【登録初月無料】8/31まで新規登録でAmazonギフト券が当たる!  今すぐチェックする

『 俳句で味わう、日本の暮らし 』

黛まどか

俳句で味わう、日本の暮らし

黛まどか

第十回 正月事始

旧暦の十二月十三日(地域によっては十二月八日)に、正月の諸準備にとりかかること。御事始、正月始、十三日祝とも。現在は新暦で行われている。

煤払、松迎え、餅つき、年木樵、飾作り、御節料理の用意、春着の支度など、新しい年に年神様を迎えるために、年の内から少しずつ準備を始める。十二月十三日は暦注・二十八宿の鬼宿日で、嫁取りのほかは万事に大吉とされていたため、年用意を始めるのにふさわしい日とされた。

正月事始の最初に行うのは煤払、つまり大掃除のこと。起源は平安時代の宮中まで遡るが、江戸時代になると江戸城で十二月十三日に煤払をしていたことから、庶民もそれに倣った。囲炉裏や竈、行灯の使用によって家の中に溜まった一年分の煤を払い、穢れを落して清める神事的な行事でもある。大店では煤払が済むと主人を胴上げして宴を開き、祝儀酒が振舞われたという。この日を〝煤取節供〟と称して、煤払が終わった後に餅や団子、赤飯などを神棚へ供え、家族で食べる地域もあった(〝煤の餅〟〝煤団子〟)。煤湯は煤払の後に入る風呂のこと。

関西では、花柳界や芸能の世界で、事始に師匠や家元へ鏡餅(事始の餅)を持って挨拶に行く風習がある。弟子から師匠へ、分家から本家へ年末の挨拶をする〝歳暮〟の贈答も、この日に始まる地域が多い。

京なれやまして祇園の事始

水野白川

京都祇園甲部では、芸妓や舞妓が一重ねの鏡餅を持って、

ここから先をお読みいただくには
会員登録が必要です。

最新号のコンテンツ

連載 書き下ろし連作小説 (2021年6月号)

眼帯の下

本誌初の本格的小説。物語の炎は揺らめき、記憶の本質を解き明かす

連載 対話型インタビュー (2021年6月号)

比呂美の庭

注目の対話型インタビュー連載開始。詩人は如何に〆切を突破するのか

伊藤比呂美

連載 連載詩 (2021年6月号)

最少の言葉で詩作する試み

雨が降っている。紫陽花が生きているように、言葉も私も生きている

谷川俊太郎

連載 連載詩 (2021年6月号)

週末のアルペジオ

くちなしの香りにいざなわれて、よみがえる儚く甘い記憶、音、名前

三角みづ紀

連載 動画 (2021年6月号)

オンライン対談 谷川俊太郎×俵万智

最終回は俵さんへ伝説の「33の質問」登場。絶対見逃せない充実の60分

谷川俊太郎×俵万智

連載 エッセイ (2021年6月号)

寺子屋山頭火

祈りと救いをめぐる葛藤。堂守になったが、依然くすぶる山頭火の惑い

連載 イラスト評伝 (2021年6月号)

エピソードで知る種田山頭火

山頭火の人生の一大転換点となった出家。耕畝と改名し修行に励むが

春陽堂書店編集部

連載 動画 (2021年6月号)

待ってました! 黙阿弥歌舞伎への招待

名セリフを彦三郎の朗読とアニメで楽しむ電脳紙芝居「河内山宗俊」

春陽堂書店Web新小説編集部

連載 エッセイ (2021年6月号)

兼好のつれづれ絵草紙

一念発起して覚えたちあきなおみの「喝采」。しかし、楽屋での評判は…

三遊亭兼好

連載 エッセイ (2021年6月号)

俳句で味わう、日本の暮らし

中国の行事と古来習俗が融合した七夕。数多の俳人が詠んだ名句を鑑賞

連載 ウェブ絵巻 (2021年6月号)

漱石クロニクル ―絵で読む夏目漱石の生涯―

28歳の漱石。子規と過ごした松山・愚陀仏庵で大いに句作に熱中する

連載 俳句鑑賞 (2021年6月号)

楸邨山脈の巨人たち

独特な格式が存在感を示す楸邨山脈の代表・森澄雄を鑑賞する第一回

連載 医学ミステリー (2021年6月号)

Dr.よねやまの芸脳生活 芸術家の生き様を医学で考える

自制的な生き方によって独自の芸術を開花させた日本画家・川合玉堂

連載 動画&エッセイ (2021年6月号)

假屋崎省吾の絶品紀行~日々を華麗に彩る~

アジサイ、ハナショウブ、愛犬との散歩、「雨に唄えば」で爽快に!

假屋崎省吾

連載 紀行エッセイ (2021年6月号)

銭湯放浪記

子どもの頃に通った板橋・遠藤湯。淡い恋と少年時代の思い出が蘇る

連載 動画 (2021年6月号)

Dr.よねやまの芸脳生活

泉鏡花の生き方にみる季節と病気の関係~Dr.米山の必見YouTube好評配信中

連載 動画 (2021年6月号)

町田康のパンク山頭火ラヂオ

徒然なるままに山頭火を語る町田版自由律YouTube。注目の第4回配信

Web新小説会員登録はこちら