キャンペーン情報やWeb新小説の裏話も!公式Twitterはこちら  今すぐチェックする

『 俳句で味わう、日本の暮らし 』

黛まどか

俳句で味わう、日本の暮らし

黛まどか

第十二回 節分

雑節の一つで、立春の前日。節分とはもともとは季節の分かれ目を意味し四季それぞれにあり、立春、立夏、立秋、立冬の前日をさす。〝節替せつがわり〟〝節分せちぶ〟とも。各節分には祓を行ってきたが、旧暦の時代は立春が新年でもあったため、立春の節分にはさまざまな年越しの行事が行われた。

〝豆撒〟〝鬼やらひ〟もその一つで、炒り豆を撒いて邪気を祓う。古くは中国の〝追儺ついな〟に始まり、八世紀初期に日本に伝わって宮中の行事となった。〝儺〟は疫病神のことで、大晦日の夜、鬼に扮した舎人を内裏の四門をめぐって追い回す。疫病神を祓う役の方相氏ほうそうしは大舎人長が務め、黄金四つ目の仮面を被り、黒衣朱裳を着て、手に矛と楯を持つ。これを〝大儺〟と呼び、大儺に従い駆け回る童子を〝小儺〟と呼んだ。殿上人は桃の弓、葦の矢で鬼を射る。日本の追儺では方相氏が鬼に逆転していて興味深い。

追儺の行事は近世に入って節分の行事として民間でも行われるようになった。豆を撒くのはその年の年男。豆撒きの後で、自分の歳の数だけ豆を食べる習慣は、かつて新年を迎えると年齢を一つ加える「数え年」の年取りの儀式の名残である。家々では柊の枝に鰯の頭を刺したものを戸口に立て、鬼が入らないようにする。

豆を打つ声のうちなる笑かな

宝井其角

其角は芭蕉十哲の一人で江戸前期の俳人。芭蕉没後、洒落風を興して江戸座を開いた。

節分の夜、神仏に供えた豆を「鬼は外!」「福は内!」と囃しながら撒く。娯楽が少なかった時代のこと、豆撒は庶民にとって楽しみなイベントの一つでもあっただろう。豆を枡に入れ、逃げ回る鬼を追いかける人々。邪気や疫病神が家から退散するように、福を呼び込むようにと大きな声を上げて豆を打つ。

ここから先をお読みいただくには
会員登録をお願いいたします。

登録をするとすべての著者のバックナンバーをお読みいただけます。

最新号のコンテンツ

連載 連載小説 (2021年9月号)

猛獣ども

別荘地で熊に殺された男女…不穏な波紋の広がる先は。注目の新連載

連載 連載詩 (2021年9月号)

最少の言葉で詩作する試み

言葉の意味から滲み出すものを探る。最少の言葉で紡ぐソネット最終回

谷川俊太郎

連載 (2021年9月号)

週末のアルペジオ

走り去る列車が映し出す過去。適切な孤独が作り出すふたりの未来

三角みづ紀

連載 エッセイ (2021年9月号)

町田康の読み解き山頭火

一所不在の俳人・山頭火。作品を鑑賞しながら縦横無尽に人生をたどる

連載 イラスト評伝 (2021年9月号)

エピソードで知る種田山頭火

生涯を放浪の中に生きた山頭火。行乞の日々とはどんなものだったのか

春陽堂書店編集部

連載 動画 (2021年9月号)

待ってました! 黙阿弥歌舞伎への招待

坂東彦三郎の朗読とGIFアニメで楽しむ電脳紙芝居第6弾「髪結新三」

春陽堂書店Web新小説編集部

連載 エッセイ (2021年9月号)

兼好のつれづれ絵草紙

同じ言葉でも誰に言われるかで変わる?「おい、その咄誰に習った?」

三遊亭兼好

連載 ウェブ絵巻 (2021年9月号)

漱石クロニクル ―絵で読む夏目漱石の生涯―

ロンドンで化学者・池田菊苗と共に過ごし、大きな刺激を受ける

連載 俳句鑑賞 (2021年9月号)

楸邨山脈の巨人たち

加藤楸邨門下を読み解くシリーズ。冷徹な作風の女流・寺田京子第一回

連載 医学ミステリー (2021年9月号)

Dr.よねやまの芸脳生活 芸術家の生き様を医学で考える

最晩年まで安定して執筆を続けた常識人・泉鏡花の稀有な作家人生とは

連載 動画&エッセイ (2021年9月号)

假屋崎省吾の絶品紀行~日々を華麗に彩る~

9月9日は重陽の節句。品格があり高潔な菊は大人の雰囲気にぴったり

假屋崎省吾

連載 紀行エッセイ (2021年9月号)

銭湯放浪記

ウワサの銭湯見たさに新幹線で京都へ。目の前に現れた贅沢な空間は?

連載 動画 (2021年9月号)

Dr.よねやまの芸脳生活

熱海の物語と尾崎紅葉~Dr.米山の必見動画第16弾

連載 動画 (2021年9月号)

町田康のパンク山頭火ラヂオ

徒然なるままに山頭火を語る町田版自由律YouTube。注目の第4回配信

Web新小説会員登録はこちら