登録初月は無料、バックナンバー【作家62人、連載回数445回】も読み放題! 会員登録はこちら  今すぐチェックする

スーパーフィッシュと老ダイバー

岡本行夫

スーパーフィッシュと老ダイバー

岡本行夫

第4章 人間だけの物差し―殺戮

紅海の風は、たいてい、北西から吹いてくる。三月のはじめには、遠くのリビアの砂漠で巻きあがった砂嵐がやってくる。ハムシーンだ。

ナイル川をこえてやってくるその嵐は、五十日間つづく。ハムシーンとは、アラビア語で「五十」という意味だ。勢いが強いときは、外では呼吸もできない。

ハムシーンがくると、太陽は砂におおわれて、姿をかくす。海中には光がとどかなくなる。砂の粒は、こまかい雨となって、海のなかへと沈んでくる。

海のなかへは、いろいろなものが降る。太陽の光の粒も、降りこんでくる。くだける波が海中に送りこむしぶきの雨もある。夜にはきらめく月から無数の光滴が沈んでくる。

海のなかには、音がある。水が歌う調べもある。生きものたちの音は、にぎやかだ。 満月の夜に、珊瑚たちがいっせいに産卵するときは、騒がしい。魚の鳴き声も、あちこちから聞こえる。

魚の音感は、人間よりはるかにすぐれていて、わずかな音の差も聞きのがさない。海には、広い音域の音が存在するのに、人間の耳がとらえられるのは、そのうちの一部だけだ。

もちろん匂いもある。魚の嗅覚は、人間の三百倍もある。

視覚はどうか? 人間が見えるものは、可視光線とよばれる電磁波だけだ。波長がそれより短くても、長くても、見えない。太陽の光を跳ねかえしたものだけを、人間の眼は、物体としてとらえるのだ。

なぜ、人間に空気は見えないのか? 空気の分子がとても小さく、可視光線を反射しないで、そのまま通してしまうからだ。

だから、人間の眼には空気は見えない。霊や魂、森羅万象にやどる神々の姿も見えない。自分には霊が見えると言う人たちは、眼ではなく、脳で感じているのだ。

真空の中を直進してきた光は、空気の層に入る時に屈折して曲がる。そのズレは極小であるが、とにかくズレている。だから、厳密に言えば、人間が見ているものも、物体の姿そのものではない。

人間は、すべてを自分の基準で計る。空気と水は屈折率がちがうから、海中の物体は、陸上より大きくみえる。だから人間は、海中で物体が1メートルに見えても、「ほんとうは75センチだ」と主張する。しかし、それは、陸上で、人間の屈折率で計れば、ということだ。

魚たちの立場からは、「その物体は、本当は1メートルなのに、陸上では75センチに見えるのだ」と言うだろう。陸上の言い分も、海中の言い分も、どっちも正しいのだ。

人間は、音があっても、ある幅の周波しか聞こえない。物体があっても、可視光線の範囲でしか見えない。匂いがあっても、気がつかない。

それなのに、人間は、自分に見えるもの、聞こえるもの、嗅げるもの、触れられるもの、それだけで世界が成りたっていると、思いこんでいる。「自分たちが認識できるものだけが世界だ」と決めている。

陸と海。二つの世界はちがうのに、人間は、ジョージの世界をわかろうとしない。陸上に存在する音、色、匂い、光、恐れ、病気、幸福・・・。

すべて、海中にもあることを知らない。

人間たちは、「多くのものは陸上にしかない」と反論するだろう。だけど、たとえていえば、それは何だろう? 悪意、自慢、憎しみ、虚飾、欲望、嫉妬、いじめ、悩み、犯罪、ブランド・・・。

海中にしかないものは何だろう? 「食べられるものだけが価値」という基準だ。

海の生きものにとっては、繁殖期でないかぎり、一日の行動は、すべてが食べものを探すことに結びつく。

大きな魚は小さな魚を食べるが、そこに、「殺す」という行動はない。食べるのは、生命を維持する量だけだ。

人間には、憎しみや欲からだれかを「殺す」という行動がある。貧乏がイヤで盗んだり、他人をいじめて快楽を得たりする。いちばんひどいのは、戦争だ。民族全体を殺そうとまでする。

海のなかに、そのような行動はない。

海では、襲われるがわには、自分や種族をまもる手段がある。それをもつ者だけが、生きのびてきた。ジョージの場合は、体の大きさと、硬いウロコだ。こちらの体が大きければ、空腹時の凶暴なホホジロザメ以外には、まず襲われない。

しかし、ヒトという種族は、ゲームとして他の生きものを殺戮する。対象が大きいほど、関心は大きい。なにしろ殺した獲物の重量をきそいあうのだから。

人間は、巨大な鉄の爪のついた「底引き網」などの漁業で、稚魚もふくめて、海の生きものを根こそぎ、さらっていく。 

海の食物連鎖の輪のなかに入っていない人間は、生きるためでなく、嗜好のために、海の生きものを食う。飽食したあとは、余ったもの、新鮮でなくなったものを、捨てる。人間は何でも食う。ジョージは知らないが、中国人は、ナポレオンフィッシュの肉が大好物だ。美味だからと。

人間は、なぜ余計に食べるのか? 副交感神経をリラックスさせるためだ。精神衛生のために、体が食うことを要求するのだ。こんな生物は、ほかにはいない。

人間は、自分勝手だから、文明の征服者となったいま、魚や動物たちにも、それぞれの世界があることを知ろうとしない。

(次回へ続く)

【おことわり】

著者・岡本行夫さんは惜しくも424日にお亡くなりになりました。ご本人、ご家族の遺志を尊重し、フォト小説の連載を予定通り、続けさせていただきます。

最新号のコンテンツ

特集「大丈 夫、猫がいる Vol.2」 (2022年9月1日号)

山頭火と猫

山頭火は小さな生きものを愛した。こおろぎ、蝶、とんぼ。そして猫も

特集「大丈 夫、猫がいる Vol.2」 (2022年9月1日号)

やっぱり猫がいないと…

野良猫、地域猫、ウチの猫…。かけがえのない代々の猫たちとの思い出

特集「大丈 夫、猫がいる Vol.2」 (2022年9月1日号)

庭のサンちゃん

とんかつ屋のあるマンションの中庭に現れる地域猫サンちゃんが繋ぐ縁

浅生ハルミン

連載 (2022年9月1日号)

Looking for 鷗外

ツバメに熊本を、乾きにカリフォルニアを想う、鷗外の思想がみえる

伊藤比呂美

連載 連載小説 (2022年9月1日号)

猛獣ども

熊事件が巻き起こした嵐による傷と癒し。ほのかなあかりが萌す最終回

連載 俳句エッセイ (2022年9月1日号)

アマネク ハイク

体の痛みや辛さをどうリアルに伝えるのか。代表作を例に細やかに解説

連載 猫エッセイ (2022年9月1日号)

Q&A今月の猫じゃらし

買ったばかりの高価なバッグを猫がガリガリ爪研ぎ。どうしましょう!

連載 俳句鑑賞 (2022年9月1日号)

楸邨山脈の巨人たち

田川飛旅子の最終回。「老い」の句群から死生観と感情を詠み解く

(2022年9月1日号)

春陽堂書店の“猫の本”

文芸出版ならではの猫をモチーフにした本が刊行されています

春陽堂書店Web新小説編集部

バックナンバー (2022年9月1日号)

オンライン対談 谷川俊太郎×俵万智 バックナンバーの部屋

言葉の達人二人がオンラインでとことん語り合う奇跡の対談動画155分

春陽堂書店Web新小説編集部

バックナンバー (2022年9月1日号)

町田康の“山頭火”はここで読める

山頭火の生き方、句の魅力を町田康が読み解く二つのシリーズを読む

春陽堂書店Web新小説編集部

バックナンバー (2022年9月1日号)

大高郁子の漱石の一生

1200点以上の愛らしい絵をスクロールしてふり返る文豪夏目漱石の生涯

春陽堂書店Web新小説編集部

バックナンバー (2022年9月1日号)

三遊亭兼好の“絵草紙”はここで読める

人気落語家の軽快な語り口が冴えわたるイラストと楽しむ絶品エッセイ

春陽堂書店Web新小説編集部

バックナンバー (2022年9月1日号)

「芸術家の生き様を医学で考える」米山公啓の部屋

文豪の生き様を知れば今の自分が見えてくる! エッセイと動画で学ぶ

春陽堂書店Web新小説編集部

バックナンバー (2022年9月1日号)

歌舞伎役者.坂東彦三郎朗読動画バックナンバーの部屋

坂東彦三郎が朗読。河竹黙阿弥の歌舞伎狂言12選 絵は辻和子

春陽堂書店Web新小説編集部

バックナンバー (2022年9月1日号)

岡もみじショートショート漫画バックナンバーの部屋

妄想膨らむ楽しい「しおり物語」の世界へようこそ! 全6回一気読み

春陽堂書店Web新小説編集部

編集後記 (2022年9月1日号)

気まぐれ編集後記

新宿・大久保、今なお暑い夏。思い出す井伏鱒二の「ビールの飲み方」

春陽堂書店Web新小説編集部

登録初月は無料

Web新小説会員登録はこちら