ

徒然なるままに山頭火を語る町田版自由律YouTube。注目の第4回配信

(2022年1月1日号)

次号予告

特集「ウィズコロナ、もう一つの生き方」この危機を作家たちはどのように受けとめているのか?

春陽堂書店Web新小説編集部

登録初月は無料

Web新小説会員登録はこちら