2021年6月1日 (火)

藤沢周さん書き下ろし小説と伊藤比呂美さん対話型インタビュー、2大コンテンツ連載開始! 2021年6月号のコンテンツを配信しました

本日2021年6月1日(火)、『Web新小説』では6月号のコンテンツを配信しました。

「眼帯の下」は、気鋭の作家・藤沢周さんが『Web新小説』に初めて寄稿した書き下ろし短編小説。著者と思われる主人公が、コロナ禍に故郷の新潟を訪ねる私小説風の作品です。藤沢さんは今後隔月の予定で、短編小説を連作で掲載する「連作小説館」が始まりますので、本当にわくわくする展開です。どうぞ、藤沢さんの小説世界を存分にお楽しみください。

また、『Web新小説』創刊号参加メンバーである伊藤比呂美さんの活力の源を、当社編集者との対話の中から探っていく、対話型インタビュー「比呂美の庭」もスタート。1回目はなんと「〆切突破力」。日々の執筆、大学での授業、植物のお世話に、同居している犬や猫とのコミュニケーション。大忙しの伊藤さんとの対話でそのパワーの秘訣を探ります。

4月から始まった2つの動画も好評配信中。谷川俊太郎さんと俵万智さんのZoom対談「『もっと聞きたい!?』詩人と歌人の今日から明日」の3回目・最終回は谷川さんから俵さんへの「33の質問」が登場します。谷川さんの代表作である「33の質問」に俵さんがどう対峙するのか、必見の60分です。また、『待ってました! 黙阿弥歌舞伎へ招待』3回目の番組は人気狂言「河内山宗俊」。今回も歌舞伎役者・坂東彦三郎さんの朗読とGIFアニメでお楽しみください。

三角みづ紀さん、町田康さん、三遊亭兼好さん、黛まどかさん、大高郁子さん、北大路翼さん、米山公啓さん、假屋崎省吾さん、大和久勝さん、強力執筆陣の連載は今号も絶好調! 『Web新小説』ならではの動画コンテンツと併せて、じっくりとお楽しみください。

▶最新号のコンテンツはこちら

Web新小説会員登録はこちら