2020年12月1日 (火)

黒川創さんの新刊『もどろき・イカロスの森 ふたつの旅の話』発売のお知らせ

『Web新小説』で回想記「旅する少年」を好評連載中の黒川創さん。新刊『もどろき・イカロスの森 ふたつの旅の話』を12月、弊社春陽堂書店から刊行致しました。ただいま、春陽堂書店ECストア限定で、サイン本も販売中です。ぜひ、お買い求めください。

■本書について
この世界は、いったい、どこまで続いているのか。
私は、その輪郭を、確かめてみたかっただけなのだ。

親子三代の人生と記憶、 土地の歴史が重ねられる京都を舞台とした「もどろき」、 十代の旅の思い出と、 北サハリンで出会った人々との交流と描く「イカロスの森」。芥川賞候補にもなったふたつの「旅」をめぐる作品と、初の書籍掲載となる小説「犬の耳」、書き下ろしの解説を所収。

■池澤夏樹氏推薦文
血族、旅先の出会い、淡い恋、人と人は言葉を交わし、運命の舞台でゆっくりと舞う。背景には京都やサハリンの地名が星座のように刻印されている。季節は移り、生きることが大らかに肯定される。たとえ私たちが「いかなる歓喜の中にあっても無限に悲しい」としても。この二篇の小説を読み終わるとどこか遠くへ行きたくなる。結局のところ世界は美しい、と思えてくる。

■書籍概要
タイトル:『もどろき・イカロスの森 ふたつの旅の話』
体裁:四六判・上製
価格:2500円+税

▶春陽堂書店ECストアはこちら

▶「旅する少年」最新号はこちら

Web新小説会員登録はこちら