登録初月は無料、バックナンバー【作家73人、連載回数465回】も読み放題! 会員登録はこちら  今すぐチェックする

鬼ものがたり

桑原茂夫

鬼ものがたり

桑原茂夫

第5話

児肝じかん」をもとめた男 編

絵 東學

わたしは、当代きっての武門に生まれた娘です。父は、朝敵とされた関東の猛将・平将門まさかどを討ち取って武名を高めた平貞盛さだもりさまの、一の家来で、揺るぐことのない信頼を得ていました。おかげで、ほかの誰にも話せないような、とんでもない話も、父はずいぶんと聞かされてきて、そのたびに驚くやら呆れるやら、それでもなんとか自分のハラにしまい込んでいたようなのですが、ときどき酒に酔って、わたしに話を聞かせてくれました。

なかには、かんたんに聞き流せるようなものではない、ひどい話もあって……どんな話でもまともに聞いてくださる方という噂を耳にして、こうしてやって参りました。

   ●

貞盛さまが将門討伐の功を立てて、丹波国のかみに任じられて間もない頃の話です。

太腿にあった腫物はれものがにわかに痛みを伴うようになり、強気で鳴る貞盛さまもひそかに都から、名医の名をほしいままにする医師を呼び寄せました。実は将門軍との戦で矢傷やきずを負ったものの、それを恥ずべきこととして、公にせず、隠し通してきたのです。

呼ばれた医師は、腫物をひと目見て険しい表情を浮かべ、あっちに触りこっちに触れてから厳かに告げたそうです。これは矢傷がこじれてできた腫物です。すぐにでも取り除かなければ、お命にもかかわります、と。貞盛さまはそう聞いてもあわてず騒がず、どうすれば治るのか、鋭く聞き返しました。

気圧けおされた医師は、迷うことなく、特効薬として「児肝」なるものを勧めました。児肝というのは、胎児、それも男児の肝臓のことだそうです。そう簡単に入手できるとは思えませんが、医師を滞在先に帰してからすぐ、ご子息の維衡これひらさまを呼び、

登録初月は無料

ここから先をお読みいただくには
会員登録をお願いいたします

登録をすると、創刊号(2020年2月1日号)からのバックナンバーをすべてお読みいただけます。

最新号のコンテンツ

特集 お笑い (2023年1月1日号)

明るく気楽に大らかに

中世に誕生した狂言は人を傷つけない笑いが特徴だ。その真髄とは─

特集 お笑い (2023年1月1日号)

虹は雨のあとにかかる

人生を塗り替えた落語との出会い。コロナ禍経て再び「笑顔の源泉」へ

特集 お笑い (2023年1月1日号)

冬ごもりと居眠り

少年時代の冬の暮らしを回想し、居眠りについて語る俳人の随想

連載 時をめぐるエッセー (2023年1月1日号)

SNS(喧騒)から少し離れて

以前住んでいた町の書店を20年ぶりに再訪。浮かび上がる作家の原点

連載 俳句鑑賞 (2023年1月1日号)

楸邨山脈の巨人たち

「寒雷」で最も風土色が濃い作家・齊藤美規の魅力に迫る

連載 俳句エッセイ (2023年1月1日号)

アマネク ハイク

新興俳句の富澤赤黄男。大切な俳人の戦中戦後に思いを馳せる

バックナンバー (2023年1月1日号)

オンライン対談 谷川俊太郎×俵万智 バックナンバーの部屋

言葉の達人二人がオンラインでとことん語り合う奇跡の対談動画155分

谷川俊太郎×俵万智

バックナンバー (2023年1月1日号)

町田康の“山頭火”はここで読める

山頭火の生き方、句の魅力を町田康が読み解く二つのシリーズを読む

バックナンバー (2023年1月1日号)

井上荒野の話題作「猛獣たち」のバックナンバーの部屋

別荘地で熊に殺された男女…。スリリングな展開に心を奪われる話題作

バックナンバー (2023年1月1日号)

歌舞伎役者.坂東彦三郎朗読動画バックナンバーの部屋

坂東彦三郎が朗読。河竹黙阿弥の歌舞伎狂言12選 絵は辻和子

春陽堂書店Web新小説編集部

バックナンバー (2023年1月1日号)

三遊亭兼好の“絵草紙”はここで読める

人気落語家の軽快な語り口が冴えわたるイラストと楽しむ絶品エッセイ

三遊亭兼好

バックナンバー (2023年1月1日号)

大高郁子の漱石の一生

1200点以上の愛らしい絵をスクロールしてふり返る文豪夏目漱石の生涯

バックナンバー (2023年1月1日号)

「芸術家の生き様を医学で考える」米山公啓の部屋

文豪の生き様を知れば今の自分が見えてくる! エッセイと動画で学ぶ

バックナンバー (2023年1月1日号)

岡もみじショートショート漫画バックナンバーの部屋

妄想膨らむ楽しい「しおり物語」の世界へようこそ! 全6回一気読み

春陽堂書店Web新小説編集部