YouTube「Dr.よねやまの芸脳生活」好評配信中! 米山さんへの質問を受付中!  今すぐチェックする

『 旅する少年 』

黒川創

旅する少年

黒川創

4 旧二等兵と父

旧日本軍の兵隊の出立ちをした人と、一緒に旅をしたことがある。一九七四年、中学一年生の夏のことだ。松野春世さんという人で、父のいくつか年長の友人だった。

青森県の旧制弘前中学から東京の青山学院(当時は専門学校)に進み、一九四五年七月、岩手県盛岡の航空隊(教育隊)に、陸軍二等兵として応召入隊。一〇日後には、秋田県能代の東雲しののめ航空隊に配属された。翌月、八月一五日には、もう日本の敗戦である。それまで最下級の二等兵だったので、古参兵から殴られる経験はあっても、こちらから誰かを殴る経験はなかった。だが、もしも戦争が長引き、自分も上等兵になったり、さらに幹部候補生から将校になったりしていれば、部下の兵隊を殴ることがあったかもしれない。だからこそ、自分は一生涯、二等兵であり続けようと考え、旅行に出るときなどは、軍服のズボンをはき、戦闘帽をかぶることにしている、という人だった。

もっとも、当時一三歳、高度経済成長期のただなかに育った私が、こんな戦中世代の心持ちをちゃんと理解できたはずがない。ここに述べたのは、松野さん本人が書き残されたものや、ご当人と親しかった人たちの証言から、いまになって教えられたことである。中学一年生のときの私は、戦争が終わって三〇年近くが過ぎているのに、まだ兵隊の姿のままでいる松野さん(このとき四〇代の終わりだったのではないか)を、ただ「変ったオジサン」だと思っていた。

とはいえ、そのときの写真を久しぶりに取り出して見ると、当時の松野さんの姿形は、

ここから先をお読みいただくには
会員登録が必要です。

最新号のコンテンツ

連載 エッセイ (2020年8月号)

俳句で味わう、日本の暮らし

農家の三大厄日とされた二百十日。禍を祓い豊作を願う名句を読み解く

連載 連載詩 (2020年8月号)

週末のアルペジオ

思いがあふれ、色彩が響く。寄る辺なき時代を支えてくれる言葉がある

三角みづ紀

連載 エッセイ (2020年8月号)

寺子屋山頭火

生活と芸術の乖離に苦しむ山頭火。自らのskillで稼ごうと試みるが…

連載 フォト小説 (2020年8月号)

スーパーフィッシュと老ダイバー

好奇心に駆られ旅に出るジョージ。恐ろしい体験が彼を待っていた

連載 回想記 (2020年8月号)

旅する少年

父に乞われ北海道へ。同行した父の友人は兵隊の出立ちをしていた

連載 医学ミステリー (2020年8月号)

Dr.よねやまの芸脳生活 芸術家の生き様を医学で考える

スペイン風邪で亡くなった島村抱月。その体験的な生き方が病を招く

連載 スポーツ随想録 (2020年8月号)

スポーツは文芸をどのように彩ってきたか

ボクシングに全く異なる向き合い方をした、石原慎太郎と三島由紀夫

連載 妖異譚 (2020年8月号)

鬼ものがたり

わたしをじっと見つめる女の真っ青な目。謎の小箱を預かったが……

連載 (2020年8月号)

伝統と破壊の哲学

母再婚。新しい友達ババヤンのブレーキがない自転車でスリルを味わう

連載 新人デビュー小説 (2020年8月号)

愛のレシピ:23歳

まるで高級な霜降り肉みたいに、いつまでも消化できないヘヴィな記憶

連載 英国レポート (2020年8月号)

アーツ&クラフツ、娘の仕事 メイ・モリスという才能

父の死を受け入れ、メイは新たな分野ジュエリーに創造性を見出す

連載 動画 (2020年8月号)

玉木正之のWeeklyスポーツ萬歳

スポーツの魅力を超絶説法で解説。ご存知タマキ先生絶好調動画連載中

連載 動画 (2020年8月号)

Dr.よねやまの芸脳生活

「新型コロナ第二波は?」生き様から芸術家の死を探るDr.の必見講座

Web新小説会員登録はこちら