AmazonPayでのお支払いが可能になりました!新規会員募集中!  今すぐチェックする

『 俳句で味わう、日本の暮らし 』

黛まどか

俳句で味わう、日本の暮らし

黛まどか

第七回 二百十日

立春から数えて二百十日目で、雑節の一つ。新歴では九月一日か二日頃。ちょうど稲の開花期で、台風襲来の時期と重なることから、農家では〝厄日〟として警戒してきた。また立春から二百二十日目の〝二百二十日〟も同様の意味で厄日とし、旧暦八月一日の〝八朔〟と共に、農家の三大厄日とされる。

風を鎮めるため、二百十日の前後に、風神である竜田または広瀬の神を祀って豊作を祈る〝風祭〟が行われる。風の祭祀は全国の神社や寺院、各集落の祠や家々などで広く催されるが、土地の習俗とも調和し、地域性を持つ。風を切るまじないとして、鎌を軒先や屋根の上に取り付けたり(風切り鎌)、風除けの札を田畑に立てたりする。〝風日待かざひまち〟は、人々が集まって飲食をし、神社や堂に忌籠りをする風習。富山県内には不吹堂ふかんどうや風神堂が分布する。

風害は農業にとって死活的な問題だが、一方で風は、水や太陽と同様に必須のものでもある。漁業にとっても、風はその両面性を持つ。風神の呼称〝風の三郎〟には、強風を怖れつつ順風を待ち、風と共に暮らしてきた民の息づかいが感じ取れる。

島山を い行き廻れる 川副ひの 丘辺の道ゆ 昨日こそ わが越え来しか 一夜のみ 寝たりしからに 峯の上の 桜の花は 滝の瀬ゆ 激ちて流る 君が見む その日までには 山下やまおろしの 風な吹きそと うち越えて 名に負へるもりに 風祭せな

『万葉集』巻九・一七五一

風祭を詠んだ高橋虫麻呂の長歌。難波宮に一泊して翌日平城京に帰った折の歌。

ここから先をお読みいただくには
会員登録が必要です。

最新号のコンテンツ

連載 エッセイ (2020年10月号)

寺子屋山頭火

山頭火が図書館の職を辞した理由は、人間関係、それとも離婚の影響か

連載 連載詩 (2020年10月号)

最少の言葉で詩作する試み

訥々と紡ぎ出されるソネット。秋、詩人はどんな言葉を世界に放つのか

谷川俊太郎

連載 連載詩 (2020年10月号)

週末のアルペジオ

立ち止まって受け止めるメッセージ。めいめいが自分自身のものとして

三角みづ紀

連載 フォト小説 (2020年10月号)

スーパーフィッシュと老ダイバー

再び旅に出るジョージ。シーラカンスの長老に会い人間の愚かさを知る

連載 エッセイ (2020年10月号)

俳句で味わう、日本の暮らし

猪の多産にあやかり子孫繁栄や五穀豊穣を祈る亥の子。名句を鑑賞する

連載 回想記 (2020年10月号)

旅する少年

山陰、奈良、続く旅への衝動と学級新聞で向けられる地元への眼差し

連載 医学ミステリー (2020年10月号)

Dr.よねやまの芸脳生活 芸術家の生き様を医学で考える

胃潰瘍で亡くなった漱石。神経衰弱の要因はその気質と英国留学にあり

連載 スポーツ随想録 (2020年10月号)

スポーツは文芸をどのように彩ってきたか

スポーツに愛と死を見出し言葉に換えた二人・虫明亜呂無と倉橋由美子

連載 妖異譚 (2020年10月号)

鬼ものがたり

道に迷った山中で助けてくれた老僧。ところがムチを持ち出すと……

連載 アート&エッセイ (2020年10月号)

伝統と破壊の哲学

クラスの厄介者・野田ちんに渡しそびれた、カジカの木箱の思い出とは

連載 新人デビュー小説 (2020年10月号)

愛のレシピ:23歳

きっと誕生日が来るたび思い出す。母と祖母から渡されたほろ苦い幸せ

連載 動画 (2020年10月号)

Dr.よねやまの芸脳生活

「漱石に学ぶ人脈の作り方」Dr.の必見レクチャー好評配信中

連載 動画 (2020年10月号)

町田康のパンク山頭火ラヂオ

徒然なるままに山頭火を語る町田版自由律YouTube。必見連載スタート

Web新小説会員登録はこちら