AmazonPayでのお支払いが可能になりました!新規会員募集中!  今すぐチェックする

  • ホーム
  • コンテンツ
  • スポーツは文芸をどのように彩ってきたか 第五回 究極のスポーツ小説は「愛」と「死」の「身体的表現」である ― 虫明亜呂無と倉橋由美子

『 スポーツは文芸をどのように彩ってきたか 』

玉木正之

スポーツは文芸をどのように彩ってきたか

玉木正之

第五回 究極のスポーツ小説は「愛」と「死」の「身体的表現」である  虫明亜呂無と倉橋由美子

『オリンポスの果実』というオリンピックに出場した若者たちの恋愛小説で、作家として不動の地位を得た田中英光は、しかし、自ら1932年のロサンゼルス五輪にボート選手として出場しながら、ボート競技(スポーツ)については、一切何も書かなかった。

《漕いだものには書かなくても判り、漕がないものには書いても判らぬ》

そのボート競技について虫明亜呂無は、1964年の東京五輪に挑戦するボート選手たちを通して、きわめて微細な筆致で次のように詳述した。

《オールに両腕をかけ、ストレッチャー・ボード(蹴り板)を両脚で蹴る。スライディング・シート(移動座席)が滑車の音を澄んだ川風に響かせながら移動してゆく。広く、深く、力強く、水との訣別をくりかえすオールの動き。前傾姿勢を徐々におこしながら水にさぐりをいれ、水の精との出会いをくりかえす。/オールが撓う。オールがきしむ。オールを支え、締める金具が、乾いた悲鳴をあげる。水の量感、水滴のあつまりのように淡く、軽快で、率直な量感がオールをとおして伝わってくるうちに、怒濤のたくましい手ごたえ》へと変化する。

《(ランニング・ウォーターか?)/艇は停止している。ボートが理想的な漕法、

ここから先をお読みいただくには
会員登録が必要です。

最新号のコンテンツ

連載 エッセイ (2020年10月号)

寺子屋山頭火

山頭火が図書館の職を辞した理由は、人間関係、それとも離婚の影響か

連載 連載詩 (2020年10月号)

最少の言葉で詩作する試み

訥々と紡ぎ出されるソネット。秋、詩人はどんな言葉を世界に放つのか

谷川俊太郎

連載 連載詩 (2020年10月号)

週末のアルペジオ

立ち止まって受け止めるメッセージ。めいめいが自分自身のものとして

三角みづ紀

連載 フォト小説 (2020年10月号)

スーパーフィッシュと老ダイバー

再び旅に出るジョージ。シーラカンスの長老に会い人間の愚かさを知る

連載 エッセイ (2020年10月号)

俳句で味わう、日本の暮らし

猪の多産にあやかり子孫繁栄や五穀豊穣を祈る亥の子。名句を鑑賞する

連載 回想記 (2020年10月号)

旅する少年

山陰、奈良、続く旅への衝動と学級新聞で向けられる地元への眼差し

連載 医学ミステリー (2020年10月号)

Dr.よねやまの芸脳生活 芸術家の生き様を医学で考える

胃潰瘍で亡くなった漱石。神経衰弱の要因はその気質と英国留学にあり

連載 スポーツ随想録 (2020年10月号)

スポーツは文芸をどのように彩ってきたか

スポーツに愛と死を見出し言葉に換えた二人・虫明亜呂無と倉橋由美子

連載 妖異譚 (2020年10月号)

鬼ものがたり

道に迷った山中で助けてくれた老僧。ところがムチを持ち出すと……

連載 アート&エッセイ (2020年10月号)

伝統と破壊の哲学

クラスの厄介者・野田ちんに渡しそびれた、カジカの木箱の思い出とは

連載 新人デビュー小説 (2020年10月号)

愛のレシピ:23歳

きっと誕生日が来るたび思い出す。母と祖母から渡されたほろ苦い幸せ

連載 動画 (2020年10月号)

Dr.よねやまの芸脳生活

「漱石に学ぶ人脈の作り方」Dr.の必見レクチャー好評配信中

連載 動画 (2020年10月号)

町田康のパンク山頭火ラヂオ

徒然なるままに山頭火を語る町田版自由律YouTube。必見連載スタート

Web新小説会員登録はこちら