登録初月は無料、バックナンバー【作家62人、連載回数445回】も読み放題! 会員登録はこちら  今すぐチェックする

伝統と破壊の哲学

増田伸也

伝統と破壊の哲学 Vol.4

「なぜ僕は写真で世界を目指すのか」

増田伸也

HANAFUDA SHOUZOKU#4, 2015,Shinya Masuda

「坂田くん」

今回は図画工作の話からちょっと離れて、僕の初めてのお友達、坂田くんにまつわる思い出を書いてみようと思う。

小学校1年生になったばかりの頃、僕は孤独だった。
毎日学校から帰ってきてランドセルを下ろすやいなや、ひとり人形劇を上演していた。
演じるのも観るのも自分だけである。
一日も欠かさず、せっせと脚本を考え、人形を使って演じ、その出来の良さに一人酔いしれていた。
どんな脚本かというと、それは涙あり笑いありの人情もので、土曜のお昼に曾祖母と必ず見ていた藤山寛美の松竹新喜劇の影響を色濃く受けたものだ。

今でこそ質素な暮らしをしている僕だが、当時の増田少年は大きな屋敷に曾祖母と祖母と母と家政婦さんとで暮らしていた。
亡き曾祖父が一獲千金を得て、手に入れた屋敷だ。

屋敷には、絵が好きだった曾祖父が集めた屏風や掛軸が季節ごとに替えられ飾られていた。
増田少年は、特に好んで鷹と僧兵の屏風の前でせっせとひとり人形劇に興じていた。

そんな僕に初めて友達ができた。
そう、坂田くんだ。
記念すべき出会った日の記憶は、残念ながら消えてしまっている。

僕の住む家から大通りを挟んだ少し先の小さな路地に坂田くんの家はあった。

登録初月は無料

ここから先をお読みいただくには
会員登録をお願いいたします

登録をすると、創刊号(2020年2月1日号)からのバックナンバーをすべてお読みいただけます。

最新号のコンテンツ

特集「大丈 夫、猫がいる Vol.2」 (2022年9月1日号)

山頭火と猫

山頭火は小さな生きものを愛した。こおろぎ、蝶、とんぼ。そして猫も

特集「大丈 夫、猫がいる Vol.2」 (2022年9月1日号)

やっぱり猫がいないと…

野良猫、地域猫、ウチの猫…。かけがえのない代々の猫たちとの思い出

特集「大丈 夫、猫がいる Vol.2」 (2022年9月1日号)

庭のサンちゃん

とんかつ屋のあるマンションの中庭に現れる地域猫サンちゃんが繋ぐ縁

浅生ハルミン

連載 (2022年9月1日号)

Looking for 鷗外

ツバメに熊本を、乾きにカリフォルニアを想う、鷗外の思想がみえる

伊藤比呂美

連載 連載小説 (2022年9月1日号)

猛獣ども

熊事件が巻き起こした嵐による傷と癒し。ほのかなあかりが萌す最終回

連載 俳句エッセイ (2022年9月1日号)

アマネク ハイク

体の痛みや辛さをどうリアルに伝えるのか。代表作を例に細やかに解説

連載 猫エッセイ (2022年9月1日号)

Q&A今月の猫じゃらし

買ったばかりの高価なバッグを猫がガリガリ爪研ぎ。どうしましょう!

連載 俳句鑑賞 (2022年9月1日号)

楸邨山脈の巨人たち

田川飛旅子の最終回。「老い」の句群から死生観と感情を詠み解く

(2022年9月1日号)

春陽堂書店の“猫の本”

文芸出版ならではの猫をモチーフにした本が刊行されています

春陽堂書店Web新小説編集部

バックナンバー (2022年9月1日号)

オンライン対談 谷川俊太郎×俵万智 バックナンバーの部屋

言葉の達人二人がオンラインでとことん語り合う奇跡の対談動画155分

春陽堂書店Web新小説編集部

バックナンバー (2022年9月1日号)

町田康の“山頭火”はここで読める

山頭火の生き方、句の魅力を町田康が読み解く二つのシリーズを読む

春陽堂書店Web新小説編集部

バックナンバー (2022年9月1日号)

大高郁子の漱石の一生

1200点以上の愛らしい絵をスクロールしてふり返る文豪夏目漱石の生涯

春陽堂書店Web新小説編集部

バックナンバー (2022年9月1日号)

三遊亭兼好の“絵草紙”はここで読める

人気落語家の軽快な語り口が冴えわたるイラストと楽しむ絶品エッセイ

春陽堂書店Web新小説編集部

バックナンバー (2022年9月1日号)

「芸術家の生き様を医学で考える」米山公啓の部屋

文豪の生き様を知れば今の自分が見えてくる! エッセイと動画で学ぶ

春陽堂書店Web新小説編集部

バックナンバー (2022年9月1日号)

歌舞伎役者.坂東彦三郎朗読動画バックナンバーの部屋

坂東彦三郎が朗読。河竹黙阿弥の歌舞伎狂言12選 絵は辻和子

春陽堂書店Web新小説編集部

バックナンバー (2022年9月1日号)

岡もみじショートショート漫画バックナンバーの部屋

妄想膨らむ楽しい「しおり物語」の世界へようこそ! 全6回一気読み

春陽堂書店Web新小説編集部

編集後記 (2022年9月1日号)

気まぐれ編集後記

新宿・大久保、今なお暑い夏。思い出す井伏鱒二の「ビールの飲み方」

春陽堂書店Web新小説編集部

登録初月は無料

Web新小説会員登録はこちら