【注目動画】谷川俊太郎×俵万智3回連続ライブトーク  今すぐチェックする

『 俳句で味わう、日本の暮らし 』

黛まどか

俳句で味わう、日本の暮らし

黛まどか

第十回 正月事始

旧暦の十二月十三日(地域によっては十二月八日)に、正月の諸準備にとりかかること。御事始、正月始、十三日祝とも。現在は新暦で行われている。

煤払、松迎え、餅つき、年木樵、飾作り、御節料理の用意、春着の支度など、新しい年に年神様を迎えるために、年の内から少しずつ準備を始める。十二月十三日は暦注・二十八宿の鬼宿日で、嫁取りのほかは万事に大吉とされていたため、年用意を始めるのにふさわしい日とされた。

正月事始の最初に行うのは煤払、つまり大掃除のこと。起源は平安時代の宮中まで遡るが、江戸時代になると江戸城で十二月十三日に煤払をしていたことから、庶民もそれに倣った。囲炉裏や竈、行灯の使用によって家の中に溜まった一年分の煤を払い、穢れを落して清める神事的な行事でもある。大店では煤払が済むと主人を胴上げして宴を開き、祝儀酒が振舞われたという。この日を〝煤取節供〟と称して、煤払が終わった後に餅や団子、赤飯などを神棚へ供え、家族で食べる地域もあった(〝煤の餅〟〝煤団子〟)。煤湯は煤払の後に入る風呂のこと。

関西では、花柳界や芸能の世界で、事始に師匠や家元へ鏡餅(事始の餅)を持って挨拶に行く風習がある。弟子から師匠へ、分家から本家へ年末の挨拶をする〝歳暮〟の贈答も、この日に始まる地域が多い。

京なれやまして祇園の事始

水野白川

京都祇園甲部では、芸妓や舞妓が一重ねの鏡餅を持って、

ここから先をお読みいただくには
会員登録が必要です。

最新号のコンテンツ

連載 回想記 (2021年4月号)

旅する少年

山口・蓋井島、天皇制反対デモ、新潟。いつしか少年の季節は終わる

連載 連載詩 (2021年4月号)

最少の言葉で詩作する試み

見る歓びとともに今日が始まる。時を凍らせる言葉は一瞬で破片になる

谷川俊太郎

連載 連載詩 (2021年4月号)

週末のアルペジオ

重なり合い流れていく花弁、揺れ続ける家々の灯り。やがて夜が明ける

三角みづ紀

連載 動画 (2021年4月号)

オンライン対談 谷川俊太郎×俵万智

3連続スペシャル動画谷川×俵オンラインで語り尽くす今日から明日

谷川俊太郎×俵万智

連載 エッセイ (2021年4月号)

寺子屋山頭火

山頭火を危機から救い出し、仏門に導くきっかけを作った人物の正体は

連載 イラスト評伝 (2021年4月号)

エピソードで知る種田山頭火

生活のために様々な労働に挑んだ山頭火だが、心身をすり減らすばかり

春陽堂書店編集部

連載 動画 (2021年4月号)

待ってました! 黙阿弥歌舞伎への招待

名セリフを彦三郎の朗読とGIFアニメで楽しむ電脳紙芝居連載開始!

春陽堂書店Web新小説編集部

連載 エッセイ (2021年4月号)

兼好のつれづれ絵草紙

つい口を滑らせる悪い癖。「粗相の使者」よろしく大物師匠を怒らせる

三遊亭兼好

連載 エッセイ (2021年4月号)

俳句で味わう、日本の暮らし

古くは厄除けの節句だった端午。男子の成長を願い幟を上げ粽を食べる

連載 ウェブ絵巻 (2021年4月号)

漱石クロニクル ―絵で読む夏目漱石の生涯―

自由奔放に過ごした学生時代、友人のすすめで文学者になることを決意

連載 俳句鑑賞 (2021年4月号)

楸邨山脈の巨人たち

リズムが心地よい金子兜太第二回。定型が多くなるが作風はより自由に

連載 医学ミステリー (2021年4月号)

Dr.よねやまの芸脳生活 芸術家の生き様を医学で考える

画家、政治家として活躍し、器用がゆえに短命の人生となった黒田清輝

連載 動画&エッセイ (2021年4月号)

假屋崎省吾の絶品紀行~日々を華麗に彩る~

バリエーション豊富でぷっくり可憐!チューリップを求めてオランダへ

假屋崎省吾

連載 妖異譚 (2021年4月号)

鬼ものがたり

老医師の邸に現れた薄衣の女。太腿の腫れを診てくれと妖しい申し出が

連載 紀行エッセイ (2021年4月号)

銭湯放浪記

雪の小樽。寿司店の主人が歴史ある銭湯を紹介してくれ、なんと更に…

連載 動画 (2021年4月号)

Dr.よねやまの芸脳生活

絵の価値と価格~黒田清輝の生き方編Dr.の必見YouTube好評配信中

連載 動画 (2021年4月号)

町田康のパンク山頭火ラヂオ

徒然なるままに山頭火を語る町田版自由律YouTube。注目の第3回配信

Web新小説会員登録はこちら