登録初月は無料!バックナンバーも読み放題!会員登録はこちら   今すぐチェックする

『 俳句で味わう、日本の暮らし 』

黛まどか

俳句で味わう、日本の暮らし

黛まどか

第十四回 灌仏会

旧暦四月八日、釈尊誕生を祝して行う法会のことで、〝仏生会〟〝誕生会〟〝降誕会〟とも呼ばれる。悟りを開いた十二月八日の成道会、命日の二月十五日と並んで釈尊三大法要とされる。現在は新暦の四月八日に行う寺がほとんどだ。

寺々では、花で飾った小さな花御堂を境内に置き、その中に天と地を指さした銅製の誕生仏を安置する。参詣者は小柄杓で甘茶を仏像の頭上に注ぐ。釈迦が生まれた日に神々が祝福して〝甘露の雨〟を降らせ、その産湯に浸かったことに因む。〝灌〟は注ぐという意味。この日に甘茶を飲むと病気をしないとされ、参詣者には甘茶が振舞われる。昔は、竹の筒に甘茶を入れて家に持ち帰り、こどもの頭に付けて成長を祈ったり、甘茶で墨を磨り「千早振る卯月八日は吉日よ神さけ虫を成敗ぞする」と紙に書いて台所や厠などに貼り、虫除けのまじないをした。

灌仏会は中国では七、八世紀頃に普及。日本でも九世紀には宮中で行われていたようだ。庶民に広まったのは江戸時代のこと。

もともと日本では旧暦四月八日は、〝卯月八日〟と言い、田に入ることを忌み、霊山(もしくは付近の高い山)に登って神を拝み、花を摘んでかざして家に持ち帰り、田や庭先に飾るなどして、山の神を田にお迎えする日であった。

西日本では山躑躅や空木、石楠花、樒、藤、山吹などの花を竿の先に束ねた「天道花てんとうばな」(〝八日花〟〝高花〟とも)を庭や門口に立てて田の神をお迎えし、豊作を祈願した。

灌仏会は日本古来の山の神信仰と渡来の仏教行事が習合したものだ。

灌仏会摘みしれんげはすぐしな

細見綾子

灌仏会に使われる花御堂は、麻耶夫人ぶにん無憂樹むうじゅの下で釈迦を産んだという伝説の藍毘尼ルンビニーの花園を模している。

登録初月は無料
ここから先をお読みいただくには
会員登録をお願いいたします

登録をすると、創刊号(2020年2月1日号)からのバックナンバーをすべてお読みいただけます。

最新号のコンテンツ

連載 連載詩 (2021年11月1日号)

週末のアルペジオ

いらないものを箱につめていく。会いたい……かつてあいしたものに

三角みづ紀

連載 連載小説 (2021年11月1日号)

猛獣ども

悪天候の別荘地に立ちすくむ管理人ふたり。傷ついた過去がよみがえる

連載 エッセイ (2021年11月1日号)

町田康の読み解き山頭火

人間の完成を目指す道を歩む山頭火。その真っ直ぐな道のさみしさとは

連載 イラスト評伝 (2021年11月1日号)

エピソードで知る種田山頭火

松山に結庵した山頭火は、その翌年、望んでいたとおりの最期を遂げる

春陽堂書店編集部

連載 動画 (2021年11月1日号)

待ってました! 黙阿弥歌舞伎への招待

坂東彦三郎の朗読とGIFアニメで楽しむ電脳紙芝居第8弾「鋳掛松」

春陽堂書店Web新小説編集部

連載 エッセイ (2021年11月1日号)

兼好のつれづれ絵草紙

噺家の世界で風呂敷は「ふるしき」。お客様からの差し入れはロシアの…

三遊亭兼好

連載 ウェブ絵巻 (2021年11月1日号)

漱石クロニクル ―絵で読む夏目漱石の生涯―

執筆に追われ忙しくも充実した日々。漱石40歳、朝日新聞社入社を決意

連載 俳句鑑賞 (2021年11月1日号)

楸邨山脈の巨人たち

生粋のコミュニストであり、社会性俳句を代表する古沢太穂の第一回

連載 医学ミステリー (2021年11月1日号)

Dr.よねやまの芸脳生活 芸術家の生き様を医学で考える

海外小説の翻案でヒット連発の尾崎紅葉。連載の重圧が寿命を縮めたか

連載 動画&エッセイ (2021年11月1日号)

假屋崎省吾の絶品紀行~日々を華麗に彩る~

カーリィー流の美の世界が結実した豪華な着物の紹介で眼福の最終回!

假屋崎省吾

連載 紀行エッセイ (2021年11月1日号)

銭湯放浪記

祭りの前日、秩父神社を巡る小さな旅。そこで出会った古い銭湯に感激

連載 動画 (2021年11月1日号)

Dr.よねやまの芸脳生活

ベストセラーの法則~Dr.米山の必見レクチャー18弾

連載 動画 (2021年11月1日号)

町田康のパンク山頭火ラヂオ

徒然なるままに山頭火を語る町田版自由律YouTube。注目の第4回配信

Web新小説会員登録はこちら

登録初月は無料