登録初月は無料!バックナンバーも読み放題!会員登録はこちら   今すぐチェックする

  • ホーム
  • バックナンバー
  • 漱石クロニクル ―絵で読む夏目漱石の生涯― 第十回 「やめたきは教師、やりたきは創作」ー朝日新聞社入社を決心する

『 漱石クロニクル ―絵で読む夏目漱石の生涯― 』

大高郁子

漱石クロニクル

  ―絵で読む夏目漱石の生涯―

大高郁子

第十回 「やめたきは教師、やりたきは創作」―朝日新聞社入社を決心する

明治三十八年(一九〇五年)三十八歳

 一月三日の夜、高浜虚子、坂本四方太、橋口清(五葉)、橋口貢を招いて、猪肉入り雑煮をご馳走する。
 鏡子と女中は、子供が食べ残した雑煮の餅を食べた猫が、しきりに前脚でもがきながら踊りをおどっているのを見て笑う。

 一月十一日、『吾輩は猫である』の続編を書き上げる。最初のものより三倍以上、長かった。

 一月十七日、東京帝国大学文科大学で午前十時から十二時まで「ハムレット」、午後一時から三時まで「英文学概説」の講義が始まる。また一高では、それまで「夏目さん」と呼ばれていたが、「猫さん」「猫」とも呼ばれるようになる。

 二月二日、土井晩翠宛に水彩の自画像を送る。
《自分の肖像をかいたらこんなものが出来た何だか影が薄い肺病患者の様だ。》

 二月九日、『幻影まぼろしの盾』を執筆、二月十八日、脱稿。
 二月二十二日から三月五日の間に『吾輩は猫である』(続々編)を脱稿。

 三月下旬(推定)から、毎月一回、文章会を開くようになる。高浜虚子、坂本四方太、寺田寅彦、皆川正禧まさき、野間真綱、野村伝四、中川芳太郎らが集まる。各自文章を持ち寄り、批評し合った。鏡子は集まる人たちのための夕食を朝から準備する。年末まで続いたらしい。

登録初月は無料
ここから先をお読みいただくには
会員登録をお願いいたします

登録をすると、創刊号(2020年2月1日号)からのバックナンバーをすべてお読みいただけます。

最新号のコンテンツ

連載 連載詩 (2021年11月1日号)

週末のアルペジオ

いらないものを箱につめていく。会いたい……かつてあいしたものに

三角みづ紀

連載 連載小説 (2021年11月1日号)

猛獣ども

悪天候の別荘地に立ちすくむ管理人ふたり。傷ついた過去がよみがえる

連載 エッセイ (2021年11月1日号)

町田康の読み解き山頭火

人間の完成を目指す道を歩む山頭火。その真っ直ぐな道のさみしさとは

連載 イラスト評伝 (2021年11月1日号)

エピソードで知る種田山頭火

松山に結庵した山頭火は、その翌年、望んでいたとおりの最期を遂げる

春陽堂書店編集部

連載 動画 (2021年11月1日号)

待ってました! 黙阿弥歌舞伎への招待

坂東彦三郎の朗読とGIFアニメで楽しむ電脳紙芝居第8弾「鋳掛松」

春陽堂書店Web新小説編集部

連載 エッセイ (2021年11月1日号)

兼好のつれづれ絵草紙

噺家の世界で風呂敷は「ふるしき」。お客様からの差し入れはロシアの…

三遊亭兼好

連載 ウェブ絵巻 (2021年11月1日号)

漱石クロニクル ―絵で読む夏目漱石の生涯―

執筆に追われ忙しくも充実した日々。漱石40歳、朝日新聞社入社を決意

連載 俳句鑑賞 (2021年11月1日号)

楸邨山脈の巨人たち

生粋のコミュニストであり、社会性俳句を代表する古沢太穂の第一回

連載 医学ミステリー (2021年11月1日号)

Dr.よねやまの芸脳生活 芸術家の生き様を医学で考える

海外小説の翻案でヒット連発の尾崎紅葉。連載の重圧が寿命を縮めたか

連載 動画&エッセイ (2021年11月1日号)

假屋崎省吾の絶品紀行~日々を華麗に彩る~

カーリィー流の美の世界が結実した豪華な着物の紹介で眼福の最終回!

假屋崎省吾

連載 紀行エッセイ (2021年11月1日号)

銭湯放浪記

祭りの前日、秩父神社を巡る小さな旅。そこで出会った古い銭湯に感激

連載 動画 (2021年11月1日号)

Dr.よねやまの芸脳生活

ベストセラーの法則~Dr.米山の必見レクチャー18弾

連載 動画 (2021年11月1日号)

町田康のパンク山頭火ラヂオ

徒然なるままに山頭火を語る町田版自由律YouTube。注目の第4回配信

Web新小説会員登録はこちら

登録初月は無料