登録初月は無料!バックナンバーも読み放題!会員登録はこちら   今すぐチェックする

『 鬼ものがたり 』

桑原茂夫

鬼ものがたり

桑原茂夫

11

妖しいお堂の女あるじ 編

絵 東學

わたしが若かったときのことで、まだ誰にも打ち明けたことのない、恐ろしい話があります。

宮中にも出入りを許されていた頃、御多分にもれず、わたしにも、ひそかに逢瀬をたのしむおもいびとがありました。もちろん初めのうちは足繁く通っていたのですが、だんだん間遠になり、それでも縁を切ることはせず、まあ相手からは身勝手と思われてもしかたない振舞いをつづけていました。

   ●

夏も近くなっていたそのときも、にわかにそのひとの肌に触れたくなり、久しぶりに出向いていきました。いつもそのひととの逢瀬を取り次いでくれていた女性のところに訪ねていくと、気ままなわたしを見て、さすがにいい顔はしませんでしたが、アタマから断るような不粋なことはしませんでした。

ただ、と言い淀んだので、追い打ちをかけるように、問いただしてみると、そのひとがわたしを待ち望む気持ちに変わりはないし、取り次ぐことに問題はないのだけれど、いつもそのひとと一夜を過ごす家が使えないというのです。今夜は遠くから都に来た人たちが宿泊していて、どうにもなりません、と。

これは、体よく断られたのかな、と思ってその家をさりげなく覗いてみると、馬が何頭もつながれ、人びとがあわただしげに、動き回っていて、一目でこれはダメだとあきらめかけましたが、取り次ぎ役の女は、すぐに別の場所をすすめてきました。

「ここから西の方へ少し行ったところに、無人のお堂があります。今夜はそこでお過ごしになったらいかがでしょう。

登録初月は無料
ここから先をお読みいただくには
会員登録をお願いいたします

登録をすると、創刊号(2020年2月1日号)からのバックナンバーをすべてお読みいただけます。

最新号のコンテンツ

連載 連載詩 (2021年11月1日号)

週末のアルペジオ

いらないものを箱につめていく。会いたい……かつてあいしたものに

三角みづ紀

連載 連載小説 (2021年11月1日号)

猛獣ども

悪天候の別荘地に立ちすくむ管理人ふたり。傷ついた過去がよみがえる

連載 エッセイ (2021年11月1日号)

町田康の読み解き山頭火

人間の完成を目指す道を歩む山頭火。その真っ直ぐな道のさみしさとは

連載 イラスト評伝 (2021年11月1日号)

エピソードで知る種田山頭火

松山に結庵した山頭火は、その翌年、望んでいたとおりの最期を遂げる

春陽堂書店編集部

連載 動画 (2021年11月1日号)

待ってました! 黙阿弥歌舞伎への招待

坂東彦三郎の朗読とGIFアニメで楽しむ電脳紙芝居第8弾「鋳掛松」

春陽堂書店Web新小説編集部

連載 エッセイ (2021年11月1日号)

兼好のつれづれ絵草紙

噺家の世界で風呂敷は「ふるしき」。お客様からの差し入れはロシアの…

三遊亭兼好

連載 ウェブ絵巻 (2021年11月1日号)

漱石クロニクル ―絵で読む夏目漱石の生涯―

執筆に追われ忙しくも充実した日々。漱石40歳、朝日新聞社入社を決意

連載 俳句鑑賞 (2021年11月1日号)

楸邨山脈の巨人たち

生粋のコミュニストであり、社会性俳句を代表する古沢太穂の第一回

連載 医学ミステリー (2021年11月1日号)

Dr.よねやまの芸脳生活 芸術家の生き様を医学で考える

海外小説の翻案でヒット連発の尾崎紅葉。連載の重圧が寿命を縮めたか

連載 動画&エッセイ (2021年11月1日号)

假屋崎省吾の絶品紀行~日々を華麗に彩る~

カーリィー流の美の世界が結実した豪華な着物の紹介で眼福の最終回!

假屋崎省吾

連載 紀行エッセイ (2021年11月1日号)

銭湯放浪記

祭りの前日、秩父神社を巡る小さな旅。そこで出会った古い銭湯に感激

連載 動画 (2021年11月1日号)

Dr.よねやまの芸脳生活

ベストセラーの法則~Dr.米山の必見レクチャー18弾

連載 動画 (2021年11月1日号)

町田康のパンク山頭火ラヂオ

徒然なるままに山頭火を語る町田版自由律YouTube。注目の第4回配信

Web新小説会員登録はこちら

登録初月は無料