ココでしか読めないコンテンツが盛りだくさん! Web新小説会員募集中!  今すぐチェックする

『 寺子屋山頭火 』

町田康

寺子屋山頭火

町田康

第二回 分け入らなければならなかったのはなぜか

ということで、なんで山頭火は分け入らなければならなかったのか。大正十五年四月以前、山頭火の身の上になにがあったのか。

というとこのとき山頭火はもはや四十四歳。平均寿命が五十歳とかそんな時代だから、もはや老境に差し掛かっているといえる年格好である。そんな年になって行乞、というと聞こえはよいが、はっきり言えば乞食になるのだから、そりゃあ、いろんなことがあったのだろう。

ということでここに至るまでの山頭火の生涯について書きながら考えてみたいが、時代を追って詳しく書いていると長くなるというか、自分は小説家なので、詳しく書こうとすると、ついつい想像を交えて、

そのとき山頭火は思った。「屁をこきたいなあ」と。
とか、

その川の向こうには杉林が見えた。葉陰に猿が休息していた。まるでバカみたいな猿であった。杉林の傍らの民家の屋根にも猿はいた。その頃、スタバはまだ日本になかった。

なんて、なんの証拠もないこと、書く必要のないこと、をくどくど書いてしまい、上中下巻、合わせて六千頁に及ぶ大著、みたいな感じになってしまう可能性があり、それはできれば避けたいので、取りあえずいまはざっと略歴みたいなものを書いて、この後、必要に応じて徐々に細かい経歴について考えるということにしようと思う。

どういう感じかというと、山頭火の一生がスーパーマーケットであったとすると、最初はあまり棚を細かく見ないで、まずはぐるっと一周回り、「ほっほーん、ここは青果売り場か、そいで、次が惣菜売り場か。ほいで牛乳とか売っているところがあって、鮮魚、精肉、と続くわけか」と全体を大雑把に把握して、二周、三周、四周、五周、何度も周回しつつ、その理解を詳細なものにしていこうと、こういう魂胆である。

そしてそのときどき、カレーを作りたい目線、うどんを作りたい目線、知り合いと家で鍋する目線、台風が来るというので水とか買いに行く目線、盆の準備目線、とさまざまな視点・視座から棚を眺めることによってその理解をより深いものにしようと、こう思うのである。

ということで大正十五年四月までの山頭火の生涯を簡単に書くと、

山頭火は明治十五年に生まれた。本名は種田正一。実家は大金持ち。中学時代から俳句を作り始め、卒業後、早稲田大学に進むも中退 (明治三七年・二二歳)、山口に戻り、家業を手伝い結婚もする (明治三九年・二四歳) が実家破産。熊本に移って古本屋を始める (大正五年・三四歳) が単身上京 (大正八年・三七歳)、離婚 (大正九年・三八歳)、それから東京でバイトしたり就職したりしていたが熊本に舞い戻り、別れた妻の家に転がり込み (大正一三年・四二歳)、やがて禅門に入り、出家得度して観音堂の堂守となる (大正一四年・四三歳)。

ということになる。これを大きく分けると、
  1. 生まれてから大学を中退するまで。〇歳〜二二歳
  2. 山口に戻り実家が破産するまで。二二歳〜三四歳
  3. 熊本→単身上京。三七歳〜四〇歳
  4. 熊本に戻り出家。四〇歳〜四三歳

の四つに分けることができる。

この間に、山頭火が、解くすべもない惑いを背負う、ことになった直接間接の原因があった、と取りあえずは考えてみる。

といってなんの情報も知識もなくただ考えてみても、「人間、生きてればいろいろあるよねー」くらいのことしか思い浮かばない。そこでこの二週間の間に読んだ本のうち、村上護氏による評伝『山頭火 漂泊の生涯』を参考にしていろいろ考えてみたところ、ひとつの問題として、「やっば銭の問題って大きいよね」ということが私の半ば腐敗した頭脳のなかに浮かび上がった。

どんな綺麗事を言っていても人間が生きていくためにはどうしても銭というものが必要となってくる。

ここから先をお読みいただくには
会員登録が必要です。

最新号のコンテンツ

連載 医学ミステリー (2020年7月号)

Dr.よねやまの芸脳生活 芸術家の生き様を医学で考える

病と闘う文豪の足跡に切り込む異色医学ミステリー、新連載開始!

連載 連載詩 (2020年7月号)

週末のアルペジオ

困難に流される日常に手を差し伸べる。詩人が紡ぐ、寄り添う言葉たち

三角みづ紀

連載 エッセイ (2020年7月号)

寺子屋山頭火

上京した山頭火は敢えて過酷な労働に身を投じ、句のために苦を求める

連載 フォト小説 (2020年7月号)

スーパーフィッシュと老ダイバー

ジョージが知らなかった「悲しみ」の感情を老ダイバーが語り聞かせる

連載 エッセイ (2020年7月号)

俳句で味わう、日本の暮らし

暑さを乗り切る知恵と工夫、土用を詠んだ情緒あふれる八句を鑑賞する

連載 回想記 (2020年7月号)

旅する少年

東京、山陰、九州。駆り立てられるように旅に出る12歳の記憶と記録

連載 スポーツ随想録 (2020年7月号)

スポーツは文芸をどのように彩ってきたか

運動好きの子規と運動嫌いの漱石。対照的な向き合い方が文芸を彩る

連載 妖異譚 (2020年7月号)

鬼ものがたり

夜道に現れた謎の女。吸い寄せられるように案内を引き受けたが……

連載 アート&エッセイ (2020年7月号)

伝統と破壊の哲学

野球部の部員だけがはく憧れのジャージ。でも僕が選んだジャージは?

連載 対談 (2020年7月号)

文芸放談 オカタケ走る!

奥泉光さんによる放談も最終回。漱石がもし長生きだったら何をした?

連載 新人デビュー小説 (2020年7月号)

愛のレシピ:23歳

私のままでいい、太陽にならなくても。今も鮮やかな友と先生の思い出

連載 英国レポート (2020年7月号)

アーツ&クラフツ、娘の仕事 メイ・モリスという才能

服飾や政治風刺の戯曲に関心を持ちパフォーマーとして舞台に立つメイ

連載 動画 (2020年7月号)

玉木正之のWeeklyスポーツ萬歳

スポーツの魅力を超絶説法で解説。ご存知タマキ先生絶好調動画連載中

連載 動画 (2020年7月号)

Dr.よねやまの芸脳生活

「スペイン風邪の悲劇、私たちはなぜ忘れた?」ドクターの必見講座

Web新小説会員登録はこちら