ココでしか読めないコンテンツが盛りだくさん! Web新小説会員募集中!  今すぐチェックする

『 アーツ&クラフツ、娘の仕事 メイ・モリスという才能 』

大澤麻衣

アーツ&クラフツ、娘の仕事 メイ・モリスという才能

大澤麻衣

第6回 情熱のパフォーマー

子供の時、ちょっと特別な洋服を着せてもらえてウキウキした記憶がないだろうか。作り込まれた衣装に身を包み、いつもの自分と違う誰かを演じてみたい。そんな願望を、私たちの誰もが一度は持ったことがあるはずだ。

メイも根っからのパフォーマーだった。アーティストとして、著名人として、服装がいかに大事かメイは知っていた。時は19世紀後半。バッスルという腰当てを使った堅苦しいドレスが主流だったが、母ジェーンがメイのために選んだのは、流行に囚われないシンプルで実用的な服装だった。ファッションには積極的に関わらなかった父ウィリアム・モリスも、女性に対して「椅子みたいな突っ張った格好などやめ、女性のように柔らかく、流行に惑わされない自由な衣服を着るように」と言及したという。

© Victoria and Albert Museum, London

袖のゆったりとしたシンプルなベルベットのドレスで「演じる」メイ。ポーズも表情も、まるでラファエル前派の絵がそのまま写真になったかのようだ(1886年)

© Victoria and Albert Museum, London

19世紀半ばから20世紀初めに流行した「バッスル」。女性はこの腰当てでスカートをわざと膨らませた

もともと「普通」ではない家庭に育ち、すでに刺繍作家、デザイナー、教師として成功していたメイが、自分らしいファッションに興味を示したのは自然なことだった。残念ながらメイが作ったというドレスはほとんど残っていないため、彼女がどこまで極めたかの判断が難しいが、刺繍工芸に見せた技能と同じように、洋服に対する情熱も熟練したものだったことは間違いないだろう。

この時代のイギリスは、ヨーロッパの他の国々と同様、資本主義経済を疑問視する人々による社会主義運動が起きていた。その思想に賛同したウィリアム・モリスは、自ら社会主義同盟を結成する。メイも同ハマースミス支部に加入し、そこで耳にした激しい理想論に高揚し、積極的に学ぼうとした。父は娘たちに強制はしなかったが、メイが関心を示したことを素直に喜んだ。

ここから先をお読みいただくには
会員登録が必要です。

最新号のコンテンツ

連載 医学ミステリー (2020年7月号)

Dr.よねやまの芸脳生活 芸術家の生き様を医学で考える

病と闘う文豪の足跡に切り込む異色医学ミステリー、新連載開始!

連載 連載詩 (2020年7月号)

週末のアルペジオ

困難に流される日常に手を差し伸べる。詩人が紡ぐ、寄り添う言葉たち

三角みづ紀

連載 エッセイ (2020年7月号)

寺子屋山頭火

上京した山頭火は敢えて過酷な労働に身を投じ、句のために苦を求める

連載 フォト小説 (2020年7月号)

スーパーフィッシュと老ダイバー

ジョージが知らなかった「悲しみ」の感情を老ダイバーが語り聞かせる

連載 エッセイ (2020年7月号)

俳句で味わう、日本の暮らし

暑さを乗り切る知恵と工夫、土用を詠んだ情緒あふれる八句を鑑賞する

連載 回想記 (2020年7月号)

旅する少年

東京、山陰、九州。駆り立てられるように旅に出る12歳の記憶と記録

連載 スポーツ随想録 (2020年7月号)

スポーツは文芸をどのように彩ってきたか

運動好きの子規と運動嫌いの漱石。対照的な向き合い方が文芸を彩る

連載 妖異譚 (2020年7月号)

鬼ものがたり

夜道に現れた謎の女。吸い寄せられるように案内を引き受けたが……

連載 アート&エッセイ (2020年7月号)

伝統と破壊の哲学

野球部の部員だけがはく憧れのジャージ。でも僕が選んだジャージは?

連載 対談 (2020年7月号)

文芸放談 オカタケ走る!

奥泉光さんによる放談も最終回。漱石がもし長生きだったら何をした?

連載 新人デビュー小説 (2020年7月号)

愛のレシピ:23歳

私のままでいい、太陽にならなくても。今も鮮やかな友と先生の思い出

連載 英国レポート (2020年7月号)

アーツ&クラフツ、娘の仕事 メイ・モリスという才能

服飾や政治風刺の戯曲に関心を持ちパフォーマーとして舞台に立つメイ

連載 動画 (2020年7月号)

玉木正之のWeeklyスポーツ萬歳

スポーツの魅力を超絶説法で解説。ご存知タマキ先生絶好調動画連載中

連載 動画 (2020年7月号)

Dr.よねやまの芸脳生活

「スペイン風邪の悲劇、私たちはなぜ忘れた?」ドクターの必見講座

Web新小説会員登録はこちら