【無料公開3/15(月)まで】震災から10年―いま、ここに、詩の言葉を  今すぐチェックする

『 町田康のパンク山頭火ラヂオ 』

町田康

徒然なるままに、放浪の俳人・種田山頭火について語るYouTube「町田康のパンク山頭火ラヂオ」。大変好評だった第1回に引き続き、第2回の配信です。

大正五年、実家の酒造場が倒産。句友である兼崎地橙孫らを頼り、山頭火は妻子を連れて熊本に至ります。そこで山頭火は古書店を開業。妻が店を切り盛りし、山頭火は行商に出る生活。地元の学生や文化人との交流もあり、熊本に定着するかと思われた山頭火ですが、そこでまた新たな悲劇が山頭火を襲います。山頭火の胸中やいかに!?

好評連載中の「寺子屋山頭火」で、まさに毎月山頭火と対峙している町田さん。“自由律YouTube”というにふさわしい独特のトークで、山頭火の人物像やその魅力を語ってくれます。動画は不定期で『Web新小説』で連載の予定です。どうぞ、連載中のエッセイ「寺子屋山頭火」と併せてお楽しみください。


町田康エッセイ「寺子屋山頭火」最新号はこちら 
https://shinshosetsu.com/novels/6ea4ddc1ddb75e48

会員登録はこちら 
https://shinshosetsu.com/sign_up

【YouTube】Web新小説チャンネルはこちら チャンネル登録をお願いします!  

  
  

町田康

作家、ミュージシャン。1962年大阪府生まれ。1981年「INU」のボーカリストとして歌手デビュー。97年に初小説『くっすん大黒』でドゥマゴ文学賞、野間文芸新人賞を受賞。2000年に『きれぎれ』で芥川賞、01年に詩集『土間の四十八滝』で萩原朔太郎賞、05年『告白』で谷崎潤一郎賞を受賞するなど、著作、受賞歴ともに多数。近著に『記憶の盆をどり』『しらふで生きる 大酒飲みの決断』

公式ウェブサイト  https://www.machidakou.com/

最新号のコンテンツ

詩と朗読動画 (2021年3月号)

いま、ここに、詩の言葉を ――東日本大震災から10年

東日本大震災から10年。10の詩と朗読が言葉と記憶を未来へとつなぐ

春陽堂書店Web新小説編集部

連載 連載詩 (2021年3月号)

最少の言葉で詩作する試み

朝に夕暮れに言葉が現れる。天と地の隙間で言葉は枝先に留まっている

谷川俊太郎

連載 連載詩 (2021年3月号)

週末のアルペジオ

愛おしく、ひたむきに、整え重ねられた日々。そしてまた、春がめぐる

三角みづ紀

連載 エッセイ (2021年3月号)

寺子屋山頭火

自分に耐えられず大酒を飲む山頭火。酔った挙句、電車の前に仁王立ち

連載 イラスト評伝 (2021年3月号)

エピソードで知る種田山頭火

酒に溺れる壮絶な生涯。禁酒を誓う一方で、大酒を止められない山頭火

春陽堂書店編集部

連載 エッセイ (2021年3月号)

俳句で味わう、日本の暮らし

灌仏会は釈尊誕生を祝して行う法会のこと。寺々に喜びの景色が広がる

連載 ウェブ絵巻 (2021年3月号)

漱石クロニクル ―絵で読む夏目漱石の生涯―

漢籍や文学に夢中で、英語は大嫌いだった。迷い多き十代の夏目漱石

連載 回想記 (2021年3月号)

旅する少年

本土復帰した沖縄へ。那覇、八重山諸島、基地と海と3枚のTシャツ

連載 エッセイ (2021年3月号)

兼好のつれづれ絵草紙

落語でもおなじみの「はばかり=厠」をめぐって、噺家たちが喧々囂々

三遊亭兼好

連載 俳句鑑賞 (2021年3月号)

楸邨山脈の巨人たち

金子兜太から始動。孫弟子が俳人加藤楸邨の系譜を辿る愛ある俳句鑑賞

連載 医学ミステリー (2021年3月号)

Dr.よねやまの芸脳生活 芸術家の生き様を医学で考える

文学者の業績と軍医としての後悔。森鷗外の死は最後の自己表現なのか

連載 動画&エッセイ (2021年3月号)

假屋崎省吾の絶品紀行~日々を華麗に彩る~

梅、桃、そして桜を待ち望む春。カーリィー先生のお花見の穴場も紹介

假屋崎省吾

連載 スポーツ随想録 (2021年3月号)

スポーツは文芸をどのように彩ってきたか

なぜ野球はスポーツ文学の王者たりえたのか? 数々の名作が語る魅力

連載 妖異譚 (2021年3月号)

鬼ものがたり

おもいびとと一夜を過ごしたお堂に長い髪と白い衣裳の女が現れて……

連載 紀行エッセイ (2021年3月号)

銭湯放浪記

弘前の繁華街で見つけた、その名も娯楽湯。人情味溢れる接客に感激

連載 動画 (2021年3月号)

Dr.よねやまの芸脳生活

「安楽死とは~森鷗外の生き方にみる」Dr.の必見YouTube好評配信中

連載 動画 (2021年3月号)

町田康のパンク山頭火ラヂオ

徒然なるままに山頭火を語る町田版自由律YouTube。注目の第2回配信

Web新小説会員登録はこちら