登録初月は無料、バックナンバー【作家73人、連載回数465回】も読み放題! 会員登録はこちら  今すぐチェックする

特集とりとめな記

特集編集班

特集とりとめな記

海遥

萩原朔太郎の詩に初めて触れたのは、1970年代の前半だった。高校の現代国語の教科書で詩集『月に吠える』の詩を読んで衝撃を受けた。以来、萩原朔太郎は、日本の近代詩の中でも別格のオーラをはなつ詩人となった。80年代には、大岡信や菅野昭正、北川透、磯田光一といった錚々そうそうたる論客たちによる評論や評伝が相次いで刊行され、朔太郎への関心は、詩壇を超える大きな広がりを見せていた。

ところが、90年代の後半になったころからだろうか。朔太郎への世の注目が次第に薄れているのを肌で感じた。若い人に好きな詩人の名を尋ねると、宮沢賢治や金子みすゞ、谷川俊太郎という答えが返ってきても、朔太郎の名を聞くことは少なくなっていたからだ。

そんな状況にも、ここ6、7年でまた変化の兆しがある。変化の発信源は、清家雪子の漫画『月に吠えらんねえ』である。この漫画を通して、萩原朔太郎や室生犀星、北原白秋、三好達治といった詩人や石川啄木、若山牧水のような歌人たちの存在を知る若者が少しずつ増えている。漫画には、特集で取り上げた種田山頭火を想定したキャラクターまで登場する。

取材でお会いした清家さんは、驚くべき勉強家だった。萩原朔太郎も室生犀星の作品も、全集で読破している。大正から昭和の近代史についても膨大な文献を読んでいる。生半可な知識では、とてもかなわない。こんな才人の手で、詩人たちが、新たな命を得て今に蘇るのなら、文学好きにとっても喜ばしい。

この特集が、時代を超える天才に、新たな光を当てるささやかな光源となれ、と願っている。



ご感想はこちらからお送り下さい】
Web新小説のSNSでアップさせていただく場合もあります。(ハンドルネーム可)

最新号のコンテンツ

特集 お笑い (2023年1月1日号)

明るく気楽に大らかに

中世に誕生した狂言は人を傷つけない笑いが特徴だ。その真髄とは─

特集 お笑い (2023年1月1日号)

虹は雨のあとにかかる

人生を塗り替えた落語との出会い。コロナ禍経て再び「笑顔の源泉」へ

特集 お笑い (2023年1月1日号)

冬ごもりと居眠り

少年時代の冬の暮らしを回想し、居眠りについて語る俳人の随想

連載 時をめぐるエッセー (2023年1月1日号)

SNS(喧騒)から少し離れて

以前住んでいた町の書店を20年ぶりに再訪。浮かび上がる作家の原点

連載 俳句鑑賞 (2023年1月1日号)

楸邨山脈の巨人たち

「寒雷」で最も風土色が濃い作家・齊藤美規の魅力に迫る

連載 俳句エッセイ (2023年1月1日号)

アマネク ハイク

新興俳句の富澤赤黄男。大切な俳人の戦中戦後に思いを馳せる

バックナンバー (2023年1月1日号)

オンライン対談 谷川俊太郎×俵万智 バックナンバーの部屋

言葉の達人二人がオンラインでとことん語り合う奇跡の対談動画155分

谷川俊太郎×俵万智

バックナンバー (2023年1月1日号)

町田康の“山頭火”はここで読める

山頭火の生き方、句の魅力を町田康が読み解く二つのシリーズを読む

バックナンバー (2023年1月1日号)

井上荒野の話題作「猛獣たち」のバックナンバーの部屋

別荘地で熊に殺された男女…。スリリングな展開に心を奪われる話題作

バックナンバー (2023年1月1日号)

歌舞伎役者.坂東彦三郎朗読動画バックナンバーの部屋

坂東彦三郎が朗読。河竹黙阿弥の歌舞伎狂言12選 絵は辻和子

春陽堂書店Web新小説編集部

バックナンバー (2023年1月1日号)

三遊亭兼好の“絵草紙”はここで読める

人気落語家の軽快な語り口が冴えわたるイラストと楽しむ絶品エッセイ

三遊亭兼好

バックナンバー (2023年1月1日号)

大高郁子の漱石の一生

1200点以上の愛らしい絵をスクロールしてふり返る文豪夏目漱石の生涯

バックナンバー (2023年1月1日号)

「芸術家の生き様を医学で考える」米山公啓の部屋

文豪の生き様を知れば今の自分が見えてくる! エッセイと動画で学ぶ

バックナンバー (2023年1月1日号)

岡もみじショートショート漫画バックナンバーの部屋

妄想膨らむ楽しい「しおり物語」の世界へようこそ! 全6回一気読み

春陽堂書店Web新小説編集部