岡本行夫「スーパーフィッシュと老ダイバー」希望と感動の最終回  今すぐチェックする

『 文芸放談 オカタケ走る! 』

岡崎武志

文芸放談 オカタケ走る!
第2回ゲスト 作家 奥泉光さん

岡崎武志

奥泉光に聞く 漱石探求の果てしない愉しみ ~その3~

芥川賞作家・奥泉光さんにお聞きする文芸放談もついに最終回。夏目漱石の描く女性像とは? もし漱石が長生きしていたら? 好奇心の赴くままに分け入る漱石の世界。作家とその作中人物がイキイキと動き出す、興味の尽きない対談をご堪能あれ!

撮影:隈部周作 取材協力:つばめさぼう

奥泉光(おくいずみ・ひかる)

作家、近畿大学文芸学部教授。1956年山形県生まれ。1986年『地の鳥天の魚群』でデビュー。1993年『ノヴァーリスの引用』で野間文芸新人賞・瞠目反文学賞、1994年『石の来歴』で芥川賞を受賞。その他、2014年『東京自叙伝』で谷崎潤一郎賞など受賞歴多数。2012年より芥川賞選考委員。主な著作に『神器 軍艦「橿原」殺人事件』『シューマンの指』『雪の階』『桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活』など

『「吾輩は猫である」殺人事件』『夏目漱石、読んじゃえば?』『坊ちゃん忍者幕末見聞録』など、夏目漱石をテーマに据えた作品を数多く発表している。いとうせいこうとの共著『漱石漫談』をはじめとする『文芸漫談』も充実

岡崎武志(おかざき・たけし)

文筆家、書評家。1957年大阪府枚方市生まれ。高校の国語講師、出版社勤務を経て文筆家に。「神保町系ライター」「文庫王」「均一小僧」などの異名でも知られる。『読書の腕前』『女子の古本屋』『上京する文學』『ここが私の東京』『古本道入門』『人生散歩術』など著書多数。近著に『これからはソファーに寝ころんで』『明日咲く言葉の種をまこう』ほか

漱石の入口はこれがおすすめ

漱石の作品の中で、必ずしも『こころ』は出来のいい作品とは言えない。教科書に『こころ』は載せなくてもいいんじゃないかと、僕は思いますね。

奥泉さんは、本来なら何を載せるべきだと思いますか。

『吾輩は猫である』がいいと思いますね。『坊ちゃん』でもいい。

『坊ちゃん』は中学校の教科書に割と採択されていますね。

『草枕』はちょっと言葉が難しい。載るとしてもだいたい冒頭になっちゃうんですよね。『草枕』は芸術論的な思弁が大きな要素になっていて、あそこは思弁の部分。ほかにもっといいところがあると思う。

那美さんが温泉に裸で入ってくるところとか。床屋で荒っぽく頭をごしごしやられるシーンもいい。

あ、いいんじゃないですか(笑)。

でも、あの冒頭を覚えてる人は非常に多いですよね。あまり教養がない人でもね。

「山路を登りながら、こう考えた。智に働けば角が立つ。情に棹差せば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい」。有名ですからね。

いまの現代小説で、冒頭部が暗誦されている、ってちょっと考えにくいです。

そうですね。でも、有名な冒頭のせいで、『草枕』はああいう小説だっていうイメージがついちゃった。理屈っぽい、っていうかね。かならずしもそういう小説じゃないんだけど。

『草枕』はピアニストのグレン・グールドが好きだっていう話ですが。

グールドはね、割と読んでいたって言われてます。もちろん翻訳でですね。

もし英語ができれば、英語の翻訳で読んだ方が、もっとすんなり分かるかもしれない。『源氏物語』をA・ウェイリーの英訳で、正宗白鳥が読んだ話がありますね。

そうかもしれませんね。『草枕』が難しいのはしかし、意図的なものです。意図して難解な言葉を使っている。積極的に漢語を導入したりしている。すんなりとは読めないようになっている。

司馬遼太郎は講演の中で『草枕』について「全編、漱石のちょっと無意味な、装飾的な哲学ふうの小説であり、読んだからためになりますということでもない。遊びの哲学であり、一種の美文であります」と言っている。

ここから先をお読みいただくには
会員登録が必要です。

最新号のコンテンツ

連載 連載詩 (2021年1月号)

最少の言葉で詩作する試み

自然は語らない、ヒトは混沌にいる。最少の言葉で詩人は今を紡ぎ出す

谷川俊太郎

連載 フォト小説 (2021年1月号)

スーパーフィッシュと老ダイバー

ジョージとハンスはそれぞれの新世界へ。希望と願いに満ちた最終回

連載 連載詩 (2021年1月号)

週末のアルペジオ

温もりが胸に落ち、隅々まで染みていく。目覚めた朝へ踏み出すために

三角みづ紀

連載 エッセイ (2021年1月号)

寺子屋山頭火

近親者の死と銭の苦しみ、不安定な精神を抱える山頭火を大震災が襲う

連載 イラスト評伝 (2021年1月号)

エピソードで知る種田山頭火

母親と弟の自殺、実家破産。山頭火を見舞う悲劇の連鎖が句作の源泉に

春陽堂書店編集部

連載 エッセイ (2021年1月号)

俳句で味わう、日本の暮らし

節分は旧暦新年・立春の前日。豆撒で邪鬼を祓う情感豊かな名句を鑑賞

連載 回想記 (2021年1月号)

旅する少年

キャロル、ほんやら洞、わいせつ裁判、思春期とSLラストラン撮影行

連載 医学ミステリー (2021年1月号)

Dr.よねやまの芸脳生活 芸術家の生き様を医学で考える

19歳で医学部を卒業した早熟の天才・森鷗外のエリートならではの苦悩

連載 動画&エッセイ (2021年1月号)

假屋崎省吾の絶品紀行~日々を華麗に彩る~

素材により表情が異なる花器。自由な発想で向き合うのがカーリィ―流

假屋崎省吾

連載 スポーツ随想録 (2021年1月号)

スポーツは文芸をどのように彩ってきたか

国の理想が揺らぐ時代の破天荒小説・ロス『素晴らしいアメリカ野球』

連載 妖異譚 (2021年1月号)

鬼ものがたり

燭台の灯りに浮かんだ小中将君。それは亡くなる直前の美しいまぼろし

連載 アート&エッセイ (2021年1月号)

伝統と破壊の哲学

トンボが水面に卵を産むように、僕は世界に自分の作品を産みつける

連載 新人デビュー小説 (2021年1月号)

愛のレシピ:23歳

たくさんの出会いと別れ、愛が育んだ味。私をつくった23年分のレシピ

連載 動画 (2021年1月号)

Dr.よねやまの芸脳生活

「森鷗外の生き方にみる医学界の学閥」Dr.の必見YouTube好評配信中

連載 動画 (2021年1月号)

町田康のパンク山頭火ラヂオ

徒然なるままに山頭火を語る町田版自由律YouTube。注目の第2回配信

Web新小説会員登録はこちら