登録初月は無料!バックナンバーも読み放題!会員登録はこちら   今すぐチェックする

『 猛獣ども 』

井上荒野

猛獣ども

井上荒野

小松原慎一

今日は忙しい日になるだろうと思っていたのだが、予想をはるかに超えて忙しくなり、というか予想もしなかったとんでもない日になった。

そういうことが俺の人生にはよく起きるよな、と小松原慎一は思い、あらたなダメージを受けた。管理人をしている別荘地内でふたりの男女が熊に襲われて殺されたことよりも、そのダメージのほうが大きいかもしれなかった。

朝七時前、その事故のことを慎一が知ったのは、悲鳴によってだった。被害者たちのものではなくふたりの死体を最初に目撃した女性が上げた悲鳴で、といっても慎一が直接聞いたのではなく、悲鳴を聞いた住人からの電話を受けたのだ。現場は別荘地の南端の、川に沿った山道で、電話をかけてきたのは、その近くに定住している扇田さんの奥さんだった。さっきからずっとものすごい声が聞こえてるんですけど、どういうことなんでしょう? 扇田夫婦は別荘地の新参者にしてすでに名うてのクレーマーとなっていたから、慎一はいつものように聞き流していた。けれどもそのうち、電話口を通してその悲鳴が聞こえてきたのだった。近くといったって扇田さんの家は川のこちら側のずっと下のほうで、後からわかったことだが現場までは一キロ近くある。どれほどの悲鳴だったかということだ。

慎一が軽トラでその場所に行き着いたとき、悲鳴の主、神戸ごうどさんの奥さんはもう静かになっていた。

登録初月は無料
ここから先をお読みいただくには
会員登録をお願いいたします

登録をすると、創刊号(2020年2月1日号)からのバックナンバーをすべてお読みいただけます。

最新号のコンテンツ

連載 連載詩 (2021年11月1日号)

週末のアルペジオ

いらないものを箱につめていく。会いたい……かつてあいしたものに

三角みづ紀

連載 連載小説 (2021年11月1日号)

猛獣ども

悪天候の別荘地に立ちすくむ管理人ふたり。傷ついた過去がよみがえる

連載 エッセイ (2021年11月1日号)

町田康の読み解き山頭火

人間の完成を目指す道を歩む山頭火。その真っ直ぐな道のさみしさとは

連載 イラスト評伝 (2021年11月1日号)

エピソードで知る種田山頭火

松山に結庵した山頭火は、その翌年、望んでいたとおりの最期を遂げる

春陽堂書店編集部

連載 動画 (2021年11月1日号)

待ってました! 黙阿弥歌舞伎への招待

坂東彦三郎の朗読とGIFアニメで楽しむ電脳紙芝居第8弾「鋳掛松」

春陽堂書店Web新小説編集部

連載 エッセイ (2021年11月1日号)

兼好のつれづれ絵草紙

噺家の世界で風呂敷は「ふるしき」。お客様からの差し入れはロシアの…

三遊亭兼好

連載 ウェブ絵巻 (2021年11月1日号)

漱石クロニクル ―絵で読む夏目漱石の生涯―

執筆に追われ忙しくも充実した日々。漱石40歳、朝日新聞社入社を決意

連載 俳句鑑賞 (2021年11月1日号)

楸邨山脈の巨人たち

生粋のコミュニストであり、社会性俳句を代表する古沢太穂の第一回

連載 医学ミステリー (2021年11月1日号)

Dr.よねやまの芸脳生活 芸術家の生き様を医学で考える

海外小説の翻案でヒット連発の尾崎紅葉。連載の重圧が寿命を縮めたか

連載 動画&エッセイ (2021年11月1日号)

假屋崎省吾の絶品紀行~日々を華麗に彩る~

カーリィー流の美の世界が結実した豪華な着物の紹介で眼福の最終回!

假屋崎省吾

連載 紀行エッセイ (2021年11月1日号)

銭湯放浪記

祭りの前日、秩父神社を巡る小さな旅。そこで出会った古い銭湯に感激

連載 動画 (2021年11月1日号)

Dr.よねやまの芸脳生活

ベストセラーの法則~Dr.米山の必見レクチャー18弾

連載 動画 (2021年11月1日号)

町田康のパンク山頭火ラヂオ

徒然なるままに山頭火を語る町田版自由律YouTube。注目の第4回配信

Web新小説会員登録はこちら

登録初月は無料