キャンペーン情報やWeb新小説の裏話も!公式Twitterはこちら  今すぐチェックする

『 旅する少年 』

黒川創

旅する少年

黒川創

6 学級新聞と紙パンツ

一九七四年、中学一年生の夏休みの終わり、一カ月余りに及んだ北海道への旅から、よれよれになって、私は京都に帰り着く。だが、立ち直りは早かったようだ。

九月に入るかどうか、という時日だったと思うが、新聞紙上で、こんな内容の催しの案内をみつけた。

  九月一四日(土)から一六日(月・祝日)、奈良県天理市のユースホステル山の辺の家で、「日本文学者・中西進氏による『万葉集』をめぐる講演と、山の辺の道の歴史散策」が開かれる。主催は「古都奈良を愛する万葉人の集い」。  

私は、すぐに申し込んだ。参加料は、ユースホステルに二泊三日で滞在する金額に、いくらか加算する程度のものだったはずだ。

なぜ、中学生の私が、こういう催しに興味があったか、いまとなってははっきり思いだすことができない。だが、旅への興味が、おのずと、行く先々の地域史への関心に結びついたことは確かだろう。

第3回(「春とともに終わる」)に述べたことだが、たとえば、南九州に旅したとき、宮崎・美々津の漁港近くをSL撮影のために歩いていると、「日本海軍発祥之地」と記した大きな記念碑が建っている。なんだろうと思い、ゆかりの解説を読んでみると、この地には、太古、神武天皇が「東征」に出発した港である、との伝説がある、というようなことが書いてある。そのことと「海軍」が、いったいどんなふうに結びつくのかよくわからないが、ともかく「記念碑」というのはそういうものらしい。

近くの延岡駅からは、高千穂線という山峡に向かう路線が出ていて、終点は高千穂駅、その一つ手前は天岩戸あまのいわと駅。

ここから先をお読みいただくには
会員登録をお願いいたします

登録をすると、創刊号(2020年2月1日号)からのバックナンバーをすべてお読みいただけます。

最新号のコンテンツ

連載 エッセイ (2021年10月1日号)

町田康の読み解き山頭火

山頭火は「層雲」に参加することで、俳句を通しての求道に邁進した

連載 イラスト評伝 (2021年10月1日号)

エピソードで知る種田山頭火

放浪と孤独、そして苦悩によって、山頭火の句は深く究められていった

春陽堂書店編集部

連載 連載詩 (2021年10月1日号)

週末のアルペジオ

つめたい夜気のなかをあてなく歩く。わたしの分別はすり減っていくが

三角みづ紀

連載 連載小説 (2021年10月1日号)

猛獣ども

撃ち殺されたのは「あの熊」なのか。幸せ夫婦が抱く密やかな闇と妄想

連載 書き下ろし連作小説 (2021年10月1日号)

藤沢周・連作小説館③ 影踏み

子供たちの影踏みが蘇らせた古い記憶。消えたマサシが現れたあの日

連載 動画 (2021年10月1日号)

待ってました! 黙阿弥歌舞伎への招待

坂東彦三郎の朗読とアニメで楽しむ電脳紙芝居第7弾「丸橋忠弥」登場

春陽堂書店Web新小説編集部

連載 エッセイ (2021年10月1日号)

兼好のつれづれ絵草紙

入門して間もない頃、知ったかぶりで大失敗。その癖は今も治らず……

三遊亭兼好

連載 ウェブ絵巻 (2021年10月1日号)

漱石クロニクル ―絵で読む夏目漱石の生涯―

神経衰弱に苦しむ日々、家に一匹の黒猫が迷い込む。漱石36歳の出来事

連載 俳句鑑賞 (2021年10月1日号)

楸邨山脈の巨人たち

病気、貧困に向けた怒り。その背景に愛はあったのか。寺田京子最終回

連載 医学ミステリー (2021年10月1日号)

Dr.よねやまの芸脳生活 芸術家の生き様を医学で考える

十代で作家として活動を開始。短くも濃密な人生を駆け抜けた尾崎紅葉

連載 動画&エッセイ (2021年10月1日号)

假屋崎省吾の絶品紀行~日々を華麗に彩る~

日本の紅葉の美しさは世界一。文化や背景を知り、暮らしの中で楽しむ

假屋崎省吾

連載 紀行エッセイ (2021年10月1日号)

銭湯放浪記

銀座と浅草。江戸や明治の街並みを想像しながら歴史ある銭湯を堪能

連載 動画 (2021年10月1日号)

Dr.よねやまの芸脳生活

「パクることで脳が活性化!~Dr.米山の必見レクチャー」第17回

連載 動画 (2021年10月1日号)

町田康のパンク山頭火ラヂオ

徒然なるままに山頭火を語る町田版自由律YouTube。注目の第4回配信

Web新小説会員登録はこちら