谷川俊太郎×三角みづ紀スペシャルオンライン対談と朗読公開中!  今すぐチェックする

『 鬼ものがたり 』

桑原茂夫

鬼ものがたり

桑原茂夫

第5話

児肝じかん」をもとめた男 編

絵 東學

わたしは、当代きっての武門に生まれた娘です。父は、朝敵とされた関東の猛将・平将門まさかどを討ち取って武名を高めた平貞盛さだもりさまの、一の家来で、揺るぐことのない信頼を得ていました。おかげで、ほかの誰にも話せないような、とんでもない話も、父はずいぶんと聞かされてきて、そのたびに驚くやら呆れるやら、それでもなんとか自分のハラにしまい込んでいたようなのですが、ときどき酒に酔って、わたしに話を聞かせてくれました。

なかには、かんたんに聞き流せるようなものではない、ひどい話もあって……どんな話でもまともに聞いてくださる方という噂を耳にして、こうしてやって参りました。

   ●

貞盛さまが将門討伐の功を立てて、丹波国のかみに任じられて間もない頃の話です。

太腿にあった腫物はれものがにわかに痛みを伴うようになり、強気で鳴る貞盛さまもひそかに都から、名医の名をほしいままにする医師を呼び寄せました。実は将門軍との戦で矢傷やきずを負ったものの、それを恥ずべきこととして、公にせず、隠し通してきたのです。

呼ばれた医師は、腫物をひと目見て険しい表情を浮かべ、あっちに触りこっちに触れてから厳かに告げたそうです。これは矢傷がこじれてできた腫物です。すぐにでも取り除かなければ、お命にもかかわります、と。貞盛さまはそう聞いてもあわてず騒がず、どうすれば治るのか、鋭く聞き返しました。

気圧けおされた医師は、迷うことなく、特効薬として「児肝」なるものを勧めました。児肝というのは、胎児、それも男児の肝臓のことだそうです。そう簡単に入手できるとは思えませんが、医師を滞在先に帰してからすぐ、ご子息の維衡これひらさまを呼び、

ここから先をお読みいただくには
会員登録が必要です。

最新号のコンテンツ

連載 エッセイ (2020年11月号)

寺子屋山頭火

生涯を通じて山頭火の人格に影響を及ぼした、幼い頃の衝撃的な出来事

連載 動画 (2020年11月号)

オンライン対談「詩人が語る今」

60分スペシャル番組谷川×三角オンライン対談と朗読「詩人が語る今」

谷川俊太郎×三角みづ紀

連載 連載詩 (2020年11月号)

最少の言葉で詩作する試み

言葉の氾濫へのアンチテーゼか。詩人が語りかけるミニマムの言葉

谷川俊太郎

連載 連載詩 (2020年11月号)

週末のアルペジオ

私たちはみな待っている。ひそかに紡がれた変化が、静かに芽吹く日を

三角みづ紀

連載 フォト小説 (2020年11月号)

スーパーフィッシュと老ダイバー

クララにもういちど会いたい。ハンスが叫ぶと海に鮮やかな色が蘇った

連載 エッセイ (2020年11月号)

俳句で味わう、日本の暮らし

煤払、松迎え、餅つき、年木樵。着々と進む正月準備を歌う句を鑑賞

連載 回想記 (2020年11月号)

旅する少年

極寒の大地の洗礼を受けながらも「傷だらけの天使」最終回を見る

連載 医学ミステリー (2020年11月号)

Dr.よねやまの芸脳生活 芸術家の生き様を医学で考える

人間関係が人生を変える。幸運を運ぶ一方、命取りとなった漱石の人脈

連載 スポーツ随想録 (2020年11月号)

スポーツは文芸をどのように彩ってきたか

沢木耕太郎の活躍がスポーツ・ノンフィクションに新たな時代を拓いた

連載 妖異譚 (2020年11月号)

鬼ものがたり

誘われるまま入った庵で交わった女。彼女が一人語る恐ろしい告白……

連載 アート&エッセイ (2020年11月号)

伝統と破壊の哲学

出口さんが黒い紙に描いた赤い雪だるま。すごいぞ! 僕は歓喜した

連載 新人デビュー小説 (2020年11月号)

愛のレシピ:23歳

どん底から救い上げてくれる魔法のスープ、玉子雑炊に込められた想い

連載 動画 (2020年11月号)

Dr.よねやまの芸脳生活

「漱石に学ぶ病気と運」Dr.の必見役立ちレクチャー好評配信中

連載 動画 (2020年11月号)

町田康のパンク山頭火ラヂオ

徒然なるままに山頭火を語る町田版自由律YouTube。必見の第2弾

Web新小説会員登録はこちら