キャンペーン情報やWeb新小説の裏話も!公式Twitterはこちら  今すぐチェックする

『 俳句で味わう、日本の暮らし 』

黛まどか

俳句で味わう、日本の暮らし

黛まどか

第十四回 灌仏会

旧暦四月八日、釈尊誕生を祝して行う法会のことで、〝仏生会〟〝誕生会〟〝降誕会〟とも呼ばれる。悟りを開いた十二月八日の成道会、命日の二月十五日と並んで釈尊三大法要とされる。現在は新暦の四月八日に行う寺がほとんどだ。

寺々では、花で飾った小さな花御堂を境内に置き、その中に天と地を指さした銅製の誕生仏を安置する。参詣者は小柄杓で甘茶を仏像の頭上に注ぐ。釈迦が生まれた日に神々が祝福して〝甘露の雨〟を降らせ、その産湯に浸かったことに因む。〝灌〟は注ぐという意味。この日に甘茶を飲むと病気をしないとされ、参詣者には甘茶が振舞われる。昔は、竹の筒に甘茶を入れて家に持ち帰り、こどもの頭に付けて成長を祈ったり、甘茶で墨を磨り「千早振る卯月八日は吉日よ神さけ虫を成敗ぞする」と紙に書いて台所や厠などに貼り、虫除けのまじないをした。

灌仏会は中国では七、八世紀頃に普及。日本でも九世紀には宮中で行われていたようだ。庶民に広まったのは江戸時代のこと。

もともと日本では旧暦四月八日は、〝卯月八日〟と言い、田に入ることを忌み、霊山(もしくは付近の高い山)に登って神を拝み、花を摘んでかざして家に持ち帰り、田や庭先に飾るなどして、山の神を田にお迎えする日であった。

西日本では山躑躅や空木、石楠花、樒、藤、山吹などの花を竿の先に束ねた「天道花てんとうばな」(〝八日花〟〝高花〟とも)を庭や門口に立てて田の神をお迎えし、豊作を祈願した。

灌仏会は日本古来の山の神信仰と渡来の仏教行事が習合したものだ。

灌仏会摘みしれんげはすぐしな

細見綾子

灌仏会に使われる花御堂は、麻耶夫人ぶにん無憂樹むうじゅの下で釈迦を産んだという伝説の藍毘尼ルンビニーの花園を模している。

ここから先をお読みいただくには
会員登録が必要です。

最新号のコンテンツ

連載 エッセイ (2021年8月号)

俳句で味わう、日本の暮らし

菊の節句と親しまれる重陽。暮らしと共にある名句を味わう連載最終回

連載 連載詩 (2021年8月号)

最少の言葉で詩作する試み

波立つ海、青空。よじらずにほぐさずに私は、目を閉じて何を見るのか

谷川俊太郎

連載 連載詩 (2021年8月号)

週末のアルペジオ

乱立した木々のなかを走り続ける、たどりついた先には何が見えるのか

三角みづ紀

連載 書き下ろし連作小説 (2021年8月号)

藤沢周・連作小説館② 無宿

鎌倉の山を彷徨い辿り着いた寺。佐渡・無宿人の墓の記憶が鮮烈に蘇る

連載 イラスト評伝 (2021年8月号)

エピソードで知る種田山頭火

破天荒であるがゆえに、人間的な魅力と才能で山頭火は人々に愛された

春陽堂書店編集部

連載 対談型インタビュー (2021年8月号)

比呂美の庭

詩人が被る仮面、創作とは? 刺激に満ちた対話型インタビュー最終回

伊藤比呂美

連載 動画 (2021年8月号)

待ってました! 黙阿弥歌舞伎への招待

坂東彦三郎の朗読とGIFアニメで楽しむ電脳紙芝居第5弾「加賀鳶」

春陽堂書店Web新小説編集部

連載 エッセイ (2021年8月号)

兼好のつれづれ絵草紙

ま、ぴえん、ぱねっす。若者言葉の稽古中にすごい御仁が現れた?

三遊亭兼好

連載 ウェブ絵巻 (2021年8月号)

漱石クロニクル ―絵で読む夏目漱石の生涯―

漱石34歳。ロンドンでの不便な生活に戸惑いながら日本の将来を想う

連載 俳句鑑賞 (2021年8月号)

楸邨山脈の巨人たち

先立った妻への哀惜、生死を超えた相思相愛。凄みが滲む森澄雄の世界

連載 医学ミステリー (2021年8月号)

Dr.よねやまの芸脳生活 芸術家の生き様を医学で考える

潔癖症で喫煙家だった泉鏡花。病を引き寄せたのはその生活習慣だった

連載 動画&エッセイ (2021年8月号)

假屋崎省吾の絶品紀行~日々を華麗に彩る~

夏と言えば煌めく花火。いけばなにインスピレーションを与えてくれる

假屋崎省吾

連載 紀行エッセイ (2021年8月号)

銭湯放浪記

ぶらり訪ねた学生街の銭湯。そこで知った銭湯経営者の意外な共通点は

連載 動画 (2021年8月号)

Dr.よねやまの芸脳生活

免疫の話~泉鏡花の生き方にみる~Dr.米山の必見YouTube第14弾

連載 動画 (2021年8月号)

町田康のパンク山頭火ラヂオ

徒然なるままに山頭火を語る町田版自由律YouTube。注目の第4回配信

Web新小説会員登録はこちら