乱歩30巻、安吾6巻が読み放題!新サービス「会員限定閲覧ルーム」開始!  今すぐチェックする

『 俳句で味わう、日本の暮らし 』

黛まどか

俳句で味わう、日本の暮らし

黛まどか

第六回 土用

土用とは、立夏・立秋・立冬・立春前の各十八日間(または十九日間)を指す。中国の五行説では、春を〝木〟、夏を〝火〟、秋を〝金〟、冬を〝水〟と定め、〝土〟はそれぞれの季節の間に設けた。つまり土用は年に四回あるのだが、今では土用と言えば、夏のそれを指す。夏の土用の期間は〝暑中〟とも呼び、最も暑い季節だ。暑中見舞いはこの期間に出す。土用の初日を〝土用入〟というが、土用の入りから三日目を〝土用三郎〟と呼び、この日に晴れれば豊作、雨が降れば凶作として占った。

また、土用の期間は土を司る神(土公神どくじん)が支配するため、土に関係すること(土いじりや基礎工事等)を忌む風習がある。但し、土用の期間中禁忌が続くと生活に支障が出るため、方便として、土公神が土から出ている〝間日〟が各土用に三日間設けられ、この日は赦された。ちなみに夏土用の間日は、卯、辰、申の日。

淡きはは濃き父土用過ぎにけり

長谷川双魚

双魚晩年の作。遠き夏の日の父と母を詠っている。「淡き」とは、優しさであろう。「濃き」とは、頼もしさであろう。自分を柔らかく慈しんでくれた母と、いつも強く頼りがいがあった父。その像は亡き後も変わることなく作者のなかに結ばれているのだ。「淡き」「濃き」という形容詞に象徴させた母親像と父親像は、作者固有のものであり、且つ普遍的なものでもある。

ここから先をお読みいただくには
会員登録が必要です。

最新号のコンテンツ

連載 エッセイ (2020年9月号)

寺子屋山頭火

山頭火を行乞流転に導いたのは、一所に安住できないという宿痾だった

連載 連載詩 (2020年9月号)

最少の言葉で詩作する試み

詩人は言葉にどんな瞬間を吹き込むのか? 待望の新シリーズスタート

谷川俊太郎

連載 連載詩 (2020年9月号)

週末のアルペジオ

耳をそばだて、心を澄ます。不穏な日々と向き合う、きみからの福音

三角みづ紀

連載 フォト小説 (2020年9月号)

スーパーフィッシュと老ダイバー

再起を決意したジョージにハンスはスピードを上げる方法を伝授する

連載 エッセイ (2020年9月号)

俳句で味わう、日本の暮らし

十日十夜、浄土宗では不断の念仏を唱える。満ちていく月と心を味わう

連載 回想記 (2020年9月号)

旅する少年

時刻表と周遊券を頼りに旅する中学生。ついに北海道に足を踏み入れる

連載 医学ミステリー (2020年9月号)

Dr.よねやまの芸脳生活 芸術家の生き様を医学で考える

スペイン風邪のもう一人の犠牲者・松井須磨子の世界を駆け抜けた人生

連載 スポーツ随想録 (2020年9月号)

スポーツは文芸をどのように彩ってきたか

スポーツ選手の純愛とスポーツ自体のエロス。二作品が辿る数奇な評価

連載 妖異譚 (2020年9月号)

鬼ものがたり

腫物に効くという男児の肝臓を求める、鬼も驚き呆れる恐ろしい男の話

連載 アート&エッセイ (2020年9月号)

伝統と破壊の哲学

ザリガニトリポイントはオンドリャ沼。ヒーローになるべく向かったが

連載 新人デビュー小説 (2020年9月号)

愛のレシピ:23歳

16年ぶりに会う父との噛み合わない会話。悪魔的な焼肉の味に思うこと

連載 英国レポート (2020年9月号)

アーツ&クラフツ、娘の仕事 メイ・モリスという才能

晩年に寄り添う一人の女性とは? 熱情と共にあったメイの生涯最終回

連載 動画 (2020年9月号)

玉木正之のWeeklyスポーツ萬歳

スポーツの魅力を超絶説法で解説。お見逃しなくご存知玉木先生動画

連載 動画 (2020年9月号)

Dr.よねやまの芸脳生活

「脳科学から考える漱石流文章の書き方」Dr.の必見レクチャー好評配信中

連載 動画 (2020年9月号)

町田康のパンク山頭火ラヂオ

放浪の俳人・種田山頭火について語るスペシャルプログラム

Web新小説会員登録はこちら