【注目動画】谷川俊太郎×俵万智3回連続ライブトーク  今すぐチェックする

『 愛のレシピ:23歳 』

下平咲

愛のレシピ・・23

下平咲

今までで一番美味しいチャーハン

「おなかへった」
独り言のように兄が言った。
時計の針はもうすっかり正午を過ぎていた。

冷蔵庫の中を見ると、昨夜の残ったご飯と卵、牛の薄切り肉が目に入った。
野菜室にはネギもあったので、「チャーハンなら作れそうかも」と私が言うと、
兄の表情がパッと明るくなって「作って!」とすぐさま答えが返ってきた。


物心ついた時から、兄とは別々に暮らしていた。

離婚後、長野に居づらくなった母は、私と兄を連れて東京に住み始めた。
アルコール依存症だった母のお酒を止めさせようとしていた兄は、
母が出かけている隙に、彼女が祖父母に内緒で飲んでいたお酒を見つけ出しては、
長野に住む祖父母に「またママがお酒を飲んでないって言いながらお酒を飲んでたよ」と
電話で告げ口をした。その度に母は祖父母たちに電話でこっ酷く怒られていた。
母は兄の監視を恐れ、お酒の隠し場所をどんどん変えていったが、結局兄の目を誤魔化すことはできなかった。

母の症状がエスカレートしていくうちに、兄と母の関係は悪くなっていった。

そんなある日、兄が目を覚ますと、兄の枕元に包丁が刺さっていたそうだ。
「いつか殺されるかもしれない」
そう思った兄はすぐに祖父母の家に電話をかけ、事情を聞いた祖父は激怒し、
その日のうちに兄を引き取りに東京のマンションまで押しかけてきた。

長野の母の実家に引き取られた兄は、祖父と祖母の養子になり、

ここから先をお読みいただくには
会員登録が必要です。

最新号のコンテンツ

連載 回想記 (2021年4月号)

旅する少年

山口・蓋井島、天皇制反対デモ、新潟。いつしか少年の季節は終わる

連載 連載詩 (2021年4月号)

最少の言葉で詩作する試み

見る歓びとともに今日が始まる。時を凍らせる言葉は一瞬で破片になる

谷川俊太郎

連載 連載詩 (2021年4月号)

週末のアルペジオ

重なり合い流れていく花弁、揺れ続ける家々の灯り。やがて夜が明ける

三角みづ紀

連載 動画 (2021年4月号)

オンライン対談 谷川俊太郎×俵万智

3連続スペシャル動画谷川×俵オンラインで語り尽くす今日から明日

谷川俊太郎×俵万智

連載 エッセイ (2021年4月号)

寺子屋山頭火

山頭火を危機から救い出し、仏門に導くきっかけを作った人物の正体は

連載 イラスト評伝 (2021年4月号)

エピソードで知る種田山頭火

生活のために様々な労働に挑んだ山頭火だが、心身をすり減らすばかり

春陽堂書店編集部

連載 動画 (2021年4月号)

待ってました! 黙阿弥歌舞伎への招待

名セリフを彦三郎の朗読とGIFアニメで楽しむ電脳紙芝居連載開始!

春陽堂書店Web新小説編集部

連載 エッセイ (2021年4月号)

兼好のつれづれ絵草紙

つい口を滑らせる悪い癖。「粗相の使者」よろしく大物師匠を怒らせる

三遊亭兼好

連載 エッセイ (2021年4月号)

俳句で味わう、日本の暮らし

古くは厄除けの節句だった端午。男子の成長を願い幟を上げ粽を食べる

連載 ウェブ絵巻 (2021年4月号)

漱石クロニクル ―絵で読む夏目漱石の生涯―

自由奔放に過ごした学生時代、友人のすすめで文学者になることを決意

連載 俳句鑑賞 (2021年4月号)

楸邨山脈の巨人たち

リズムが心地よい金子兜太第二回。定型が多くなるが作風はより自由に

連載 医学ミステリー (2021年4月号)

Dr.よねやまの芸脳生活 芸術家の生き様を医学で考える

画家、政治家として活躍し、器用がゆえに短命の人生となった黒田清輝

連載 動画&エッセイ (2021年4月号)

假屋崎省吾の絶品紀行~日々を華麗に彩る~

バリエーション豊富でぷっくり可憐!チューリップを求めてオランダへ

假屋崎省吾

連載 妖異譚 (2021年4月号)

鬼ものがたり

老医師の邸に現れた薄衣の女。太腿の腫れを診てくれと妖しい申し出が

連載 紀行エッセイ (2021年4月号)

銭湯放浪記

雪の小樽。寿司店の主人が歴史ある銭湯を紹介してくれ、なんと更に…

連載 動画 (2021年4月号)

Dr.よねやまの芸脳生活

絵の価値と価格~黒田清輝の生き方編Dr.の必見YouTube好評配信中

連載 動画 (2021年4月号)

町田康のパンク山頭火ラヂオ

徒然なるままに山頭火を語る町田版自由律YouTube。注目の第3回配信

Web新小説会員登録はこちら