登録初月は無料、バックナンバー【作家61人、連載回数437回】も読み放題! 会員登録はこちら  今すぐチェックする

俳句で味わう、日本の暮らし

黛まどか

俳句で味わう、日本の暮らし

黛まどか

第四回 入梅

実際の梅雨入りはその年によって異なるが、暦の上での〝入梅〟は立春から百三十五日目、太陽の黄経が八十度に達した日で、新暦では六月十一日頃。この日から約三十日が梅雨の期間となる。かつては二十四節気の〝芒種〟の後の最初の壬の日とされていたが、明治九年に現行のように変更された。 

〝梅雨〟の語源は、中国の揚子江流域で梅の実が熟す時期が雨季であったことに由来するという。日本では江戸時代に雑節の一つとして暦に「入梅」が入れられた。「入梅」に対して梅雨明けは「出梅しゅつばい」といい、「小暑」の後の壬の日としたが、入梅のみが暦に記されているのは、稲作にとって雨量が重要であり、入梅が田植の目安とされたからだろう。

湿度が高く黴が生えやすい季節なので、「黴雨ばいう」とも書く。本格的な梅雨入り前に梅雨模様となるのを〝走り梅雨〟〝梅雨の走り〟〝迎へ梅雨〟と言い、雨の降り方で〝荒梅雨〟〝空梅雨〟〝男梅雨〟〝女梅雨〟などと呼び分ける。梅雨が明ける頃に降る強い雨は〝送り梅雨〟、梅雨が明けた後に再び梅雨のような状態に戻る〝戻り梅雨〟。

登録初月は無料

ここから先をお読みいただくには
会員登録をお願いいたします

登録をすると、創刊号(2020年2月1日号)からのバックナンバーをすべてお読みいただけます。

最新号のコンテンツ

バックナンバー (2022年8月1日号)

オンライン対談 谷川俊太郎×俵万智 バックナンバーの部屋

言葉の達人二人がオンラインでとことん語り合う奇跡の対談動画155分

春陽堂書店Web新小説編集部

特集「戦争が言葉を奪う―作家は何ができるのか」 (2022年8月1日号)

戦争の対義語は

戦争とは何か、そしてその対義語は。各々に再定義を促す深き示唆

特集「戦争が言葉を奪う―作家は何ができるのか」 (2022年8月1日号)

作家の自己プロパガンダ

太平洋戦争における作家とプロパガンダの関係。その真実を解き明かす

一ノ瀬俊也

特集「戦争が言葉を奪う―作家は何ができるのか」 (2022年8月1日号)

戦時統制と荷風の不機嫌

戦争遂行のため政府が出す統制に永井荷風は反発した。その心情とは?

連載 (2022年8月1日号)

Looking for 鷗外

たゆたう「感情」と共にスイスの文学祭へ。帰路リルケとの出会いが

伊藤比呂美

連載 書き下ろし連作小説 (2022年8月1日号)

藤沢周・連作小説館⑧ 帰途

墓地の捨て猫、漂着した精霊船。魂の執着への嫌悪と畏敬とが交錯する

連載 連載小説 (2022年8月1日号)

猛獣ども

死を前にして心迷わせる老夫婦。覗き穴から再び同じ景色は見えるのか

連載 俳句エッセイ (2022年8月1日号)

アマネク ハイク

畑で野菜の栽培を続ける祖母の姿を通じて生命力にあふれた句に触れる

連載 猫エッセイ (2022年8月1日号)

Q&A今月の猫じゃらし

窓から外を見ている猫。「自由になりたい」と思っているのでしょうか

連載 俳句鑑賞 (2022年8月1日号)

楸邨山脈の巨人たち

見たまま、感じたままをそのまま「作る」。飛旅子の直感的な姿勢を探る

バックナンバー (2022年8月1日号)

町田康の“山頭火”はここで読める

山頭火の生き方、句の魅力を町田康が読み解く二つのシリーズを読む

春陽堂書店Web新小説編集部

バックナンバー (2022年8月1日号)

三遊亭兼好の“絵草紙”はここで読める

人気落語家の軽快な語り口が冴えわたるイラストと楽しむ絶品エッセイ

春陽堂書店Web新小説編集部

バックナンバー (2022年8月1日号)

大高郁子の漱石の一生

1200点以上の愛らしい絵をスクロールしてふり返る文豪夏目漱石の生涯

春陽堂書店Web新小説編集部

バックナンバー (2022年8月1日号)

歌舞伎役者.坂東彦三郎朗読動画バックナンバーの部屋

坂東彦三郎が朗読。河竹黙阿弥の歌舞伎狂言12選 絵は辻和子

春陽堂書店Web新小説編集部

バックナンバー (2022年8月1日号)

岡もみじショートショート漫画バックナンバーの部屋

妄想膨らむ楽しい「しおり物語」の世界へようこそ! 全6回一気読み

春陽堂書店Web新小説編集部

バックナンバー (2022年8月1日号)

「芸術家の生き様を医学で考える」米山公啓の部屋

文豪の生き様を知れば今の自分が見えてくる! エッセイと動画で学ぶ

春陽堂書店Web新小説編集部

編集後記 (2022年8月1日号)

気まぐれ編集後記

高齢者に生死の選択権を与える近未来映画「PLAN75」を見て考える

春陽堂書店Web新小説編集部

登録初月は無料

Web新小説会員登録はこちら