ココでしか読めないコンテンツが盛りだくさん! Web新小説会員募集中!  今すぐチェックする

  • ホーム
  • イベント
  • 【延期】岡崎武志さんと行く 春爛漫の早稲田界隈~漱石&春樹散歩

2020年4月11日 (土)

【延期】岡崎武志さんと行く 春爛漫の早稲田界隈~漱石&春樹散歩

このイベントは新型コロナウイルス感染症拡大のリスクを低減する観点から、やむなく延期することといたしました。チケットを購入されたお客様には深くお詫び申し上げます。

延期について詳細はこちら

■日時: 2020年4月11日(土)
■時間: 13:30スタート/12:30受付開始(16:00ごろ文京区胸突坂周辺で解散予定)
■集合場所: 新宿区立漱石山房記念館(新宿区早稲田南町7)
■参加チケット:
会員  3300円
一般  4400円
※税込み。漱石山房記念館観覧料を含む
■募集人員:
25名程度
■内容:

大人気の書評家岡崎武志さんと一緒に、早稲田界隈を巡る文学散歩にでかけませんか? テーマは明治時代の文芸雑誌『新小説』で活躍した夏目漱石と、早稲田にゆかりの村上春樹。講師ならではのわかりやすい文学解説が聞けること請け合い。『Web新小説』の会員になると、お得な会員価格で参加できます。

まずは集合場所の漱石山房記念館講座室で、岡崎氏によるミニレクチャーを受講(約30分)。記念館をスタートし夏目坂へ。「夏目漱石生誕之地」碑などを見学。早稲田大学構内で演劇博物館を見学してもよし、「古書ソオダ水」で古本を買うもよし。途中休憩を挟みながら神田川へ。駒塚橋を渡り、胸突坂を上がり、村上春樹が住んだ「和敬塾」を目指します。 イベントのスタートは13:30ですが12:30から受付ができるので、時間に余裕がある方は漱石山房記念館の展示をゆっくり見学をしてからイベントに参加できます。コースは変更になる場合もあります。

必須ではありませんが、漱石『硝子戸の中』、村上春樹『ノルウェイの森』を読んでおくとより一層街歩きが楽しめます。さらに講師である岡崎武志さんの『上京する文學(ちくま文庫)』で予習をしておくとベストです。

■講師:岡崎武志さん
プロフィール:文筆家、書評家。1957年大阪府枚方市生まれ。高校の国語講師、出版社勤務を経て文筆家に。「神保町系ライター」「文庫王」「均一台小僧」などの異名でも知られる。『読書の腕前』『女子の古本屋』『上京する文學』『ここが私の東京』『古本道入門』『人生散歩術』など著書多数。近著に『これからはソファーに寝ころんで』

会員は特別価格で参加可能

『Web新小説』では作家と交流できる会員優待のイベントを多数企画し、発信していきます。作家を交えたトークイベント、サイン会はもちろんのこと、作家と楽しむ文学ウオーク、食事付き朗読会、ツアーなど、多岐にわたる企画を用意。イベントに参加し、作家とダイレクトに交流することで生まれる、新しい文芸体験を提案していきます。

イベントチケットはPeatix、春陽堂書店オンラインストアで随時販売。会員はお得な会員特別価格で参加が可能です。ぜひ、『Web新小説』ならではのユニークな読書体験をお楽しみください。

Web新小説会員登録はこちら