ココでしか読めないコンテンツが盛りだくさん! Web新小説会員募集中!  今すぐチェックする

『 俳句で味わう、日本の暮らし 』

黛まどか

俳句で味わう、日本の暮らし

黛まどか

第六回 土用

土用とは、立夏・立秋・立冬・立春前の各十八日間(または十九日間)を指す。中国の五行説では、春を〝木〟、夏を〝火〟、秋を〝金〟、冬を〝水〟と定め、〝土〟はそれぞれの季節の間に設けた。つまり土用は年に四回あるのだが、今では土用と言えば、夏のそれを指す。夏の土用の期間は〝暑中〟とも呼び、最も暑い季節だ。暑中見舞いはこの期間に出す。土用の初日を〝土用入〟というが、土用の入りから三日目を〝土用三郎〟と呼び、この日に晴れれば豊作、雨が降れば凶作として占った。

また、土用の期間は土を司る神(土公神どくじん)が支配するため、土に関係すること(土いじりや基礎工事等)を忌む風習がある。但し、土用の期間中禁忌が続くと生活に支障が出るため、方便として、土公神が土から出ている〝間日〟が各土用に三日間設けられ、この日は赦された。ちなみに夏土用の間日は、卯、辰、申の日。

淡きはは濃き父土用過ぎにけり

長谷川双魚

双魚晩年の作。遠き夏の日の父と母を詠っている。「淡き」とは、優しさであろう。「濃き」とは、頼もしさであろう。自分を柔らかく慈しんでくれた母と、いつも強く頼りがいがあった父。その像は亡き後も変わることなく作者のなかに結ばれているのだ。「淡き」「濃き」という形容詞に象徴させた母親像と父親像は、作者固有のものであり、且つ普遍的なものでもある。

ここから先をお読みいただくには
会員登録が必要です。

最新号のコンテンツ

連載 医学ミステリー (2020年7月号)

Dr.よねやまの芸脳生活 芸術家の生き様を医学で考える

病と闘う文豪の足跡に切り込む異色医学ミステリー、新連載開始!

連載 連載詩 (2020年7月号)

週末のアルペジオ

困難に流される日常に手を差し伸べる。詩人が紡ぐ、寄り添う言葉たち

三角みづ紀

連載 エッセイ (2020年7月号)

寺子屋山頭火

上京した山頭火は敢えて過酷な労働に身を投じ、句のために苦を求める

連載 フォト小説 (2020年7月号)

スーパーフィッシュと老ダイバー

ジョージが知らなかった「悲しみ」の感情を老ダイバーが語り聞かせる

連載 エッセイ (2020年7月号)

俳句で味わう、日本の暮らし

暑さを乗り切る知恵と工夫、土用を詠んだ情緒あふれる八句を鑑賞する

連載 回想記 (2020年7月号)

旅する少年

東京、山陰、九州。駆り立てられるように旅に出る12歳の記憶と記録

連載 スポーツ随想録 (2020年7月号)

スポーツは文芸をどのように彩ってきたか

運動好きの子規と運動嫌いの漱石。対照的な向き合い方が文芸を彩る

連載 妖異譚 (2020年7月号)

鬼ものがたり

夜道に現れた謎の女。吸い寄せられるように案内を引き受けたが……

連載 アート&エッセイ (2020年7月号)

伝統と破壊の哲学

野球部の部員だけがはく憧れのジャージ。でも僕が選んだジャージは?

連載 対談 (2020年7月号)

文芸放談 オカタケ走る!

奥泉光さんによる放談も最終回。漱石がもし長生きだったら何をした?

連載 新人デビュー小説 (2020年7月号)

愛のレシピ:23歳

私のままでいい、太陽にならなくても。今も鮮やかな友と先生の思い出

連載 英国レポート (2020年7月号)

アーツ&クラフツ、娘の仕事 メイ・モリスという才能

服飾や政治風刺の戯曲に関心を持ちパフォーマーとして舞台に立つメイ

連載 動画 (2020年7月号)

玉木正之のWeeklyスポーツ萬歳

スポーツの魅力を超絶説法で解説。ご存知タマキ先生絶好調動画連載中

連載 動画 (2020年7月号)

Dr.よねやまの芸脳生活

「スペイン風邪の悲劇、私たちはなぜ忘れた?」ドクターの必見講座

Web新小説会員登録はこちら