谷川俊太郎×三角みづ紀スペシャルオンライン対談と朗読公開中!  今すぐチェックする

『 伝統と破壊の哲学 』

増田伸也

伝統と破壊の哲学 Vol.10

「なぜ僕は写真で世界を目指すのか」

増田伸也

HANAFUDA SHOUZOKU#53, 2017, Shinya Masuda

「ピンクの雪だるま」

今思えばあれが僕にとっての初恋だったのかもしれない。
増田少年が黒板と教壇の間の指定席に座るようになるもっと前の話である。
生徒たちは通常2人用の頑丈な木製机を使用することになっていた。
使い古されたその机には、歴史を物語る栄光のキズ跡が残されていた。
ニードルで意図的に掘られた穴のある机は密かに男子生徒たちの人気を博していた。消しゴムの削りカスを丸め、ゴルフと称し仲間うちで遊べるからだった。

2人用の机はバディとしての仲間意識を高めることにも一役買っていた。
2人で1冊の教科書を使用する場合には、両端を2人で持つことになり、このような共同作業が、譲り合いや相手を敬う気持ちを育んでいく。

しかし、低学年ではまだまだ修業が足りずお隣さんとの仲が悪くなってしまう例も多々あった。
こういった生徒たちは境界問題を抱えることとなる。
境界線として机の真ん中に鉛筆で濃く引かれた線があるのだが、その線から消しゴムがわずかに相手側にはみ出したりしたらもう大変。猛烈な抗議を受けることになりかねない。ときには掴み合いの大喧嘩に発展する。
いつの間にか「空中はありね。セーフ、セーフ」と机の上の空間で境界を侵し、お隣さんを挑発してくる男子もいるから紛争は絶えなかった。

さて、僕のクラスでは2学期が始まって早々に席替えが行われた。

ここから先をお読みいただくには
会員登録が必要です。

最新号のコンテンツ

連載 エッセイ (2020年11月号)

寺子屋山頭火

生涯を通じて山頭火の人格に影響を及ぼした、幼い頃の衝撃的な出来事

連載 動画 (2020年11月号)

オンライン対談「詩人が語る今」

60分スペシャル番組谷川×三角オンライン対談と朗読「詩人が語る今」

谷川俊太郎×三角みづ紀

連載 連載詩 (2020年11月号)

最少の言葉で詩作する試み

言葉の氾濫へのアンチテーゼか。詩人が語りかけるミニマムの言葉

谷川俊太郎

連載 連載詩 (2020年11月号)

週末のアルペジオ

私たちはみな待っている。ひそかに紡がれた変化が、静かに芽吹く日を

三角みづ紀

連載 フォト小説 (2020年11月号)

スーパーフィッシュと老ダイバー

クララにもういちど会いたい。ハンスが叫ぶと海に鮮やかな色が蘇った

連載 エッセイ (2020年11月号)

俳句で味わう、日本の暮らし

煤払、松迎え、餅つき、年木樵。着々と進む正月準備を歌う句を鑑賞

連載 回想記 (2020年11月号)

旅する少年

極寒の大地の洗礼を受けながらも「傷だらけの天使」最終回を見る

連載 医学ミステリー (2020年11月号)

Dr.よねやまの芸脳生活 芸術家の生き様を医学で考える

人間関係が人生を変える。幸運を運ぶ一方、命取りとなった漱石の人脈

連載 スポーツ随想録 (2020年11月号)

スポーツは文芸をどのように彩ってきたか

沢木耕太郎の活躍がスポーツ・ノンフィクションに新たな時代を拓いた

連載 妖異譚 (2020年11月号)

鬼ものがたり

誘われるまま入った庵で交わった女。彼女が一人語る恐ろしい告白……

連載 アート&エッセイ (2020年11月号)

伝統と破壊の哲学

出口さんが黒い紙に描いた赤い雪だるま。すごいぞ! 僕は歓喜した

連載 新人デビュー小説 (2020年11月号)

愛のレシピ:23歳

どん底から救い上げてくれる魔法のスープ、玉子雑炊に込められた想い

連載 動画 (2020年11月号)

Dr.よねやまの芸脳生活

「漱石に学ぶ病気と運」Dr.の必見役立ちレクチャー好評配信中

連載 動画 (2020年11月号)

町田康のパンク山頭火ラヂオ

徒然なるままに山頭火を語る町田版自由律YouTube。必見の第2弾

Web新小説会員登録はこちら