【無料公開3/15(月)まで】震災から10年―いま、ここに、詩の言葉を  今すぐチェックする

『 旅する少年 』

黒川創

旅する少年

黒川創

5 初めての北海道

ローティーンのとき、北海道には続けざまに五回、長旅をした。

一九七四年(中学一年)夏、同年冬、一九七五年(中学二年)春、同年夏、同年冬、という、一三歳から一四歳にかけての計五回である。合わせて三カ月近く北海道に滞在したことになるのではないか。私の場合、ひとたび旅を始めると、一日でも旅する時間を引き延ばしたいたちで、ホームシックになったことは一度もない。

ただし、これを記述しようとすると、厄介な問題も生じる。なにより、旅程の記憶が判然としなくなっている。あれは何度目の旅のときだったかな? と、記憶をたどりなおすのも、なかなか難しい。

一つには、寝袋を持ち歩き、ヒッチハイクしたりもするようになって、旅のしかたが融通無碍になる。さらに、入場券その他、「行動の裏付け」となる材料をいちいち買い残す習慣が薄れていく。そもそも、離島や路上は、そんなものと縁がない。自分が撮った写真などは、慎重に見ていけば手がかりとなってはくれるが、当時のものがすべて保存できているわけではないだろう。

北海道は、若い旅行者たちに寛容な土地柄だった。いまもそのことに感謝している。だが、それを裏切ってきたような記憶も残る。

旅に疲れて、ねぐらを見つけきれず、駅の外れにある貨物用の屋根付き選荷場のようなところにもぐり込み、コンテナなどの隙間で眠ったことがあった。旅先で知り合った同行者も、そのときは一人か二人いたのではないか。夏の終わりだったか、夜になると肌寒かった。そういうときには、古新聞を集め、シャツの下などに入れておくと、

ここから先をお読みいただくには
会員登録が必要です。

最新号のコンテンツ

詩と朗読動画 (2021年3月号)

いま、ここに、詩の言葉を ――東日本大震災から10年

東日本大震災から10年。10の詩と朗読が言葉と記憶を未来へとつなぐ

春陽堂書店Web新小説編集部

連載 連載詩 (2021年3月号)

最少の言葉で詩作する試み

朝に夕暮れに言葉が現れる。天と地の隙間で言葉は枝先に留まっている

谷川俊太郎

連載 連載詩 (2021年3月号)

週末のアルペジオ

愛おしく、ひたむきに、整え重ねられた日々。そしてまた、春がめぐる

三角みづ紀

連載 エッセイ (2021年3月号)

寺子屋山頭火

自分に耐えられず大酒を飲む山頭火。酔った挙句、電車の前に仁王立ち

連載 イラスト評伝 (2021年3月号)

エピソードで知る種田山頭火

酒に溺れる壮絶な生涯。禁酒を誓う一方で、大酒を止められない山頭火

春陽堂書店編集部

連載 エッセイ (2021年3月号)

俳句で味わう、日本の暮らし

灌仏会は釈尊誕生を祝して行う法会のこと。寺々に喜びの景色が広がる

連載 ウェブ絵巻 (2021年3月号)

漱石クロニクル ―絵で読む夏目漱石の生涯―

漢籍や文学に夢中で、英語は大嫌いだった。迷い多き十代の夏目漱石

連載 回想記 (2021年3月号)

旅する少年

本土復帰した沖縄へ。那覇、八重山諸島、基地と海と3枚のTシャツ

連載 エッセイ (2021年3月号)

兼好のつれづれ絵草紙

落語でもおなじみの「はばかり=厠」をめぐって、噺家たちが喧々囂々

三遊亭兼好

連載 俳句鑑賞 (2021年3月号)

楸邨山脈の巨人たち

金子兜太から始動。孫弟子が俳人加藤楸邨の系譜を辿る愛ある俳句鑑賞

連載 医学ミステリー (2021年3月号)

Dr.よねやまの芸脳生活 芸術家の生き様を医学で考える

文学者の業績と軍医としての後悔。森鷗外の死は最後の自己表現なのか

連載 動画&エッセイ (2021年3月号)

假屋崎省吾の絶品紀行~日々を華麗に彩る~

梅、桃、そして桜を待ち望む春。カーリィー先生のお花見の穴場も紹介

假屋崎省吾

連載 スポーツ随想録 (2021年3月号)

スポーツは文芸をどのように彩ってきたか

なぜ野球はスポーツ文学の王者たりえたのか? 数々の名作が語る魅力

連載 妖異譚 (2021年3月号)

鬼ものがたり

おもいびとと一夜を過ごしたお堂に長い髪と白い衣裳の女が現れて……

連載 紀行エッセイ (2021年3月号)

銭湯放浪記

弘前の繁華街で見つけた、その名も娯楽湯。人情味溢れる接客に感激

連載 動画 (2021年3月号)

Dr.よねやまの芸脳生活

「安楽死とは~森鷗外の生き方にみる」Dr.の必見YouTube好評配信中

連載 動画 (2021年3月号)

町田康のパンク山頭火ラヂオ

徒然なるままに山頭火を語る町田版自由律YouTube。注目の第2回配信

Web新小説会員登録はこちら