登録初月は無料、バックナンバー【作家69人、連載回数462回】も読み放題! 会員登録はこちら  今すぐチェックする

特集とりとめな記

特集編集班

特集とりとめな記

眠以子

ようやく、さまざまな雑誌やテレビ番組が「旅」を取り上げはじめた。秋の装いに彩られた各地の写真や映像があふれて旅情を誘われるなか、やはり不動の人気観光地として出かけてみたい気持ちを強く搔き立てられるのが「京都」である。

そんな京都、新型コロナウィルス感染症の影響で、令和3年の市内の外国人宿泊客数は令和元年と比べるとなんと98・6%のマイナスだったという(京都市発表)

今年は3年ぶりに祇園祭も行われ、人出が戻っている様子。これから増えていく賑わいのニュースを楽しめる秋になればと願っている。


今回の特集では、京都出身の作家、綿矢りささん、柏井壽さん、黒川創さんに「とっておきの京都」について語っていただいた。

インタビューに応じてくださった綿矢さんは、コロナ禍で人が少なかった街を見て、人の賑わいこそが京都を支えていたのだと寂しさを伝えてくれた。そして、離れたからこそわかる京都の本質や、故郷を舞台にした作品に込めた思いも語ってくださった。

柏井さんは、祖父と京都を巡るうち、「美の脇役たち」の存在に気づき魅かれていったという。清水寺や金閣寺など、よく知られた名所の〝知られざる美〟についてのやさしい語りを読んでいると、目の前に鮮やかな光景がひろがってきて、すぐにでも行って確かめたくなる。

そして黒川さんは、上賀茂神社近くにある「高麗美術館」の創設者である鄭詔文さんとの秘話を明かしてくださった。朝鮮半島の文物を所蔵する美術館設立の経緯や、鄭さんと実際に出会ったエピソードには、故郷を離れていた鄭さんの願いと、いままた38年ぶりに故郷に戻った黒川さんの想いが交錯し、京都の奥深さを伝えている。


この特集を読んでくださった方が京都を旅したら、きっとこれまでとは違った魅力を発見してくださるだろう。

旅の栞は、作家たちの言葉。

どうぞ皆さま、豊かな旅で実りの秋を。



ご感想はこちらからお送り下さい】
Web新小説のSNSでアップさせていただく場合もあります。(ハンドルネーム可)

最新号のコンテンツ

山頭火特集 (2022年12月1日号)

さびしさの自由律 ──山頭火に想う 片岡鶴太郎インタビュー

名俳優として活躍の鶴太郎さん。その心に去来する山頭火への感傷─

片岡鶴太郎

山頭火特集 (2022年12月1日号)

「行乞記」「其中日記」

山頭火は日記に嘘を書かなかった。すべて直球である。そこにあるのは熱と力

山頭火特集 (2022年12月1日号)

山頭火の後ろを歩く

山頭火の句から書き起こされるエッセイと俳句、写真による3つの情景

山頭火特集 (2022年12月1日号)

いつだって、どこででも ──共感の青い山

山頭火の自由律俳句は現代人が抱える苦悩に通底する……

特集 (2022年12月1日号)

特集とりとめな記

特集で編集者が気付いたあれこれ

特集編集班

連載 時をめぐるエッセー (2022年12月1日号)

SNS(喧騒)から少し離れて

様々な料理名の由来の不思議。名づけに見る多様性の本当の価値とは

連載 書き下ろし連作小説 (2022年12月1日号)

藤沢周・連作小説館⑩ 忘れ潟

何もできない、何も考えられない。気づくと故郷の潟の辺に立っていた

連載 俳句鑑賞 (2022年12月1日号)

楸邨山脈の巨人たち

変化を好む俳人・和知喜八最終回。晩年に惹かれていた句材を探る

連載 猫エッセイ (2022年12月1日号)

Q&A今月の猫じゃらし

あなたの猫、「こんなもん、食えるか」って表情しませんか? その本当の意味は??

連載 俳句エッセイ (2022年12月1日号)

アマネク ハイク

クリスマスの贈り物に「鹿2頭」。息子の破天荒な願いを聞く母の思い

編集後記 (2022年12月1日号)

気まぐれ編集後記

徒手空拳? 本来無一物? そこに憧れはあるが、共感はないのだ

春陽堂書店Web新小説編集部

バックナンバー (2022年12月1日号)

オンライン対談 谷川俊太郎×俵万智 バックナンバーの部屋

言葉の達人二人がオンラインでとことん語り合う奇跡の対談動画155分

谷川俊太郎×俵万智

バックナンバー (2022年12月1日号)

町田康の“山頭火”はここで読める

山頭火の生き方、句の魅力を町田康が読み解く二つのシリーズを読む

バックナンバー (2022年12月1日号)

井上荒野の話題作「猛獣たち」のバックナンバーの部屋

別荘地で熊に殺された男女…。スリリングな展開に心を奪われる話題作

バックナンバー (2022年12月1日号)

歌舞伎役者.坂東彦三郎朗読動画バックナンバーの部屋

坂東彦三郎が朗読。河竹黙阿弥の歌舞伎狂言12選 絵は辻和子

春陽堂書店Web新小説編集部

バックナンバー (2022年12月1日号)

三遊亭兼好の“絵草紙”はここで読める

人気落語家の軽快な語り口が冴えわたるイラストと楽しむ絶品エッセイ

三遊亭兼好

バックナンバー (2022年12月1日号)

大高郁子の漱石の一生

1200点以上の愛らしい絵をスクロールしてふり返る文豪夏目漱石の生涯

バックナンバー (2022年12月1日号)

「芸術家の生き様を医学で考える」米山公啓の部屋

文豪の生き様を知れば今の自分が見えてくる! エッセイと動画で学ぶ

バックナンバー (2022年12月1日号)

岡もみじショートショート漫画バックナンバーの部屋

妄想膨らむ楽しい「しおり物語」の世界へようこそ! 全6回一気読み

春陽堂書店Web新小説編集部

登録初月は無料

Web新小説会員登録はこちら